輪島塗 屏風

輪島塗の屏風・月彩蒔絵は、サイズが幅85.5(2枚)×高さ171.8×厚3.5cmの、大きな屏風です。

漆の漆黒を夜に見立て、銀板や青貝・卵殻などの色美しい様々な素材を
ふんだんに使って描いた、大変豪華な屏風です。

多岐にわたる蒔絵の技法がそこここに施された、存在感のある屏風です。

 

IMG_7177_R
和にも洋の空間にも似合う、モダンで華やかな大屏風です。

輪島塗の屏風は、存在感があり、屏風を置く場所のイメージを一新するような効果があります。

IMG_7178_R

この月彩蒔絵は、従来の輪島塗の蒔絵の、山水や花鳥風月と違い、まるで絵画のようなモダンな蒔絵ですので、

和室はもちろん、洋室・洋の空間にも似合います。広いロビーにもぴったり。

輪島塗 屏風

IMG_7173_R

季節やイベントごとに、雰囲気を変えたい場合に、輪島塗の屏風は大変役に立ちます。

また、目隠しの効果も十分に期待できる大きさですので、間仕切りにも便利です。

IMG_7179_R

IMG_7174_R

輪島塗の屏風(びょうぶ)は、「高級家具」のイメージがあります。
確かに高級で、価格も高級です。

しかし、輪島塗の屏風は、「一生もの」ひいては「末代まで」もお使い頂けるように、修理・修繕の体制がしっかり整っています。

IMG_7180_R

イメージチェンジもリメイクも出来ます。
末長く使い続けられる屏風(びょうぶ)なのです。

IMG_7176_R

輪島の塗師屋は、売りっぱなしではありません
いつでも、何なりとご相談くださいね。

トータルコストで、長い目でみて考えて頂ければ、輪島塗の家具・屏風は、「お買い得」とも言える、素晴らしい伝統工芸品です。

IMG_7175_R

輪島の家具の自慢は、見えない部分も輪島塗であることです。

裏側も、すべて輪島塗。ですから、どこから見ても輪島塗。
畳や絨毯にも、指にもやさしいのです

IMG_7182_R

どこにもない、最高級家具をお探しのお客様は、ぜひ一度ご覧下さい。

輪島塗 家具

輪島の家具は、全工程完全手作り家具です。職人の技が随所にきらりと光ります。

IMG_7183_R

輪島塗 屏風

輪島塗は、約600年の歴史を持つ、JAPANとも呼ばれる漆器の最高峰です。
その工程は、23工程・124以上の手数を経て作り出され、堅牢さと優美さを兼ね備えた日本の誇る伝統工芸です。
600年の歴史は、脈々と今日に受け継がれ、数多くの職人達の腕に宿っています。

輪島塗 屏風 月彩蒔絵(W85.5×2:全開のとき H171.8 厚3.5 cm) 9,180,000円

お問い合わせはお気軽に、こちらからどうぞ

蒔絵は、組橋貞風。現物1点限りです。

この屏風・月彩の図蒔絵につきまして、ご不明な点がございましたら
どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。

商品一覧ページの下部にも、御問合せフォームがございます。(一覧ページに戻る)