6寸5分溜塗り三段重箱
6寸5分溜塗り三段重箱

重箱の形は、色々です。

同じ溜塗りの重箱でも、形や段数の違いで、さまざまに印象が違います。

輪島塗の重箱は、修理や塗り直しをしながら、末長く使えるものです。

使い方や、家族構成など、また「ゆくゆくはこうしたい」というご希望により、

お好みのものをお選びください。

6寸5分溜塗り三段重箱

6寸5分(約18.2×18.2cm)四方で、三段の、この重箱は

大きすぎず小さすぎず、一般的に一番よくお求めいただく大きさです。

また、四隅が丸くなっていますので、「円く収める」。

そして実用的には、洗いやすい、人気の形です。

無地の重箱は、形や漆の色艶をお楽しみ頂けるもの。

特に溜塗りは、漆の特性を活かして、

長くご愛用頂ける逸品です。

重箱の蓋を開けると、内側は鮮やかな朱塗りです。

お正月の晴れやかな雰囲気を、いっそう引き立てます。

溜塗(ためぬり)は、黒や朱塗りより、1回多く手間がかかります。

はじめに朱漆を塗り、次に朱合漆(しゅあいうるし)というべっこう色の漆を塗っているからです。

その雰囲気は、戦前の天皇陛下の御車が溜塗であったように、高貴で落ち着いていて華麗です。

6寸5分溜塗り三段重箱

展示場のスポットライトの明かりでとった写真では、

縁がより赤く透けていますが、通常の明かりの下ではこのような感じです。

経年とともに、より明るくなっていきます。

溜(溜塗り)とは

中塗りに朱漆を塗り、上塗りに朱合い漆という半透明の漆をぬる技法。

漆は時間が経つにつれて透明度が増してくる、という特性を生かし、

中塗りの朱が漆が薄くのるふちのほうから透けて、

落ち着いた中にも華やかさのある、雰囲気をかもします。

経年の変化を、逆に楽しみにしていただきたいものです。

6寸5分溜塗り三段重箱

三段重 溜塗り(6寸5分) 1組 250,000円(税別)

寸法:18.2×18.2×高さ18.3cm  桐箱入り

この溜塗りの屠蘇器や重箱は、上塗りの漆の底艶を活かすため、

呂色仕上げを施していません。

漆の上品で柔らかいやさしい艶を、お楽しみいただきたいためです。

輪島塗のイメージとして、「顔が映るようなピカピカの塗り面」を

思い浮かべられる方も多いと思います。ですが、無地の場合は、

形や色艶・存在感を際立たせる呂色なし、も、大変良いものです。

また、長くお使いいただくうちに、どうしても細かい使い傷が付いてしまいます。

そんなときに、改めて呂色仕上げをご用命いただけましたら、

細かな傷は直りますし、新しいものを求められたようにイメージがかわりますから、

また、違った楽しみとなることでしょう。

ゆくゆくは、沈金や家紋入りとされるのも一考です。

お問い合わせはお気軽に、こちらからどうぞ

◎同じ6寸5分の大きさの重箱でも、

一辺の中ほどが、外側にふっくらと張り出した形の

「胴張り型三段重」に、平台をつけると、ぐっと格調高い雰囲気です

6寸5分胴張り型・平台付き溜塗り三段重箱

輪島漆器大雅堂のショッピングサイトは、こちらです。
http://www.wajimanuri.net/SHOP/94054/list.html