炉縁(ろぶち)青海波沈金
炉縁(ろぶち)青海波沈金
輪島塗半額セール

炉縁(ろぶち)は、茶道具のひとつで、

炉の炭櫃の上のはめ込む枠のことです。

火気が畳に伝わることを防ぐ役割と、

装飾の意味があります。

おもてなしの心を、一層引き立てる炉縁は、

季節や行事に合わせてお選びください。

炉縁(ろぶち)青海波沈金

青海波(せいかいは) 

寄せては返す波は、止むことなく連綿と続くことから、

幸(さいわい)が末永く続くことに通じます。 

舞楽に「青海波」という曲があり、

衣装の下襲(したがさね)に青海波を用いたことから、

この文様が「青海波(せいかいは)」と呼ばれるようになったのが名の由来。

沈金とは、輪島ならではの加飾の技で、
のみで漆の塗面を彫り込み、金銀の箔や粉を埋める技法です。

手で表面を触ってみてください。
細い溝になって、彫り込まれていることがわかります。

反対に蒔絵は、筆で漆絵を描き、金を蒔きますので、表面は盛り上がっています。

この沈金は、漆の塗厚が十分でなければ深彫りできず生かされません。

漆の肌に刃先で彫り込んだ繊細な線画で、自在な加飾ができる沈金は、
しっかりした下地にささえられた厚みのある上塗りの、
輪島ならではの技法です。

炉縁(ろぶち)青海波沈金

取扱いは簡単です。

炉縁のお手入れは、柔らかい布で拭いてください。
水洗い・水拭きも、もちろん大丈夫です。

輪島塗が一番苦手なのは、紫外線です。
紫外線にあたり続けると、漆は変質し、劣化します。
直射日光のあたる場所には長くおかないでくださいね。

長い間仕舞われる場合は、乾燥が苦手ですので、
部屋の乾燥しにくい、低い場所に、保管してください。

しかし、どんなに気をつけていても、
長い年月ご愛用いただくうち、使い傷はどうしてもついてしまいます。

使いなじんできただけに、修理して使い続けたいものです。

そんな時は、お気軽に修理のご相談を。

傷に応じて、御見積のうえ修理致します。

本堅地の輪島塗は、丈夫な下地に塗り重ねた輪島塗だからこそ、
痛みの度合いに応じて、工程をさかのぼって修理ができます。

輪島塗は、約600年の歴史を持つ、JAPANとも呼ばれる漆器の最高峰です

その工程は、23工程・124以上の手数を経て作り出され、
堅牢さと優美さを兼ね備えた日本の誇る伝統工芸です。

600年の歴史は、脈々と今日に受け継がれ、数多くの職人達の腕に宿っています。

炉縁 黒・青海波沈金   42.5×42.5×H7cm  378,000円

お問い合わせはお気軽に、こちらからどうぞ