輪島塗飾り棚・乾漆に波千鳥蒔絵

飾り棚に乾漆仕上げを施した、

傷がつきにくく使いやすい、より気軽にお使いいただける飾り棚です。

乾漆は少しざらざらした感じの手触りで、

鏡面のような美しい艶の輪島塗とは一味違って

落ち着いた風合いですが、蒔絵を加味して

華やかさも併せ持つ飾り棚になっています。

輪島塗決算大特価セール特別価格商品
輪島塗飾り棚・乾漆に波千鳥蒔絵
乾漆(かんしつ)とは乾漆とは、漆を乾かして粉にし、満遍なく蒔いて漆をかけ、 研ぎ出す技法のことです。

塗面は、少しざらざらした感じに仕上がり、 輪島塗の、鏡面のような呂色仕上げとはひと味違った、 落ち着いた漆の風合いを感じさせます。

輪島塗の家具は、傷がつくのが怖くて使えない、 高価な家具ですから、なおさらそう思ってしまいますね。 この飾り棚の特徴は、飾り棚の全体を乾漆仕上げにしたことです。

乾漆にすることで、気軽に使いやすい飾り棚になりました。
輪島塗飾り棚・乾漆に波千鳥蒔絵
乾漆に蒔絵を描くときには、一度全体を乾漆仕上げにして、 蒔絵を描きたい部分だけを研いで平面にし、描きます。

ざらざらした感じの乾漆と、美しい蒔絵の光沢が、 不思議な感じがする珍しい飾り棚です。
輪島塗飾り棚・乾漆に波千鳥蒔絵
輪島の家具は、全工程完全手作り家具です。

職人の技が随所にきらりと光ります。 飾り棚の部品の一つ一つを丁寧に製作する。

その工程は多岐にわたり、輪島の沢山の職人達の手を通り、 美しくくみ上げられて、飾り棚に仕上げられています。

この飾り棚・乾漆波千鳥蒔絵は、洋風のお宅にも似合うように サイドボード型になっています。

細い柱がなく、広い板を組み立てたしっかりした作りになっています。

広い板は四角くくりぬいた飾り窓をとって、 黒塗りになっています。
輪島塗飾り棚・乾漆に波千鳥蒔絵
飾り棚に描かれた幾重にも重なる波蒔絵は、「おめでたいこと・良いことが重なりますように」との 願いが込められている吉祥文様です。
輪島塗飾り棚・乾漆に波千鳥蒔絵
乾漆のざらざらした漆の風合いを感じさせる質感と、 蒔絵部分の艶やかな光沢が調和した、使いやすく美しい飾り棚です。

輪島の家具の自慢は、見えない部分も輪島塗であることです。

飾り棚の裏側も、引き出しの内側ももちろん裏側も、そして床にふれる底面も、 見えない背面も、すべて輪島塗。 ですから、どこから見ても輪島塗。

畳や絨毯にも、指にも優しいのです。

しかし、どんなに気をつけていても、 長い年月ご愛用いただくうち、使い傷はどうしてもついてしまいます。

使いなじんできただけに、修理して使い続けたいものです。

そんな時は、お気軽に修理のご相談を。

傷に応じて、御見積のうえ修理致します。

布着本堅地の輪島塗は、丈夫な下地に塗り重ねた本物の輪島塗だからこそ、 痛みの度合いに応じて、工程をさかのぼって修理ができます。
輪島塗飾り棚・乾漆に波千鳥蒔絵
扉を両側に開くと、中は黒塗りです。 どこを見ても、輪島塗です。 向かって左の中板は、取り外しができます。 収納するものに合わせて調節してください。
輪島塗飾り棚・乾漆に波千鳥蒔絵
輪島塗の飾り棚は、特別な取り扱い方法はありません

漆の性質上・直射日光を避ける、ぐらいでしょうか。 普段のお手入れは、柔らかい布で拭くか、 堅くしぼった布巾やタオルで拭いて下さい。
輪島塗飾り棚・乾漆に波千鳥蒔絵
細い柱がなく、広い板を組み立てたしっかりした作りになっています。

広い板は四角くくりぬいた飾り窓をとって、 黒塗りになっています。 同じ黒でも、乾漆の黒と黒塗りとでは、 雰囲気がずいぶん違います。
輪島塗飾り棚・乾漆に波千鳥蒔絵

この飾り棚の大きさは、幅105 奥行き39 高さ87cmです。

(比較してください、写真の弊社社長の身長は171cmです)
輪島塗飾り棚・乾漆に波千鳥蒔絵
輪島塗 飾り棚・乾漆波千鳥蒔絵

幅105 奥行き39 高さ87cm   価格 4,320,000円(税込)

 

ぜひ、現物を、輪島の大雅堂展示場へ見に来てください。

写真では色艶・質感そして大きさ・蒔絵の豪華さ美しさ、漆のぬくもり・手触りなど、 沢山の良い所をうまくお伝えしきれず、とても残念です。

お問い合わせはお気軽に、こちらからどうぞ
大雅堂展示場
大雅堂展示場
◎大雅堂展示場について「どうぞ、お気軽にご予約ください!」

実は、「要予約」は、敷居が高いわけではないんです。

輪島漆器大雅堂は、輪島市街地より少し離れた立地条件から、 また防犯上、通常公開いたしておりません。

ですので、真夏の今頃も、常時冷房を入れないでいます。 (輪島も連日30度を超える、暑い夏を迎えています)
大雅堂展示場
どうぞぜひ、ご予約(電話0768-22-0184)ください。

涼しく冷房を効かせて、鍵を開けてお迎えしたいのです。寒い冬には、暖かくしてお迎えいたします。

土・日・祝日は、どうぞ平日のうちに、ご予約くださいませ。 メールでもお電話でも、ご予約を承ります。 よろしくお願い申し上げます。
tenji12.jpg
ゆっくり快適に沢山の輪島塗をご覧頂き、お選び頂けますよう 準備してお待ちいたします。 どうぞよろしくお願い申し上げます。

どうぞご来場くださいませ。 心よりお待ち申し上げております。