輪島塗屠蘇器

gangu3-22.jpg

玩具蒔絵の屠蘇器をご紹介します。

玩具蒔絵は、可愛い玩具の数々を、色漆で蒔絵したお正月に欠かせない屠蘇器。

玩具は、お子様の健やかな成長を願うのはもとより、子孫繁栄の願いを込めて。

愛らしい玩具は、見る人の心をなごませ、笑顔をさそいます。

輪島塗屠蘇器・玩具蒔絵は、形もいいでしょう。

屠蘇器の台は、四隅に工夫して「角がない」形にしています。
普通の真四角より、表情が豊かになりました。
輪島塗は、面の数が多ければ、それだけ手間がかかります。
美しさには秘密があるのです。

屠蘇器は、家族や友人、お年始にいらしたお客様に、
新年のご挨拶のあと屠蘇を一献、おすすめするために必要な物が
一つになっています。

屠蘇器は、お正月にお屠蘇を頂いて邪気払いをしたら、
いったん洗って、きれいにします。

そのあと、小正月まで床の間に飾って、正月の雰囲気を味わって下さい。

そして、ゆっくりしまいます、次のお正月まで。

輪島塗屠蘇器

玩具蒔絵の屠蘇器の盃台は、丸型。丸は、「まーるく納める」に通じる縁起のいい形

盃にも、一つ一つ別々の玩具蒔絵が施してあります。
お屠蘇をそそげば、ゆらゆらゆれて、愛らしい蒔絵です。

お屠蘇(おとそ)とは

屠蘇は、もともとは薬だったそうです。

山椒・大黄・白じゅつ・桔梗・細辛・乾姜・防風などを三角の紅の帛衣に入れて、
酒やみりんに浸したもの。

唐の時代に医師が流行風邪のための薬として作ったものがおいしくて評判になり定着した、
と言われます。

屠蘇(とそ)とは、「邪気を屠絶し、人魂を蘇生させる」ということで、

一年中の邪気を祓い延命長寿を願うために飲む酒です。

美しい蒔絵が、いっそう晴れやかな迎春の時を演出し、
新しい一年の門出を幸多かれと祈念します。

輪島塗屠蘇器

玩具蒔絵の屠蘇器の銚子のつまみは、金色。黄金色をつまみあげる、金運上昇の祈願。
形は、遊び心いっぱい。アラジンの魔法のランプ、をイメージしています。

輪島塗屠蘇器

この輪島塗屠蘇器・玩具蒔絵の揃いの重箱・雑煮椀もございます。
愛らしい、色とりどりの遊び道具が、お正月をいっそう華やかで和やかな雰囲気に。

取り扱いは簡単です
屠蘇器も重箱も、雑煮椀も、ぬるま湯で洗ってください。
油汚れは、台所用洗剤を使います。この時は柔らかいスポンジで。
つけおきも大丈夫。輪島塗は、工程のところどころで水を使い研いでいます。
しっかり仕上がっているからこそ、水は平気なのです。

万一の損傷も、輪島塗なら大丈夫。

輪島塗の製作の工程をさかのぼって修理すれば、きれいになおります。

ただ、食器洗い乾燥機はご使用にならないで下さい。

輪島塗は天然素材から作られています。乾燥・高温は苦手なのです。

屠蘇器 玩具蒔絵 450,000円(税別)   幅38.7 奥行26.8 高20.5 cm