輪島塗 衝立
輪島塗 衝立
鶏(にわとり)は、日本では「神鳥」と位置付けられ、天照大神を祭神とする
伊勢神宮では、大切に飼育されたという。
神話「天岩戸」で長鳴鳥が大事な役目を果たしたことが理由だ。
鶏は、決まって夜明けを告げて鳴く習性から、約束を守り勤勉なものの象徴でもあると
いわれます。

中国でも、鶏(にわとり)は様々な意味を持ち、「聞鶏起舞(ぶんけいきぶ)」は、鶏の鳴き声とともに起き修行に励み、技を磨けという祈願である。

輪島塗 衝立

日本のおとぎ話でも、鬼たちが酒宴を催しているところへ、「こけこっこー」と鶏の鳴きまねをすると
鬼は、一目散に逃げ去ってしまった、というものがあります。

夜明けを告げる鶏(にわとり)は、時を呼ぶ力がある、ともされ、魔よけ・禍を払いのける守護神でもある。

また、鶏は古来より家畜として人間の生活と深くかかわってきました。
鶏の文様には、生活に密着した親しみのあるものも、数多いのです。

沈金とは

沈金とは、輪島ならではの加飾の技で、のみで漆の塗面を彫り込み、金銀の箔や粉を埋める技法です。

この沈金は、漆の塗厚が十分でなければ深彫りできず生かされません

漆の肌に刃先で彫り込んだ繊細な線画で、自在な加飾ができる沈金は、しっかりした下地にささえられた厚みのある上塗りの、輪島ならではの技法です。

輪島の家具の自慢は、見えない部分も輪島塗であることです。

足の裏側も、天板の裏側も、すべて輪島塗。ですから、どこから見ても輪島塗。

畳や絨毯にも、指にも食器にもやさしいのです。

どこにもない、最高級家具をお探しのお客様は、ぜひ一度ご覧下さい。

輪島塗は、約600年の歴史を持つ、JAPANとも呼ばれる漆器の最高峰です。

その工程は、23工程・124以上の手数を経て作り出され、堅牢さと優美さを兼ね備えた日本の誇る伝統工芸です。

600年の歴史は、脈々と今日に受け継がれ、数多くの職人達の腕に宿っています。

輪島塗衝立 鶏草花沈金    W130 D30.3 H110 cm 定価160万円

お問い合わせはお気軽に、こちらからどうぞ