新しい元号は「令和(れいわ)」

2019年4月30日で平成が終わり、5月1日からは新しい元号「令和(れいわ)」の時代になります。

今上陛下がお元気なうちに譲位なされての改元は、日本中御祝いムードでいっぱいですね。

平成の30年4か月は、皆様にとってどんな時代でしたか?

山あり谷あり、嬉しいこともそうでないことも、沢山の事が思い出されることでしょう。

5月1日より元号が「令和」に代わることで、

まずはいったん気持ちをリセットし、

心機一転、すがすがしく新しい気持ちでスタートする。

こんな気持ちの持ち方は、元号を持つ日本人の特権ともいえるようです。

新しい御代も、幸せに和やかにと祈念し御祝いしたいです。

祝「令和」記念輪島塗を製作

祝「令和」記念輪島塗角皿・朱

祝「令和」記念輪島塗角皿・朱

令和の元号の出展は、現存する最古の和歌集「万葉集」。

万葉集は、年齢や性別、身分に関係なく、様々な人々の歌が収められている日本最古の歌集。

その万葉集に収められている「梅花の歌三十二首」の序文が由来となっているそうです。

今回製作の祝「令和」記念輪島塗は、出店の由来となった序文から一部抜粋し、

角皿の装飾としました。

初春の令月にして 気淑く風和ぎ

梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫す

令和の出展は万葉集

令和の出展は万葉集

意味は、

初春の美しい月に 空気は澄み風は穏やか

梅は鏡の前でおしろいを塗るように白く美しく咲き 蘭は高貴な香のように芳しく薫る

 

長い冬が終わって一番に花開く美しい白い梅と、良い香りで存在感をはなつ蘭を、

穏やかな晴れの月夜に、静かに眺め見る。

どんなに美しいでしょう、どんなに芳しい香りでしょう!

昔も今も変わらない、素晴らしいひと時が思い浮かびます。

祝「令和」記念輪島塗の色は2種類

雅なやまとことばに親しみ、そこから会話がはずむような、祝「令和」記念輪島塗・角皿は、黒と朱の2種類。

祝「令和」記念輪島塗は黒と朱の2種類

祝「令和」記念輪島塗は黒と朱の2種類

じつは、この祝「令和」記念輪島塗には、輪島漆器大雅堂初の試みがあります。

それは、

輪島塗×レーザー彫刻です

これまでも輪島塗に文字入れのご要望が多数ございましたが、

蒔絵や沈金での文字入れは、一文字一文字手作業で時間をかけて描きますので、

価格が高く製作日数も長くかかり、なかなかご要望に沿うことが出来ず、残念に思っていました。

そこで、レーザー彫刻にて、文字入れを致しました。

黒は、きりっとした仕上がりに。朱は、明るい感じの仕上がりになりました。

輪島塗の角皿はそれぞれ、真塗という、上塗りが最終工程の仕上げで、輪島塗の、まるで鏡面のようなぴかっとした仕上がりではなく、光が優しく映りこむ温かみのある仕上げになっています。

祝「令和」記念輪島塗角皿・黒

祝「令和」記念輪島塗角皿・黒

令和の御祝いムードに、明るい朱は、華やかでいいですね。

この朱は、たまり朱という、独特の塗りで仕上げています。

祝「令和」記念輪島塗角皿・朱

祝「令和」記念輪島塗角皿・朱

たまり朱とは

塗面をよく見て頂きますと、所々に刷毛目がかすかに見えます。
これが、たまり朱の特徴で、朱の漆の顔料が、沈むところと浮き出るところがあり、刷毛目が残るのです。
刷毛目は、職人の手わざのあかしでもあり温かみのある仕上がりです。

表面は通常の真塗り同様、でこぼこ感などありません。
表面はつるっと手触りもよく、手わざのあかし刷毛目もお楽しみ頂ける。

これがたまり朱 の人気の秘密です。

レーザー彫刻と沈金の違い

輪島塗には、沈金という加飾の技があります。

輪島塗の塗面を、鋭い「のみ」で彫って漆で金などを固着させる技法です。

4~6か月(ものによってはもっと)かかって完成した輪島塗の塗面にノミを入れ彫る沈金は、失敗が許されない職人技なのです。

長く修行を積み、経験を積んだ沈金の職人技と、レーザー彫刻とは、似ている部分もありますが、明らかに違います。

輪島漆器大雅堂は、沈金にとって代わるためでなく、沈金の不得意な面(文字入れ・英字入れ)を補うために、レーザー彫刻を導入しました。

レーザー彫刻は沈金師を越えられない

レーザー彫刻で、輪島の沈金師の技と同じ仕事をすることは、不可能です。

 

沈金職人の多様な技は、圧巻

単に「彫る」と一言で書きますが、沈金師の「彫り」には、多数の技があります。

形や大きさの違うのみを、自分の手のように指のように扱って、模様の特徴を最大限に引き出す彫り方で製作する沈金師。

彫られた模様は、彫る角度も線の太さも、強弱や長短や、様々な表情を見せる美しい線や面で描き出されています。

様々な彫り方で、また様々な角度から彫ることで、表情豊かに仕上がる沈金

様々な彫り方で、また様々な角度から彫ることで、表情豊かに仕上がる沈金

同じ模様を彫っても、手作業ですので全く同じにならないところが、実に面白い見どころでもあります。

所々に、手作業ならではの面白味が潜んでいます。

機会があれば、ぜひよーーく見てみて下さい。

レーザー彫刻は均一な美しい仕上がり

しかし、レーザー彫刻もまた、素晴らしいものです。

一方、レーザー彫刻は、均一の線で一定方向からの彫りですので、簡単に言えば均一な仕上がりになります。

レーザー彫刻は、均一な仕上がりで、細かな部分もきれいに彫ることが出来ます

レーザー彫刻は、均一な仕上がりで、細かな部分もきれいに彫ることが出来ます

このレーザー彫刻の良い所は、同じものが複数できること。

また、製作時間が短く、価格が安く、文字入れの大小や英字などの細かなご要望にも対応できる事です。

そして、人の手では残念ながらできないような、細かな彫りもできる事、があります。

伝統とハイテク技術の融合

この度の祝「令和」記念輪島塗は、輪島塗×レーザー彫刻で仕上げた、伝統とハイテク技術の融合です。

 

飾るも良し、もちろん使うも良し。

皿として食卓にも。

お盆として毎日重宝に。丸盆に比べると、しまう時にも安定が良く、場所もとらず、軽くて意外と重宝なんです。

 

数量限定・受注製作です

この 祝「令和」記念輪島塗は、黒10点・朱10点の数量限定です。

また、ご注文を頂きましてからレーザー彫刻を施し、発送させて頂きます。

発送までは、ご注文より約1週間です。

宜しくお願い申し上げます。

 

祝「令和」記念輪島塗角皿・黒

輪島塗×レーザー彫刻

祝「令和」輪島塗角皿・黒 1点 30,000円(税・送料込み)

寸法:幅42.5cm 奥行15.2cm 厚み1.5cm 紙箱入り

輪島塗×レーザー彫刻

祝「令和」輪島塗角皿・朱 1点 30,000円(税・送料込み)

寸法:幅42.5cm 奥行15.2cm 厚み1.5cm 紙箱入り

ショッピングサイトはこちら

この商品の在庫状況や、納期など、お気軽にお問い合わせくださいませ。
お問い合わせはお気軽に、こちらからどうぞ