7寸二段重箱 溜呂色

7寸二段重箱 溜呂色

溜塗(ためぬり)は、落ち着いた色合いでありながら、漆が薄くのる端々は朱が透けて美しく、無地でも人気の塗りです。

また溜塗は、黒や朱塗りより、1回多く手間がかかります。

はじめに朱漆を塗り、次に朱合漆(しゅあいうるし)という

べっこう色の漆を塗っているからです。

 

7寸重箱ですので、大きくて重厚な雰囲気です。

寸法:幅21.2cm 奥行21.2cm 高さ15cm 一段の高さ:7cm

大きくどっしりとした立派な7寸の重箱

大きくどっしりとした立派な7寸の重箱

溜塗(ためぬり)とは

溜塗りとは、中塗りに朱漆を塗り、上塗りに朱合い漆という半透明の漆をぬる技法。

漆は時間が経つにつれて透明度が増してくる、という特性を生かし、

中塗りの朱が、漆が薄くのる縁(端、角など)のほうから透けて、

落ち着いた中にも華やかさのある雰囲気をかもします。

経年の変化を、逆に楽しみにしていただきたいものです。

溜塗は、漆が薄くのる縁が透けて美しい

溜塗は、漆が薄くのる縁が透けて美しい

 

tameni1-3

「重箱の隅をつつく」

細かいことを口うるさく言うことを指すようですが、このことわざはこの重箱にはあてはまりません。

この重箱の隅は丸く作ってあり、洗いやすいので、汚れが残って小言を言われる心配がありません(笑)使いやすい形です。

重箱の内側は、鮮やかな朱塗りです

重箱の内側は、鮮やかな朱塗りです

輪島塗重箱の取扱いは簡単です。輪島塗だからこそ、特別なお手入れの必要はありません。

重箱のお手入れは、柔らかい布で拭いてください。
水洗い・水拭きも、もちろん大丈夫です。

洗う時は、陶器と一緒に洗い桶に入れないでください(陶器に負けて傷がつく恐れがあります)
洗剤は、いつもお使いの中性洗剤で、柔らかいスポンジで洗ってください。

よく、洗ったら熱いお湯にさっとくぐらせる、といわれますが、これは、そうすると水分がきれいに取れて、拭きやすいからです。

輪島塗が一番苦手なのは、紫外線です。
紫外線にあたり続けると、漆は変質し、劣化します。
直射日光のあたる場所には長くおかないでくださいね。

長い間仕舞われる場合は、乾燥が苦手ですので、
部屋の乾燥しにくい、低い場所に、保管してください。

tameni1-4

輪島塗の、まるで鏡のような美しい光沢は、呂色しあげという艶上げの工程で生まれます。

写真の重箱は上塗りが終わった状態で、この後、艶を上げる工程を施して、お届け致します。

艶を上げる工程は、上塗りのあと、炭で研いで表面を平らにし、細かい粒子の磨き粉で表面を美しく整え、うすく漆を塗って硬化させ、職人が手で磨いて艶を出す技法です。炭で研いだ「傷」に漆が入り、塗面がより均一になり、美しく輝くのです。

美しいだけでなく、機能的でもあります。手で持った時に手跡がつきますが、呂色仕上げを施してあれば、柔らかい布でさっと拭けばきれいになりますから、使いやすいです。

7寸二段重箱 溜呂色

7寸二段重箱 溜呂色

 

輪島塗二段重箱(7寸隅丸型)溜呂色 302,400円(税込)

寸法:幅21.2cm 奥行21.2cm 高さ15cm 一段の高さ:7cm

ショッピングサイトはこちら

在庫状況・納期、ご不明な点など、お気軽にお問い合わせくださいませ。
お問い合わせはお気軽に、こちらからどうぞ