輪島塗 座卓
輪島塗 座卓

輪島塗の座卓は、傷がつくのが怖くて使えない、そうおっしゃる方もございます。
この座卓の特徴は、日常でもっとも使われる、座卓面の両側を乾漆仕上げにしたことです
椀やコップ、お膳、お茶やお菓子などを置く場所ですので、傷が付きにくく、目立ちにくい乾漆仕上げにして、気軽にお使い頂ける座卓に致しました。

輪島塗 座卓

乾漆とは

乾漆(かんしつ)とは、漆を乾かして粉にし、満遍なく蒔いて漆をかけ、研ぎ出す技法のことです。

塗面は、少しざらざらした感じに仕上がり、輪島塗の鏡面のような呂色仕上げとはひと味違った、落ち着いた漆の風合いを感じさせます。

輪島塗 座卓

また、座卓中央は、黒呂色の艶やかさを残し、上品な草花蒔絵を施しました。

草花蒔絵は、どなたにも愛される自然の情緒豊かな文様で、飽きのこない可憐さが魅力です。

春の草・秋の草を、同じ座卓上にデザインして蒔絵しました。

春と秋を同時に楽しめる、自然界ではありえない、ぜいたくな空想の世界を描いた 輪島塗座卓・草花沈金は、季節を問わずお使いいただける座卓です。

乾漆の機能性と、草花ののびやかな線と黒呂色の艶やかさの装飾性が、見事に調和した逸品の座卓です。

輪島塗 座卓 両側乾漆草花蒔絵  定価 150万円
W151 D91 H335 cm

同じ蒔絵・草花蒔絵の乾漆でないものも、ございます。
輪島塗 座卓

同じ模様の蒔絵ですが、雰囲気はがらりと変わりますね。

お好みでお選びください。

輪島塗 座卓 草花蒔絵  定価 120万円    W150 D90 H33.5 cm

お問い合わせはお気軽に、こちらからどうぞ