飾り棚 牡丹唐草沈黒

輪島塗半額セール
牡丹唐草は、古来より人気の高い模様です。

牡丹は富貴の象徴、唐草は連綿と続くことを意味する吉祥模様です。

幸せが永遠続くことを願った吉祥模様は、漆芸だけでなく、
様々な工芸に古来より用いられております。

この牡丹唐草を、輪島ならではの加飾の技・沈金の技法で
朱塗りの扉に彫りました。

この棚は、棚の基本形・三棚の内のひとつ、「黒棚」を基にして形作られた飾り棚です。

黒棚は、化粧道具などを置く棚として使われましたが、
現在は、あまりこだわらず、自由にお使い下さい。

金蒔絵の飾り棚も、輪島塗らしくて美しいですが、
漆の基本色である「黒」と「朱」を、効果的にあしらった、
この飾り棚も、ぱっと眼を引く、逸品です。

飾り棚 牡丹唐草沈黒

輪島塗家具 飾り棚

沈黒とは、沈金の技法で、金のかわりに黒の漆をいれたものです。
落ち着いた風合いは飽きがこず、何にでも似合って素敵です。

沈金とは

沈金とは、輪島ならではの加飾の技で、
のみで漆の塗面を彫り込み、金銀の箔や粉を埋める技法です。

この沈金は、漆の塗厚が十分でなければ深彫りできず生かされません。

漆の肌に刃先で彫り込んだ繊細な線画で、自在な加飾ができる沈金は、

しっかりした下地にささえられた厚みのある上塗りの、

輪島ならではの技法です。

輪島塗家具 飾り棚

輪島の家具の自慢は、見えない部分も輪島塗であることです。

座卓の裏側も、幕板の裏側も、そして床にふれる足の底面も、すべて輪島塗。
ですから、どこから見ても輪島塗。

畳や絨毯にも、指にも食器にもやさしいのです。

しかし、どんなに気をつけていても、
長い年月ご愛用いただくうち、使い傷はどうしてもついてしまいます。

使いなじんできただけに、修理して使い続けたいものです。

そんな時は、お気軽に修理のご相談を。

傷に応じて、御見積のうえ修理致します。

本堅地の輪島塗は、丈夫な下地に塗り重ねた輪島塗だからこそ、
痛みの度合いに応じて、工程をさかのぼって修理ができます。

飾り棚 牡丹唐草沈黒

輪島の家具は、全工程完全手作り家具です。 職人の技が随所にきらりと光ります。

輪島塗は、約600年の歴史を持つ、JAPANとも呼ばれる漆器の最高峰です。

その工程は、23工程・124以上の手数を経て作り出され、
堅牢さと優美さを兼ね備えた日本の誇る伝統工芸です。

600年の歴史は、脈々と今日に受け継がれ、数多くの職人達の腕に宿っています。

輪島塗飾り棚 牡丹唐草沈黒 W88 D40 H84 cm 2,700,000円(税込)

ショッピングサイトはこちら

お問い合わせはお気軽に、こちらからどうぞ