こぶりな輪島塗の椀にはいろいろな形や大きさがあります

こぶりな輪島塗の椀にはいろいろな形や大きさがあります

輪島塗の椀には、様々な大きさや形があります。

中でも小ぶりな可愛らしい印象の椀をご紹介いたします。

1.直径10.2cm 高さ10.7cm 一番小さめの椀です。写真は飛花沈金です。

2.亀甲型 椀の外側を亀甲のように成形しています。(蓋裏は東海道五十三次蒔絵です)

直径10.5cm 高さ11.2cm

3.卵型大 直径11.3cm 高さ10.7cm 1の直径を大きくした形です。

弊社の人気の汁椀(小丸型・蓋無し)と同じくらいの大きさです。

4.富士型 直径10.8cm 高さ8.7cm 手の込んだ木地の形状です。

5.丸型 直径12.2cm 高さ9.2cm

6.端反型(はぞりがた)直径12.7 高さ9.5cm

5や6は、小ぶりと大振りの中間(一般的)な大きさです。

蓋を取ると、中に段のある形があります(1と3)。

これは、蓋が下まで入り込まないようにしてあるのです(同じ直径で伸びている部分がある形のため)

動画も撮ってみました。