お正月に。屠蘇器・扇面源氏香蒔絵

華やかな蒔絵は、お正月にふさわしい扇面模様です。

扇面(扇)は、日本で作られた日本特有のもので、末が広がる形から 「末広」 ともいい、発展や拡大を意味する縁起のよいもの、とされ、古来より愛され続ける吉祥模様です。

お正月に。屠蘇器・扇面源氏香蒔絵

輪島塗屠蘇器 金縁・扇面源氏香蒔絵

輪島塗屠蘇器 金縁・扇面源氏香蒔絵

御目出度い扇に、金だけでなく色漆をふんだんに使用したあでやかな蒔絵。

 

「源氏香(げんじこう)蒔絵」とは

平安朝の雅な香の漂う王朝絵巻 「源氏物語」 の名にちなんだ「源氏香」は、
香道の多くある中でも最も有名なものです。

屠蘇器・源氏香蒔絵は、源氏五十四帖の様々な場面を象徴する図を、
縁起のいい扇の柄として、すべて絵替りで描いた、雅な趣向の屠蘇器です。

色漆に金の、華やかな 色研ぎ出し蒔絵

扇の模様は、色研ぎ出し蒔絵という蒔絵の技法で描かれています。

光の当たり具合、見る角度により、椿は、赤や緑に見えたり、金色に見えたりします。

色研ぎ出し蒔絵とは、金・銀だけでなく、色鮮やかな色漆を用いた蒔絵の技法です。

 

色研ぎ出し蒔絵とは

まず、模様を漆で描いて粗い金粉を蒔き、金粉の固着の為に(通常は半透明の漆を塗りますが)代わりに色漆を塗ります。

硬化した後、先に蒔いた金を研ぎ出します。

金の上部を半分ほど研ぎ出すと、色漆の間から金が見えるようになります。

研ぎ出し蒔絵は、見る角度によって、色漆が多く見えたり、金が多く見えたりして、大変表情が豊かな蒔絵です。

高度な技術が生み出す、贅沢な楽しみですね。

※金の上部を半分研ぎ出す→これは金の色味が一番美しく見える分量で、ミクロの世界の話です。どうやってはかるかというと、職人さんの経験と勘でのみ、はかられます。

古典的な柄ですが、これまでも愛され続けてきた代表的な吉祥模様である扇面は、
あきがこず、末永くご愛用いただける蒔絵です。

修理やメンテナンスをしながら代々受け継ぐ輪島塗

末永くご愛用頂きたい輪島塗は、高価です。

しかし、その製法から、キズや割れ・欠けなどの不慮の事態でも

輪島の産地で修理すれば、また末永くお使い頂けます。

使い傷や、天然漆だからこその色褪せ・やけなども、

目立つようになりましたら、何かの機会(冠婚葬祭などや法事、新築など)に、輪島へ塗り直しに出してください。(修理は内容に合わせて別途御見積致します、お気軽にご相談下さい)。

新品のように美しく蘇って、また何年も何年も、気持ちよく末永くご愛用いただけます。

輪島塗は、修理やメンテナンスを繰り返しながら、存分にお使い頂きたい、また末永くご愛用頂きたい漆器です。

 

金縁も、蒔絵師の仕事です。

金縁は、蒔絵師が、ひと筆一筆丁寧に漆で線を描き、金を蒔き、研いで仕上げています。

簡単そうに見えますが、屠蘇台の縁のような長い線は、まっすぐに、そしてはみ出さないように描くのが、難しい所です。

機械ではなく、人の手で描いています。

定規などは使いません。職人技です。

格調が高く、より美しい、金縁の屠蘇器は、蒔絵師の技が活きています。

取扱いは 簡単です。

大変美しく高価な輪島塗ですが、取り扱いに特別な方法は必要ありません。

洗う時は、普段お使いの普通にお台所用洗剤(中性洗剤)を使用し、柔らかいスポンジで洗ってください。

よく、「洗った後に、熱いお湯にくぐらせて」といわれるのは、水きれを良くするためです。この場合のお湯は、熱湯ではなく、茶碗を洗う時のお湯の温度で可。必ずしなくてはいけないことではありませんので、そんなに気にしなくても可。

あとは、柔らかい布巾やタオルで拭いてください。

仕舞う時は、漆器同志が当たらないように、蓋との間や一段づつの間に布や紙などをあてておかれると、よいでしょう。

紫や緑など、色鮮やかな蒔絵が美しい屠蘇器。

屠蘇とは

屠蘇(とそ)とは、「邪気を屠絶し、人魂を蘇生させる」ということで、

一年中の邪気を祓い延命長寿を願うために飲む酒です

輪島塗の屠蘇器は、屠蘇を頂くために必要なものが揃ったセットです。

美しい蒔絵が、いっそう晴れやかな迎春の時を演出し、

新しい一年の門出を幸多かれと祈念します。

輪島塗屠蘇器 金縁・扇面源氏香蒔絵

輪島塗屠蘇器 金縁・扇面源氏香蒔絵

屠蘇器 金縁・扇面源氏香蒔絵 1,296,000円(税込)

寸法:幅41 奥行27.4 高さ28.5 cm 桐箱入り

扇は10種類の蒔絵

屠蘇器・扇面源氏香蒔絵は、源氏五十四帖の様々な場面を象徴する図を、
縁起のいい扇の柄として、すべて絵替りで10扇描きました。

お正月に。屠蘇器・扇面源氏香蒔絵

お屠蘇(おとそ)とは?

屠蘇は、もともとは薬だったそうです。

山椒・大黄・白じゅつ・桔梗・細辛・乾姜・防風などを三角の紅の帛衣に入れて、
酒やみりんに浸したもの。

唐の時代に医師が流行風邪のための薬として作ったものがおいしくて評判になり定着した、
と言われます。

 

お正月に。屠蘇器・扇面源氏香蒔絵

正月飾りとして床の間に飾る屠蘇器

屠蘇器は、お正月にお屠蘇を頂いて邪気払いをしたら、
いったん洗って、きれいにします。

そのあと、小正月まで床の間に飾って、正月の雰囲気を味わって下さい。

そして、ゆっくりしまいます、次のお正月まで。

お正月に。屠蘇器・扇面源氏香蒔絵

輪島塗は、乾燥が苦手なんです

次のお正月まで使わない屠蘇器は、しっかり汚れを落として、
ついでに磨きながら、艶や蒔絵を楽しんで、

そして、あまり乾燥しない場所(部屋の低い所)にしまってください。

お正月に。屠蘇器・扇面源氏香蒔絵

《お酒と輪島塗》

輪島塗の塗膜は、堅くて丈夫、化学的にも安定しています。

しかし、やはり自然に近いものですので、苦手なものもあります。

その一つがお酒。

お酒のためのうつわ(銚子やさかずき、ぐいのみ等)は、お酒を入れた後、そのままにして放っておくと、色が変わってしまうおそれがあります。

どうか、その日のうちに洗ってくださいね。

そうすれば大丈夫、安心して長く美しくお使い下さい。

お正月に。屠蘇器・扇面源氏香蒔絵

屠蘇器 金縁・扇面源氏香蒔絵 1,296,000円(税込)

寸法:幅41 奥行27.3 高29 cm 桐箱入り

ショッピングサイトはこちら

 

お問い合わせはお気軽に、こちらからどうぞ

 

輪島塗の工程は、国指定無形文化財です

輪島塗は、約23工程・124以上の手数を経て作り出される、
堅牢さと優美さを兼ね備えた、約600年の歴史を持つ日本の誇る伝統工芸です。

また、輪島塗特有独自の布着せ本型地の工程は、国指定無形文化財に認定されています。

600年の歴史は、脈々と今日に受け継がれ、数多くの職人達の腕に宿っています。

輪島塗の職人技

輪島塗の職人技

「輪島塗を支える職人の技と心意気」はこちら
輪島塗は、多くの工程ごとに専門の職人が腕を振るい作り上げられています。
輪島漆器大雅堂の輪島塗製作は、沢山の職人とその心意気に支えられています。

漆器みがき布、あります。
柔らかく拭きやすい、洗って何度でもお使い頂ける漆器専用布です。
大切な輪島塗のお手入れに、毎日のお掃除に、大変重宝です。

 

扇面源氏香蒔絵の三段重箱は、こちらで紹介しています。