輪島塗 大型飾り棚 山水蒔絵

輪島塗 大型飾り棚 山水蒔絵

幅111×高さ116×奥行39.7cm

研ぎ出し蒔絵を背景に、平蒔絵・高蒔絵・青貝など沢山の

蒔絵の技法を駆使して描かれた山水蒔絵の豪華な飾り棚です。

遠い山並みは研ぎ出し蒔絵

遠い山並みは研ぎ出し蒔絵

遠い山並みは研ぎ出し蒔絵

遠い山並みは研ぎ出し蒔絵

上の引き戸の蒔絵は、研ぎ出し蒔絵。
金を蒔いたり、山を描いたりしたあと、漆を塗りこんで、研いで模様を出します。
棚の塗面と同じく、平らに仕上がっています。

小さく見える木々のみ、上から描いていますので、触ると木々だけ盛り上がっていることがわかります。

ケン戸には、大きな松蒔絵

ケン戸には、大きな松蒔絵

背面の遠い風景は、研ぎ出し蒔絵。大きな松と手前の岩は、モリモリとした高蒔絵です。

開き戸の豪華な蒔絵

開き戸の豪華な蒔絵

下の引出には、水の流れが描かれている

下の引出には、水の流れが描かれている

引出

引出

松の幹には、青貝を埋め込んで

松の幹には、青貝を埋め込んで

細部まで丁寧な蒔絵

細部まで丁寧な蒔絵

IMG_7111_R IMG_7112_R

IMG_7114_R IMG_7115_R

 

滝が見えます

滝が見えます

研ぎ出し蒔絵で、遠くの風景を表現し、上から平蒔絵・高蒔絵で近景を描いて

遠近感や立体感を表現しています。

IMG_7118_R

岩は、金に切金を貼っています。

IMG_7120_R

引出の中ももちろん輪島塗

引出の中ももちろん輪島塗

IMG_7121_R

梨子地(なしじ)の技法は、金を蒔いて漆を塗り、研ぎ出す技法です。

金の細かな箔が、あっちを向いたりこっちを向いたりしているので、きらきら輝きます。

果物の梨の表面に似た雰囲気であることから、梨子地といわれます。

IMG_7122_R

IMG_7123_R

IMG_7125_R

大きな飾棚ですが、細部にまで細かく手の込んだ蒔絵が描かれています。

IMG_7124_R

飾棚 山水蒔絵

飾棚 山水蒔絵

この飾棚・山水沈金につきまして、ご不明な点がございましたら
どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

ショッピングサイトはこちら