モダンな輪島塗三段重箱 溜呂色

モダンな輪島塗三段重箱 溜呂色

この、6寸×6.5寸の重箱は、輪島漆器大雅堂のオリジナル重箱です。

お正月にも、それ以外の季節にもお使い頂きたいと願って、作りました。

真四角でなく、少し横長にした形は、おせちだけでなく、

パーティー料理や、洋食・中華にもケーキやお菓子にも似合います。

665tame1-2

溜塗(ためぬり)は、落ち着いた色合いでありながら、漆が薄くのる端々は朱が透けて美しく、無地でも人気の塗りです。

また溜塗は、黒や朱塗りより、1回多く手間がかかります。

はじめに朱漆を塗り、次に朱合漆(しゅあいうるし)という

べっこう色の漆を塗っているからです。

※溜塗(ためぬり)とは

溜塗りとは、中塗りに朱漆を塗り、上塗りに朱合い漆という半透明の漆をぬる技法。

漆は時間が経つにつれて透明度が増してくる、という特性を生かし、

中塗りの朱が、漆が薄くのる縁(端、角など)のほうから透けて、

落ち着いた中にも華やかさのある雰囲気をかもします。

経年の変化を、逆に楽しみにしていただきたいものです。

重箱の縁の曲面。このひと工夫が漆の美しさを一層引き立たせる

重箱の縁の曲面。このひと工夫が漆の美しさを一層引き立たせる

また、重箱の縁にも工夫を凝らしました。

漆は平面ばかりでなく、曲面部分があると、光の反射が違って美しいものです。この三段重箱は、重箱の上縁に曲面をつくり、表情豊かな重箱に致しました。

この、ひと手間かかるこまやかな細工がとても美しいのです。

一段づつ高さが違う、凝ったつくりの三段重箱

一段づつ高さが違う、凝ったつくりの三段重箱

三段重箱としてしか使えないよりも、一段づつでもお好きな時にお使い頂きたい、ので、蓋や重箱の足の空間を効果的に設計し、一段でもすっきり美しい重箱に致しました。

重箱の一段をはずして使ってる、という雰囲気はしませんね。

段差の間の空間が、持ちやすく使いやすい秘密

段差の間の空間が、持ちやすく使いやすい秘密

重箱の縦と横の長さの違いは、0.5寸(約1.5cm)です。

ほんの少しですが、ちょっと変わっていて素敵です。

重箱は数段重ねて一つの模様をつけることが多いので、美しいけれど持ちにくい ことがありました。
この重箱は、ちょうど足をつけたような感じで、一段づつに空間を作っています。
そのために、一段づつが大変持ちやすく、一段だけで使っても格好のいい形に作っています。

一段単独でもお使い頂きたい美しい形状が自慢

一段単独でもお使い頂きたい美しい形状が自慢

輪島塗の無地の重箱は、漆本来の美しさが引き立ち、和でも洋の空間でも存在感を発揮するでしょう。

おせち料理もパーティーのサンドイッチも、重ねても一段でも、毎日使っていただける重箱を目指しました。

お正月しか使わないなんて、もったいない。 年中使ってください、輪島塗の重箱を

お正月しか使わないなんて、もったいない。
年中使ってください、輪島塗の重箱を

輪島塗の、まるで鏡のような美しい光沢は、呂色しあげという艶上げの工程で生まれます。

写真の重箱は上塗りが終わった状態で、この後、艶を上げる工程を施して、お届け致します。

艶を上げる工程は、上塗りのあと、炭で研いで表面を平らにし、細かい粒子の磨き粉で表面を美しく整え、うすく漆を塗って硬化させ、職人が手で磨いて艶を出す技法です。炭で研いだ「傷」に漆が入り、塗面がより均一になり、美しく輝くのです。

美しいだけでなく、機能的でもあります。手で持った時に手跡がつきますが、呂色仕上げを施してあれば、柔らかい布でさっと拭けばきれいになりますから、使いやすいです。

重箱の内側は黒塗り。 お料理が映えます

重箱の内側は黒塗り。
お料理が映えます

重箱の内側は、黒塗です。

モダンな輪島塗三段重箱 溜呂色

モダンな輪島塗三段重箱 溜呂色

 

三段重箱(6寸×6.5寸)溜呂色 291,600円(税込)

寸法:幅19.8cm 奥行18.3cm 高さ19.3cm

一段の高さ:上から5.7cm 6.3cm 7cm(順番は変えてもOKです)

ショッピングサイトはこちら

同じ形の重箱で、たまり朱はこちらでご紹介しています。

 

在庫状況や、納期など、お気軽にお問い合わせくださいませ。
お問い合わせはお気軽に、こちらからどうぞ