長くお使いいただいているお宅の輪島塗座卓(テーブル)は、元気ですか?

また、長くお使いいただいていない(しまったままの)輪島塗座卓(テーブル)は、元気ですか?

輪島塗座卓テーブル両側乾漆雀蒔絵

輪島塗座卓テーブル両側乾漆雀蒔絵

輪島塗は、優美な上塗り・蒔絵・沈金が施されていますが、実はその中身に自信があります。

選び抜かれた木地を用いて、独特の下地技法(布着本堅地:ぬのきせほんかたじ)で堅牢に作り上げられている輪島塗。

昔ながらの工程を踏襲し、輪島の地で守り伝えられてきたこの輪島塗の工程は、国の重要無形文化財に指定されています。

輪島塗は末永くご愛用頂ける漆器だということは、お蔭様で沢山の方々に知られていますが、

ずっと使い続けながら末代まで新品のまま、という訳ではありません。

 

例えて言えば、車のように・人間のように、車検や定期検診・時には人間ドッグをしながら、

悪い所があれば、直しながら、

メンテナンスをしながら、末永くお使い頂ける漆器なのです。

天然漆を使用していますので、一番上の層の漆が劣化するということが、必ず出てきます。

長くご愛用いただくうちに、直射日光や、室内の電気、空調のかげん、

また、使い方(お酒・熱いもの・堅いものには負けてしまいます)により、影響をうけるからです。

こんな風に、キズがついたり、シミが出来たりしていませんか?

このままでは、大切なお客様がいらっしゃった時に、使えないですよね。残念です。

輪島塗の座卓が、こんな風になったら修理に出してください。

輪島塗の座卓が、こんな風になったら修理に出してください。

そんな時は、化学雑巾や何か薬品のようなものは使わないで(余計に悪くなる可能性があります)、ぜひ輪島へご相談下さい。

修理の内容やご予算に応じて、ご相談させて頂きます。

輪島塗の座卓は、輪島へ修理に出してください。

輪島塗の座卓は、輪島へ修理に出してください。

 

修理の後は、見違えるように美しく蘇り、また末永くご愛用頂けるようになります。

きっと誰かに見せたくなりますよw

輪島塗・乾漆の座卓。何十年も使ううちに、シミができていませんか?

輪島塗・乾漆の座卓。何十年も使ううちに、シミができていませんか?

修理は、いつも定期的にしなければいけない、ということではありません。

何か機会がある時、例えば、結婚式や新築や、昇進、御祝いなど、人生の節目に合わせて座卓を美しく修理する、という方法を

おすすめ致します。美しくなると、気持ちが晴れ晴れとしますから。

反対に、日常生活の中で輪島塗の座卓をお使いいただく時には、

「傷をつけてはいけない」と、こわごわ取り扱ったり、使わなかったりすることなく、

「修理すれば、なおる。美しくなるんだから大丈夫!」くらいに考えて頂いて、存分にお使いくださいね。

座卓修理に関するお問い合わせはお気軽に、こちらからどうぞ

輪島漆器大雅堂株式会社では、輪島塗・座卓の修理を承ることは、輪島塗の産地としての輪島の、塗師屋の責任だと考えています。
昔、行商方式で全国へ輪島塗を販売していた頃、輪島塗の修理は、一年に一度お伺いするお得意様に対するアフターケア(これは、代金は頂きますが、商売でなくサービスのような位置づけ)でした。
現在は、塗師屋も数が減り、また販売方法も様々となり、「修理したいけれど、どこへ頼めばいいのかわからない」という
お客様が増えています。
ご安心ください。
輪島塗であれば、輪島のどこの塗師屋でも修理できます。輪島が輪島塗の産地としてある限り、輪島塗の座卓の修理を致します。
輪島の塗師屋の責任です。ですから、安心してお使い下さい。

修理のご相談方法は、次の通りです。

まず、状態をお知らせください。修理代金の概算御見積と、納期をご案内いたします。

メールやお電話で、以下についてお知らせください。

1.座卓の大きさ(たて・よこ・高さは何cmですか)また、座卓の足は、外すことができますか?

2.色

3.模様の有無(無地の場合は、がさがさしていますか?ぴかっと光っていますか?)

4.模様の種類(模様は蒔絵ですか?沈金ですか?)
指で触って、盛り上がっているのが蒔絵、くぼんだ溝になっているのが沈金です。
全体に模様がついているか、部分的についているか、によっても、修理方法が変わることがあります。

5.修理個所の状態(直したい部分を教えてください)

〇布巾で拭くと、布巾に茶色く色がつく→表面の漆が劣化しています

〇キズがついている。欠けた部分がある。

〇しみやカビがある。  など。

できれば、簡単でいいので、写真をメールしていただければ、より具体的な御見積が出来ます。

この時点での御見積は、実際に座卓を拝見した時に、変わる場合がございます。

(写真ではわからなかった修理個所があったり、専門家が見て見積時と別の修理方法の方が有効だと判明した、などの場合があります)

いずれにしても、修理方法や御見積のご相談を十分にした上で、ご納得頂けましたら修理に取り掛かります。

もし、ご希望に添えない場合は、修理せずに送り返すことも可能です。

 

◎座卓の修理代金の金額について

座卓を修理するには、大体いくら位かかるのかと、お問い合わせを多数頂戴いたします。

大体のめやすを、2種類ご案内いたします。

下の価格は、修理代金に梱包資材・送料など、すべて込みの金額です。

(天板が150×90cmの座卓の場合の、天板のみ修理の時の御見積です)

※艶あげなおし→103,000円(税別)

表面的に汚れやしみ・浅いキズのある場合は、表面の汚れを取って、漆を薄く塗り、艶上げの工程を施すことで美しくなります。
無地はもちろん、蒔絵や沈金の模様がある場合も、艶あげなおしの修理ができます。

※上塗り塗り直し→123,000円(税別)天板と側面の塗り直しの代金の金額です

無地の座卓の場合は、上塗りをやり直すことで、美しくなります。
表面の劣化した上塗り部分をきれいに研ぎ落とし、上塗りの工程をやり直し、その後、艶を上げることで美しくなります。
(蒔絵や沈金の座卓で、痛みがひどい場合は、この上塗り塗り直しをして、蒔絵なら描きなおす、沈金なら彫りなおすということも出来ます。
この場合は、別途蒔絵代金・沈金代金の御見積を致します。まったく別の模様にリフォームすることも可能です)

その他、ご希望でしたら、
座卓・天板の裏面の上塗り塗り直しは、29,000円(税別)を、
足(4本)の上塗り塗り直しは20,000円(税別)を 加算していただくという計算になります。
(滅多にありませんが、裏面や足だけ修理ご希望の場合は、梱包送料をこれに加算してください)

もし、座卓に、かけた部分や割れた部分がある場合は、部分修理をしてから上の方法で修理しますので、
部分修理の分の代金が加算になります。(これは実物を拝見してからの御見積になります)

◎座卓の天板が150×90cm以上の、大きな座卓の場合は、ご相談ください。
運送屋さんの配送が可能か、問い合わせる必要がございますので、ご相談ください。

◎北海道・沖縄・離島地域の方は、送料が少し加算になります。
場所により送料が変わります。ご住所をお伺いして、運送屋さんに問い合わせますので、ご相談ください。

 

つぎに、座卓を輪島の弊社あて、お送りください。

ここで、楽々簡単に発送できる方法があります。

座卓は、大きくて重さもあります。

また、座卓の入るような大きな箱や梱包資材も、普通のご家庭には無いですよね。

そこで、輪島漆器大雅堂では、メール・写真等での御見積のあと、修理希望の座卓の大きさに合わせた専用箱を、お客様のご自宅あて、お送りいたします。

専用箱は、段ボール製で蓋を開けると中に、発泡スチロールの緩衝剤と、天板のキズ防止のための布カバー・ひも、が入っています。

大丈夫です。

輪島漆器大雅堂では、いつもこの専用箱を使って、日本全国へ輪島塗座卓を発送しておりますので、

強度は十分です。どうぞご安心下さい。

その箱に座卓をすっぽり入れて、ひもをかけ、運んできた運送屋さんに預けていただければ、完了です。

箱に入れて梱包する方法は、下に動画でもご紹介していますので、ご覧下さい。

 

◎座卓修理申し込み手続きの方法

まず、前受金として3万円のご入金をお願い申し上げます。

この3万円は、修理をされる場合には、修理代金に含みますので、決定修理金額から差し引き、残金を申し受けます。

(修理をされない場合は、座卓をそのままご返送致しますので、この3万円を梱包資材・送料・手数料にあてさせて頂き、返金は致しません。)

手続き完了後に、輪島漆器大雅堂から座卓用の箱をお送りいたします。

届きましたら、下の方法で、座卓を梱包してお送りください。お待ちしています。

座卓修理の受付(3万円の買い物カゴ)は、こちらのページにございます。

輪島塗座卓の修理承ります。簡単に送る方法あります。

輪島塗座卓の修理承ります。簡単に送る方法あります。

◎座卓を専用箱に入れる方法

座卓を入れて頂く際には、大人が二人いれば、簡単に作業できます。

専用箱の大きさは、5尺用(天板:W150cm D90cm)4尺用(天板:W120cm D90cm)3尺用(天板:W90cm D90cm)の3種類があります。

それ以外の寸法の場合は、事前にご相談下さい。

座卓の足は、修理が必要でしたら、同封してください(足の修理が不要で、足が外れる場合は、足は送らずにお客様で保管してください)

(足が外れない場合は、それぞれの寸法で、厚みが厚い専用箱をお送りしますので、足がついたままま箱に入れてください)

 

専用箱が届きましたら、座敷机のある場所か、玄関に近い場所にて、ひもをほどき、蓋をあけてください。

※注意:箱に入れて梱包すると、座卓だけの時よりも重く大きくなります。
(足がついた状態で、天板が150×90cmの座卓を箱に入れての重さをはかってみたら、32Kgで、箱の外寸法:W161 D102 厚み42cmでした)
この大きさの箱に入れた後で運ぶ時は、座卓のある部屋から、玄関までの通路は通れますか? 角を曲がれますか?
修理希望の座卓のある場所で梱包してから運ぶか、座敷から座卓を持ってきて、玄関に近い場所で梱包するか、どちらが便利で都合がいいか、考えて作業されると良いです)

箱が届いてから梱包するまでの方法を、動画でご紹介しています。
使っている箱は、座卓の大きさが、150×90×高さ33cm位用の足付のまま入れる箱です。

〇ひもは、全部はずしてしまわないで、ゆるめておくだけするのが、簡単に結ぶコツです。

ひもの結び目をほどいたら、その下の輪になっている部分をぐっとひっぱってゆるめて、箱の外側におろしておいてください。
座卓を入れたら、蓋をして、ゆるめたひもを元のように箱にかけ、端と端をぐっとひっぱれば、しっかり締まります。あとは結んで完了です。

座卓を入れる時は、段ボール箱と座卓の間に、必ず発泡スチロールの壁が出来るように、発泡スチロールを整えて入れてください。
部品はすべて揃っていますので、まず発泡スチロールの壁を整えてから座卓を入れてください。

また、座卓には、天板の保護の為に、付属の布カバーを掛けてから、箱に入れてください。
この布カバーは、修理が終わって返送するときにも、天板に掛けて納品致します(サービスです)ので、
座卓をお使いにならない時には、保護の為にこの布カバーをかけておいて頂くのもいいですね。

座卓修理に関するお問い合わせはお気軽に、こちらからどうぞ

 

輪島に届いたら

梱包してお送りいただいた座卓が輪島へ届きましたら、御見積通りで間違いないか、

他に修理の必要な個所はないか、など、点検し、もし見積と違うようでしたら、お客様にご説明・ご相談致します。

見積通りでしたら、修理に取り掛かります。

 

◎修理に取り掛かる前に、修理代金のお振込をお願いします。(先の3万円を差し引いた金額です)

ご説明の上、相談がまとまり、修理金額が確定しましたら、座卓の修理代金をお振込下さい。
(誠に勝手ながら、前払いにてお願い申し上げます。)

インターネットでのお取引ですので、お客様も、ご心配な点もおありかと思います。

ですので、お振込の方法は、

1.全額一括でお振込

2.まず半額をお振込頂き、修理が仕上がりましたら残りの半額をお振込頂き、確認後に座卓を発送致します

の、いずれかご希望の方法で、お願い致します。

〇振込先は、下の通りです。宜しくお願い致します。

■■銀行振込

のと共栄信用金庫 輪島支店  普通 0082920
口座名義 輪島漆器大雅堂(株)  ワジマシツキタイガドウ(カ

■■郵便局振込

記号 13100  番号 14369571
口座名義 輪島漆器大雅堂(株)  ワジマシツキタイガドウ(カ

輪島漆器大雅堂株式会社の特定商取引法に基づく表記はこちらです

 

修理が完了しましたら、ご連絡して発送させて頂きます。

お手元に届きましたら、また末永くご愛用下さいませ。

座卓修理に関するお問い合わせはお気軽に、こちらからどうぞ

 

〇座卓のガラスにつきまして

座卓の天板の保護用に、ガラスをのせて使用するのは、どうだろう?と、ご質問を頂くことがあります。

輪島漆器大雅堂では、ガラスはおすすめ致しません。漆の質感に使うたびに触れるのも輪島塗をご愛用頂く楽しみの一つと考えています。

また、ガラスと座卓の隙間に、異物が入ったり、液体が入ったりして、かえって傷ついたり傷んだりすることもまれにあります。

基本的に、輪島塗は修理ができますので、思う存分お使いいただき、修理に出して頂きながら、末永くご愛用頂きたい漆器ですので、

キズが付かないように使う、という方法はおすすめしていないのです。

ですが、ガラスをご希望のお客様には、ご用意いたします。ガラスは、座卓のサイズ・形に合わせて御誂え致します。

通常の5尺用で2万円(税込)です、座卓をお送りする際に一緒に梱包して発送致します。
(ガラスだけの発送はできません。お近くの資材屋さん・建具屋さんでも御誂えが出来ると思います。問い合わせてみて下さいね)

ガラスをのせてご使用の際には、座卓とガラスの間に、薄いフエルトを厚み2ミリくらいにして、小さく切り、
所々に挟んで(角々と中央・長い辺の真ん中くらいに配置)、ぴったりくっつくことが無いようにして使ってください。
(長らくガラスをのせたままですと、状態によりまれに座卓とガラスがくっついて取れなくなることがあります。)

座卓修理の受付(3万円の買い物カゴ)は、こちらのページにございます。

輪島塗座卓の修理承ります。簡単に送る方法あります。

輪島塗座卓の修理承ります。簡単に送る方法あります。

ご愛用頂いている輪島塗の座卓を、美しく修理するだけでなく、ダイニングテーブルにリフォームすることも出来ます。
詳しくは、こちらでご紹介しています。

座卓修理に関するお問い合わせはお気軽に、こちらからどうぞ