輪島塗飾り棚

幾重にも重なる波は、「おめでたいこと・良いことが重なりますように」との願いが込められている文様です。

その波間を、「千年の時を生きる」とたとえられる鶴が羽ばたいています。
長寿の象徴の美しい鶴が、重なる波をこえ願いをたずさえ、飛び来る先は、我が家です。

沈金は線だけでなく、点彫りを施すことにより、この飛翔沈金には和らいだ陽の光さえ感じられます。

柔らかそうな鶴の羽根は、立体感があり大変美しく仕上がっています。

古来、大陸では鶴は千年生きるとされ、瑞鳥(ずいちょう)として尊ばれてきました。

それは、仙人に由来し、日本では七福神の一人に数えられる福禄寿(ふくろくじゅ・福と禄:財と寿:長寿を授ける神)は、つねに鶴を従えています。

日本でも、万年生きるといわれる亀と共に長寿の象徴として喜ばれています。

立ち姿・飛び交う姿ともに美しい、純白の羽毛を持つ鶴は、瑞祥の鳥として現在でも好んで用いられ続ける、吉祥模様です。

飛翔沈金は、鶴の美しい飛び交う姿を表現した吉祥模様です。鶴が、海を舞うとみれば波が、空を舞うとみれば雲が、頭上を舞うとみれば風がみてとれる図は、ロマンをかきたてます。

沈金とは、輪島ならではの加飾の技で、のみで漆の塗面を彫り込み、金銀の箔や粉を埋める技法です。
この沈金は、漆の塗厚が十分でなければ深彫りできず生かされません。
漆の肌に刃先で彫り込んだ繊細な線画で、自在な加飾ができる沈金は、しっかりした下地にささえられた厚みのある上塗りの、輪島ならではの技法です。

輪島塗飾り棚
棚の形は、蓬莱型。
洋にも和にも似合います。また、置く場所も座敷だけでなく、玄関や廊下の踊り場にもしっくりきます。

美しく繊細な沈金の技が、漆黒に映え、重厚で落ち着いた輝きを楽しませてくれます。
輪島塗飾棚

輪島塗 飾り棚 飛翔沈金  2,808,000円(税込)

寸法 W650 D340 H930 mm

 

輪島の家具の自慢は、見えない部分も輪島塗であることです。
棚の裏側も、天板の裏側も、引出の内側や底も、そして床にふれる棚の底面も、すべて輪島塗。
ですから、どこから見ても輪島塗。
畳や絨毯にも、指にも花器にもやさしいのです。

沈金は、日展特選作家・角康二(すみやすじ)作。
見事に陰影を表現するのみさばきは、秀逸。

作家紹介はこちら

そろいの座卓もございます。

 

輪島漆器大雅堂のショッピングサイトは、こちらです。
http://www.wajimanuri.net/SHOP/111.html

お問い合わせはお気軽に、こちらからどうぞ