三段重箱(胴張型)扇面源氏香蒔絵

三段重箱(胴張型)扇面源氏香蒔絵

扇面(扇)は、日本で作られた日本特有のもので、末が広がる形から 「末広」 ともいい、発展や拡大を意味する縁起のよいもの、とされ、古来より愛され続ける吉祥模様です。

御目出度い扇に、源氏物語から連想される雅やかで華麗な蒔絵を
金と色漆を使った研ぎ出し蒔絵の技法などで描いた輪島塗の重箱です。

genjikou13

胴張型とは、縁が外へ向けてふっくらと張り出している形です。
まっすぐな形に比べて雰囲気が柔らかく、上品な印象です。

縁の曲面は、ぶ厚い縁材をカンナで削り出して作られています。まっすぐな形よりも材料が沢山必要で、手間のかかる贅沢なつくりです。

反対の面の扇蒔絵は、貝合わせの図

反対の面の扇蒔絵は、貝合わせの図

扇面(扇)は、魔除けや厄除け、吉運招来など、非常に強い力をもつものとされ、謡曲・舞踊・落語などの芸能にも使われるなど、日本の生活文化の中で、重要な位置をもしめてきました。

genjikou15

genjikou16

扇面源氏香蒔絵の題材は、みやびな「源氏物語」。

源氏香蒔絵は、源氏物語から取材した、雅な風情を思わせる場面を、色研ぎ出しの技法で扇の形に蒔絵した、華やかな屠蘇器です。

「源氏香(げんじこう)」とは

平安朝の雅な香の漂う王朝絵巻 「源氏物語」 の名にちなんだ「源氏香」は、香道の多くある中でも最も有名なものです。

源氏五十四帖に対応させられる「源氏香図」は、五本の線から成る洗練されたデザインが好まれ、様々な物の柄に、広く用いられています。

三段重箱・源氏香蒔絵は、源氏五十四帖の様々な場面を象徴する図を、
縁起のいい扇の柄として蒔絵しました。

genjikou17

genjikou18

色研ぎ出し蒔絵の技法とは

金だけでなく、色鮮やかな色漆を用いた技法です。

まず、模様を漆で描いて粗い金粉を蒔き、金粉の固着の為に(通常は半透明の漆を塗りますが)代わりに色漆を塗ります。硬化した後、先に蒔いた金を研ぎ出します。
金の上部を半分ほど研ぎ出すと、色漆の間から金が見えるようになります。

研ぎ出し蒔絵は、見る角度によって、色漆が多く見えたり、金が多く見えたりして、大変表情が豊かな蒔絵です。高度な技術が生み出す、贅沢な楽しみですね。

※金の上部を半分研ぎ出す→これは金の色味が一番美しく見える分量で、ミクロの世界の話です。どうやってはかるかというと、職人さんの経験と勘でのみ、はかられます。

 

genjikou19

他にも、高蒔絵・平蒔絵をはじめ様々な蒔絵の技法を駆使して仕上げられた屠蘇器は、蒔絵の工程だけでも約2か月かかった逸品です。

genjikou11

輪島塗の取り扱いは簡単です。

屠蘇器も重箱も、雑煮椀も、ぬるま湯で洗ってください。

油汚れは、台所用洗剤を使います。この時は柔らかいスポンジで。

つけおきも大丈夫。

輪島塗は、工程のところどころで水を使い研いでいます。

しっかり仕上がっているからこそ、水は平気なのです。

そのあと、長くしまっておくときは、さっと熱いお湯をくぐらせ水気をきって、
柔らかい布で良く拭いてください。

次のお正月まで使わない重箱は、しっかり汚れを落として、
ついでに磨きながら、艶や蒔絵を楽しんで。

そして、あまり乾燥しない場所(部屋の低い所)にしまってください。

三段重箱(胴張型)扇面源氏香蒔絵

三段重箱(胴張型)扇面源氏香蒔絵

三段重箱(胴張型) 扇面源氏香蒔絵 1,026,000円(税込)

寸法:重箱 幅19.8cm 奥行19.8cm 高さ19.2cm

平台 幅25.8cm 奥行25.8cm 高さ2.8cm

ショッピングサイトはこちら

屠蘇器と重箱(三段重) 扇面源氏香雅蒔絵

屠蘇器と重箱(三段重)
扇面源氏香雅蒔絵

揃いの蒔絵の屠蘇器は、こちらでご紹介しています

 

在庫状況や、納期など、お気軽にお問い合わせくださいませ。
お問い合わせはお気軽に、こちらからどうぞ