漆額 さざんか蒔絵
漆額 さざんか蒔絵
輪島塗半額セール
作は女流蒔絵作家・小田原延子(おだわらのぶこ)。

金沢美術工芸大学で油絵を学んだ大学時代に,

モチーフや構図はすでに確立し、

以降は漆の技術にそれを置き換え、作品多数を生む。

絵画的なタッチで心象を表現するほか、漆芸界では異色の作風をも築き活躍する、

輪島女流蒔絵作家の第一人者。

 

漆額 さざんか蒔絵

色漆を使い鮮やかな発色を楽しめるのは、

漆の調合や気温・湿度などの微妙な調整を必要とします。

また、蒔絵の様々な技術やグラデーションは、

光の当たり具合により表情を変化させ、見る人を楽しませてくれます。

この漆額 さざんか蒔絵は、細部まで細かく繊細に描かれ、

また立体的に描かれていて、どこか絵画を見るようにさえ感じられるでしょう。

微妙な色遣いは、漆で有ることを忘れてしまいそうな美しい漆額 さざんか蒔絵です。

漆額 さざんか蒔絵

漆の扱いは、絵具のようなわけにはいきません。

漆は、湿度と化学反応し「硬化」するのですが、

この効果の速度によっても、色や風合いが変わる。

また、漆の調合や、気温・湿度によっても、仕上がりはぐんと変わってきます。

その点で漆芸では、この色・この風合いに出会えることは、

またとないこと、かもしれません。

漆額 さざんか蒔絵

漆額は、暮らしに彩りを添える、貴方のための風景です。

落ち着いた漆の色合いや底艶は、素朴で温かい雰囲気を醸し出します。

漆額は、簡単に取り外しができ、季節や行事・気分に合わせて着替えることができる窓でもあります。

何枚あっても良い漆額は、模様に思いを込めて、贈り物にも喜ばれております。

(弊社展示場には、小田原延子作・日展入選の特大漆額2点がございます)

漆額 さざんか蒔絵  61×73.5×厚4.5cm  1,785,000円

小田原延子の作家紹介はこちらです

お問い合わせはお気軽に、こちらからどうぞ