輪島塗 飾り皿漆額 赤富士沈金

輪島塗 飾り皿漆額 赤富士沈金

富士山は、その美しい景観から古来より日本人にこよなく愛され続けてきた、日本の象徴ともいえる山です。

その富士山は、季節や時間によって様々に姿を変えていきます。
なかでも赤富士は、夕焼けに染まる素晴らしい景色で、気象条件や時間、場所等、様々な条件が重なってはじめてみられる、貴重な姿です。

人々は、昔からこの美しい赤富士に惹かれ憧れ続け、絵画や写真等の題材に用いられてきました。
赤富士を飾ると、幸福が訪れるともいわれています。

開運・招福の願いを、いつも目に付く所に飾れるように、赤富士沈金の飾り皿漆額を製作しました。

この飾り皿漆額・赤富士沈金は、雲海に顔を出す、見事な赤富士が彫られています。

漆黒に映える赤富士は、漆芸ならではの美しい文様です。

艶やかな輪島塗に彫られた赤富士沈金

艶やかな輪島塗に彫られた赤富士沈金

飾皿の形は、扇型

扇面(扇)は、日本で作られた日本特有のもので、末が広がる形から「末広」ともいい、発展や拡大を意味するえんぎのよいもの、とされている、古来より愛され続ける吉祥模様です。

お好きな場所に飾って下さい

お好きな場所に飾って下さい

飾り皿の寸法は、幅18.8 高さ10 cm です。

 

沈金(ちんきん)とは、のみで漆の塗面を彫り込み、金銀の箔や粉を埋める技法です。

この沈金は、漆の塗厚が十分でなければ深彫りできず生かされません

漆の肌に刃先で彫り込んだ繊細な線画で、自在な加飾ができる沈金は、しっかりした下地にささえられた厚みのある上塗りの、輪島ならではの加飾の技です。

沈金は、長い月日をかけ輪島塗として完成した器物の塗面にのみをあて、彫りを入れる作業ですので、失敗するわけにはいきません。一発勝負の作業です。

培われた確かな技があればこそ、また各工程の職人への信頼があればこそ、思い切ったのみさばきが可能になります。

壁に掛けて飾ることも出来ます。

壁に掛けて飾ることも出来ます。

飾り皿は、贈り物にも人気があります

何枚あっても、気分次第で取り替えて飾って楽しむことが出来ますので、大変喜ばれております。
新築やご栄転、叙勲、記念品など、おめでたい場面では、特に喜ばれます。

海外のお客様への贈り物にも、よくお使い頂き、喜んで頂いております。

額の寸法:縦20.5 横27.8 奥行5.1cm

額の寸法:縦20.5 横27.8 奥行5.1cm

紙箱入りです

紙箱入りです

◎額の軽さは820グラムです。

持ち運びも、季節ごとの入れ替えも、お掃除の際も、簡単・楽々です。

輪島塗 飾り皿漆額 赤富士沈金

輪島塗 飾り皿漆額 赤富士沈金

飾皿漆額 赤富士沈金 54,000円(税込)

寸法:横27.8 縦20.5 厚み5.1cm 紙箱入り

ショッピングサイトはこちら

この商品についての御問合せは以下のフォームをご利用ください

在庫状況・納期など、ご不明な点は何なりとお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

このメールフォームには送信確認画面がありません。このまま送信しますか?
はい、送信します。

フォーム送信後に自動返信メールが送られますのでご確認ください。

 

沈金は大角博明。略歴はこちらでご紹介しています。

 

※海外の方への贈り物の場合は、英語のガイドブックをお付けします。
輪島漆器商工業協同組合から出されたもので、輪島塗について詳しく説明されています。
お気軽にお申し付けください。

英語のガイドブックがございます

英語のガイドブックがございます

 

「輪島塗を支える職人の技と心意気」はこちら
輪島塗は、多くの工程ごとに専門の職人が腕を振るい作り上げられています。
輪島漆器大雅堂の輪島塗製作は、沢山の職人とその心意気に支えられています。

贈答品・記念品・御祝い・手土産などに、輪島塗の飾皿を。