踏ん張りだるま
踏ん張りだるま
踏ん張りだるまの天然木・天然漆製の、軽いストラップ。
輪島市の木「あすなろ」を材料に、
能登や輪島の家の柱・廊下に用いられる技法「拭き漆」を施した
素朴な手作りアクセサリー。寸法は5×2.3(2+3=5)×5でGO!GO!GO!
「踏ん張りだるま」とは?


ふんばりだるま

踏ん張りだるまとは?
輪島漆器大雅堂・社長デザインの、手が出ただるまの図です。
この踏ん張りだるま誕生のきっかけは、去る3月の能登半島地震でした、、、。
ふんばりだるま

平成19年3月の能登半島地震での被害は、甚大なものでした。
輪島塗を作る私達塗師屋にとっても被害は相当で、工房や展示場等の建物や、
製品・仕掛品・漆など、一瞬にして失われたものは数え切れません。

しかしながら、有難いことに、全国のお客様や関係各位の皆様より、多数の
御厚情あふれる励ましを賜り、「このままではいけない」「負けていられないぞ」と、
気持ちが動かされていきました。

「してもらう」だけでなく、経済的にも精神的にも自らを助け励まし、また、
被災した方々の助けにもなり、さらには様々な人たちの励ましにもなる
「何か」があればと考えついたのが、この「踏ん張りダルマ」です。

皆、今が一番大変なのです。また、日本中あらゆる所で色々な人達が頑張っています。
それを応援したい。
苦しい時、辛いとき、この「踏ん張りダルマ」を見て、「やるぞ!」と笑顔が
生まれることを、心から祈っています。
ふんばりだるま

「踏ん張りダルマ」は、地震の大きな被害にも負けず、踏ん張って耐え抜く力強さを
イメージしてデザイン致しました。
地震だけではありません。私たちを取り巻く
現状は、なかなか厳しく、思うようにならないことも数限りなくあります。

誰でもそんな試練を乗り越え頑張っているはず。
「ぐっと大地を踏ん張って頑張ろう!」そんなメッセージを込めました。

「ひとは七転八起というけれど、今どきそんなに転んでいられるか!
ダルマだって手が出ます!今が踏ん張りどころ、頑張ろう!」
「ふんばりダルマ」のメッセージです。

微力ながら、踏ん張りだるまの売り上げの一部を、輪島市や輪島塗の為に、寄付させていただきたく思っています。

踏ん張りだるま・ストラップ

踏ん張りだるま
踏ん張りだるま

踏ん張りだるま製作にあたり、能登の自然と輪島塗が結びつく特徴的なものを、、と考えました。
そして、能登や輪島の家によく使われている、「ベンガラ拭き漆」という技法にたどり着きました。

「ベンガラ拭き漆」とは、木にベンガラをすり込んで、生漆を塗ってふき取る作業を数回繰り返す技法です。
この技法により、美しい木目がよりはっきりと見え、素朴な温かみのある美しさを感じさせます。
また、虫除けにもなり、磨けば磨くほど、艶が出て来るという長所もあります。

輪島では、家の柱やかもい、廊下などにこの「拭き漆」が施されている家が良く見られます。
写真は大雅堂の客間(現在は臨時展示場)。
月日を経て、漆は透明度を増し、木目の大変美しい拭き漆になっています。
拭き漆

表には、踏ん張りだるまを、金で。裏には、メッセージ「今が踏ん張りどころ がんばろう!」が金で描いてあります。
踏ん張りだるま

踏ん張りだるま・ストラップ(天然木天然漆。拭き漆製) 本体長さ 5cm 1個袋入り 1500円

6月11日(月)より 販売を開始させていただきます。
よろしく御願い申し上げます。

ご注文・お問い合わせはお気軽に、こちらからどうぞ


輪島漆器大雅堂のショッピングサイトはこちらです。