漆額 川原の図
漆額 川原の図
輪島塗半額セール

この漆額 川原の図 は、加賀蒔絵の池田喜一先生の

日展特選作品である「清流の図屏風」から、

漆額に描きおろしした漆額です。

上品な風合いと、モダンな色使いが特徴の

飽きのこない美しい作品です。

漆額 川原の図

川原の様々な形状の石は、乾漆の技法により描きだされています。

乾漆とは

漆を乾かして粉にし、満遍なく蒔いて漆をかけ、研ぎ出す技法のことです。

塗面は、少しざらざらした感じに仕上がり、輪島塗の鏡面のような呂色仕上げとはひと味違った、

落ち着いた漆の風合いを感じさせます。

漆額 川原の図

乾漆で、素朴な風合いと柔らかい色彩で描かれた川原と対照的に、

黒を基調にきりっと描かれた 「蝶のむれ」。

熱い夏、蝶が水辺にたわむれ、水を飲んでいる様。

自然のこんな何気ない光景を、切り取って1枚の絵に仕上げた

美しい漆額です。

漆額 川原の図

漆額 川原の図 57×85×厚5cm  3,150,000円

漆額は、暮らしに彩りを添える、貴方のための風景です。

落ち着いた漆の色合いや底艶は、素朴で温かい雰囲気を醸し出します。

漆額は、簡単に取り外しができ、季節や行事・気分に合わせて着替えることができる窓でもあります。

何枚あっても良い漆額は、模様に思いを込めて、贈り物にも喜ばれております。

お問い合わせはお気軽に、こちらからどうぞ