「黄帝の時、鳳凰みかどの梧桐(ごどう)に集まり、竹実を食らう」という中国の故事より、桐は、聖天子が出でる時に現れる、100年に一度しか実をつけない竹の実を食べるという鳳凰がとまる、と言われる木。

かつては、16弁の菊花と同様に五七の桐文は、皇室の許しなく用いることは禁止されていました。

のちに、豊臣秀吉が、五三の桐を織田信長から、五七の桐を天皇家から拝領したそうで、

秀吉は衣装や家具・ふすまなどにこの意匠を使用し、太閤桐と名付け愛好したそうです。

菊は、もともとは薬として伝来した花。

重陽の節句には、長寿延命を願い菊を浸した酒を飲むという習わしがありました。

このありがたいいわれから、菊は天皇家の紋となったそうです。

取り皿・高台寺蒔絵は、高貴な文・桐と菊を図案化し組み合わせ、金蒔絵に朱の色漆も加味して、色鮮やかに蒔絵した取り皿です。

「輪島塗は、傷がつくのが怖くて使えない!」こんな心配の声を良く聞きます。

長く使い続ける間には、確かに傷がついてしまうことはあります。

これは、輪島塗の取り皿だからではなく、他の取り皿でも同じです。

輪島塗は、製造に時間と手間がかかるためにどうしても高価ですから、使う時にはこわれないか、ダメにならないか、などと、心配になられるのだと思います。

大丈夫なんです、存分にお使いください。

堅牢な輪島塗でも、傷はつきます。新品のまま、末永く使い続けられるわけではありません。

輪島塗は修理やメンテナンスをしながら末永くご愛用頂く漆器なのです。

 

大きめの取皿の形は、隅折型。

四角い折紙の三方の隅を、上方に少し折り曲げた形です。

左上の角は、切り取った形です。

この凝った形は、平たい皿よりも、木地の材料が多く必要(厚みのある記事から彫りだして成形します)で、細工にも手間がかかる、大変贅沢なつくりです。

お客様にお茶菓子を出すときには、少し改まった印象で。

お正月やパーティーの時のお料理を取分ける時は、華やかな印象で。
洋食や、中華料理、ケーキやパイなど、何にでもお使いください。

輪島塗は、油分がダメ、酢がダメなど、特別に苦手なものもありません。
(手で触れない程、口がやけどしそうなほどの超高温には使用不可です。天然素材なので負けてしまいます)

どんな場面でも重宝する輪島塗の取り皿は、重ねて収納すれば場所は取らず、取り扱いも特別な配慮は不要で、意外と使いやすいものなのです。

修理しながら末永くご愛用頂ける輪島塗の取り皿は、決まった使い方はありません。

お好きな時にお好きなように、お使い下さい。

取皿(銘々皿)は、工夫次第で、重宝にお使い回し下さいね。

輪島塗の取り皿 高台寺蒔絵

輪島塗の取り皿 高台寺蒔絵

 

輪島塗 取り皿(5客1組)隅折型 高台寺蒔絵 216,000円(税込)

寸法:W15 D15 H1.4 cm

↓下のオンラインショップに、専用買い物かごをご用意しています。

ショッピングサイトはこちら

 

 

◎輪島塗のお手入れに最適。漆器みがき専用布、あります。

塗師屋も愛用!漆器みがき専用布、あります