輪島塗三段重箱(6.5寸平台付) 松風沈金

輪島塗三段重箱(6.5寸平台付) 松風沈金

松風沈金

冬、日本海から吹き付ける風は、防風林の松を根本から揺り動かします。
強風に耐える松は粘り強く、厳しい自然の中で強く生き抜く存在感を見せつけます。
日本の伝統的吉祥文様でもある松の、
その強靱な生命力を、輪島塗ならではの加飾の技・沈金の
豪快なのみさばきで美しく表現した、迫力のある文様です。

背面以外の3面に沈金を施していますので、模様が合わせやすくなっています

背面以外の3面に沈金を施していますので、模様が合わせやすくなっています

沈金とは、輪島ならではの加飾の技で、のみで漆の塗面を彫り込み、金銀の箔や粉を埋める技法です。

mjyu3

手で表面を触ってみると、金色の部分が細い溝になって、彫り込まれていることがわかります。

反対に蒔絵は、筆で漆絵を描き、金を蒔きますので、表面は盛り上がっています。

この沈金は、漆の塗厚が十分でなければ深彫りできず生かされません。

漆の肌に刃先で彫り込んだ繊細な線画で、自在な加飾ができる沈金は、しっかりした下地にささえられた厚みのある上塗りの、輪島ならではの技法です。

mjyu4

末永くご愛用頂きたい輪島塗の重箱は、高価です。

しかし、その製法から、キズや割れ・欠けなどの不慮の事態でも

輪島の産地で修理すれば、また末永くお使い頂けます。

使い傷や、天然漆だからこその色褪せ・やけなども、

目立つようになりましたら、何かの機会(冠婚葬祭などや法事、新築など)に、輪島へ塗り直しに出してください。

新品のように美しく蘇って、また何年も何年も、気持ちよく末永くご愛用いただけます。

輪島塗は、修理やメンテナンスを繰り返しながら、存分にお使い頂きたい、また末永くご愛用頂きたい漆器です。

漆黒・朱・金は輪島塗らしい色合い

漆黒・朱・金は輪島塗らしい色合い

松は、常緑樹で古くから長寿のシンボルとされてきました。
それは、この松が、雨風や寒さに耐え抜く生命力の強さを持っているからです。

長寿の象徴・松に 子孫繁栄の松ぼくりの吉祥模様の重箱

長寿の象徴・松に
子孫繁栄の松ぼくりの吉祥模様の重箱

mjyu8

輪島塗は、約600年の歴史を持つ、JAPANとも呼ばれる漆器の最高峰です。
その工程は、23工程・124以上の手数を経て作り出され、堅牢さと優美さを兼ね備えた日本の誇る伝統工芸です。
600年の歴史は、脈々と今日に受け継がれ、数多くの職人達の腕に宿っています。

輪島塗 三段重箱 松風沈金

輪島塗 三段重箱 松風沈金

三段重箱(6.5寸隅丸型) 松風沈金 388,800円(税込)

寸法:幅19.8cm 奥行19.8cm 高さ19.8cm(本体)

平台寸法:幅26cm 奥行26cm 高さ3cm

沈金は 東 恒博。略歴はこちらでご紹介しています。

ショッピングサイトはこちら

 

揃いの屠蘇器と重箱で 一段と格調高いお正月

揃いの屠蘇器と重箱で
一段と格調高いお正月

揃いの「屠蘇器・松風沈金」は、こちらでご紹介しています。

 

在庫状況や、納期など、お気軽にお問い合わせくださいませ。
お問い合わせはお気軽に、こちらからどうぞ