漆額 牡丹に孔雀
漆額 牡丹に孔雀
輪島塗半額セール

彫漆(ちょうしつ)とは

彫漆(ちょうしつ)とは、素地に様々な色の漆を幾重にも層にして塗り、

彫りの深さによって、さまざまな色合いを出して、

模様を作り上げていく、手間にかかる技法です。

漆額 牡丹に孔雀

彫漆は、輪島ならではの加飾の技・沈金とは

異なる技が必要なために、

現在、輪島ではそれを伝える作家はほとんどいない、のが現状です。

この漆額の作者・川端光峰先生も、残念ながら他界され、

新たに製作できません。

漆額 牡丹に孔雀

彫漆は、基本的に重ねて塗る漆の各層を、同じ厚みで塗ります。

そこで、意図的に多く出したい色の部分は、斜めに彫る、

少なめに色を出したい場合は、垂直に彫りあげるなどして、

巧みに題材を表現していきます。

漆額 牡丹に孔雀

近くでよく見ると、実にさまざまな彫り方が施してあるこの漆額・牡丹に孔雀は

重厚で優雅な素晴らしい作品に仕上がっています。

牡丹は花の王・富貴の象徴と言われ、

孔雀は祥瑞・高貴・権勢の象徴と言われる美しい鳥です。

漆額 牡丹に孔雀彫漆 83×69×厚7cm  2,700,000円(税込)

漆額は、暮らしに彩りを添える、貴方のための風景です。

落ち着いた漆の色合いや底艶は、素朴で温かい雰囲気を醸し出します。

漆額は、簡単に取り外しができ、季節や行事・気分に合わせて着替えることができる窓でもあります。

何枚あっても良い漆額は、模様に思いを込めて、贈り物にも喜ばれております。

お問い合わせはお気軽に、こちらからどうぞ