ダイニングテーブル
ダイニングテーブル
輪島塗の家具にもダイニングテーブルが有ります。

輪島塗と言えば、和風の座敷にしか似合わないとお思いではありませんか?

このダイニングテーブルは、和の雰囲気を残しつつ、洋の空間にも似合うように製作した、輪島塗のダイニングテーブルです。

足の形が、菊の花をかたどった、菊足型になっています。

この座卓は、弊社・社長が考案し製作した、今「イチ押し」の座卓・ダイニングテーブルです。

「なぜ?」「どこが?」

毎日使うダイニングテーブルの天板に、傷がつきにくく目立ちにくい工夫があります。
「布目乾漆」です

乾漆(かんしつ)とは
乾漆とは、漆を乾かして粉にし、満遍なく蒔いて漆をかけ、研ぎ出す技法のことです。
塗面は、少しざらざらした感じに仕上がり、輪島塗の鏡面のような呂色仕上げとはひと味違った、落ち着いた漆の風合いを感じさせます。

キズが付きにくく、目立ちにくい乾漆は、座卓・テーブルとしては大変使いやすいものです。

この乾漆という、従来の輪島塗の技法に、素朴な温かみを感じさせる「布目」を加えました。

輪島塗には、痛みやすいところに布を漆で貼って、補強するという工程があります。
その補強のための布は、輪島塗の表面に響かないように貼られ、隠れていました。

布目乾漆とは、隠れていた布目を主役にし、表面に布目を残して、乾漆仕上げにしたもので、大雅堂オリジナルの使いやすい天板が、できました。

角が丸い小判型ですので、角にも座ることが出来ます。
四角い座卓は、お客様が多くなっても角に座って頂くわけにはいきませんよね。
この小判型座卓・ダイニングテーブルなら、角がないのでつめて、どんどん座って頂くことが出来ます。

お孫さんが沢山遊びに来ても、大丈夫ですね。

四角い座卓は、和室の定番という思いが定着していますが、小判型にすることにより、大変使う範囲が広がりました。

輪島塗の座卓を座敷に置いて、お客様の時だけしか使わないのは、もったいない。

日常、居る時間の多い部屋に座卓を置いてこそ、輪島塗の耐久性・美しさを充分感じて頂けるはず、と考えます。
そのために、乾漆にしています。

布目の風合いを残すことにより、温かさや素朴さをも感じて頂ける座卓です。

輪島塗りの座卓の自慢は、見えない部分も輪島塗であることです。
足の裏側も、天板の裏側も、すべて輪島塗。ですから、どこから見ても輪島塗。
輪島の家具は、全工程完全手作り家具です。職人の技が随所にきらりと光ります。

人にも、畳にも、食器にも環境にもやさしいのです。お手入れも簡単です。

輪島塗の座卓は、なおして使い続けることが出来ます。
数多い工程をさかのぼっての修理が可能だからです。
輪島塗・座卓の修理につきましても、万全の体制でいつでも承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。

漆器はいいですね。環境にも人にも優しい、そしてあたたかい。
漆(うるし)をもっと身近に感じて欲しい。輪島漆器大雅堂(株)の願いです。

【商品データ】
定価 1,458,000円
寸法 W1800 D1000 H680 mm
素材 天然木 布着本堅地輪島塗