落札価格の発表(平成30年9月25日締切ました)

81,001円 富山県 H.I  様

 

沢山の入札を有難うございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。

祝盆 梅蒔絵

梅は、早春の花。

長い冬の後、我先にと可憐な花を咲かせる梅は、待ち焦がれた春・生命の息吹を感じさせます。

梅は、古くから、知恵と悟りの花・神の叡智を呼ぶ花とされてきました。

輪島塗 祝盆 梅蒔絵

輪島塗 祝盆 梅蒔絵

祝盆とは

祝盆とは、冠婚葬祭に使用される格式の高い盆の事です。

先様に金封(金銭を贈る時に用いる封筒包み)や、品物を差し上げる時に、使われます。

結婚に関する行事にも使われます(家紋入りもあります)。

祝盆と普通の盆(通い盆)、どこが違うのでしょうか?

特徴は、盆の形にあります。

盆は長四角で、縁の四辺の中央が外へ向けてふっくらと張り出している形です。
まっすぐな形に比べて雰囲気が柔らかく、上品な印象です。

曲面は、ぶ厚い縁材をカンナで削り出して作られています。まっすぐな形よりも縁材が沢山必要で、手間のかかる、贅沢なつくりです。

胴張型

胴張型

祝盆は形に特徴があります

祝盆は形に特徴があります

祝盆は、裏面が特別な形になっています。

塵居(ちりい)

塵居(ちりい)という、上面に向かって緩やかに盛り上がる手の込んだ、贅沢なつくりの、高級な箱物に用いられる木地の造型の技法。

 

角が直線と曲面になっているので、通常の平面と比べると光の反射具合が違い、漆の美しさを引き立てます。

なぜ、祝盆はこのような凝った形状になっているのでしょうか?

このような手間のかかる仕上げを施すと、必然的に金額も高価になるのに、と思いますよねー。

その理由は、昔、お殿様が、功績をあげた家臣に褒美を取らせる際に、手元にあった美しい立派な作りの飾箱のふたをとり、裏返して褒美をのせ、敬意を表してこれをとらせた、という所から来ています。

現在は、箱物の蓋を使うことはなく、専用の祝盆が作られていますが、先の名残が残り、祝盆の形は、立派な箱物の蓋を模している、ということなのです。

このような箱の蓋を使ったのでは

このような箱の蓋を使ったのでは

色鮮やかな蒔絵は、色研ぎ出し技法

色研ぎ出し蒔絵とは

まず、模様を漆で描いて粗い金粉を蒔き、金粉の固着の為に(通常は半透明の漆を塗りますが代わりに)色漆を塗ります。

硬化した後、先に蒔いた金を研ぎ出します。
金の上部を半分ほど研ぎ出すと、色漆の間から金が見えるようになります。

研ぎ出し蒔絵は、見る角度によって、色漆が多く見えたり、金が多く見えたりして、大変表情が豊かな蒔絵です。高度な技術が生み出す、贅沢な楽しみですね。

色研ぎ出し蒔絵で葉を描き、漆が硬化してから、新たに漆で花芯を描いて金を蒔き、仕上げています。

つぼみも同じ技法です。

色漆と金が、見え隠れする様子が見られます。

この細やかな技術が、見る角度により、金に見えたり、緑や青に見えたりする理由です。

琳派風の蒔絵

この梅蒔絵は、美しい色使い、色の表現の仕方(花や枝のぼかしの風合い)、モダンな構図は、尾形光琳の琳派風の草花を意識して、蒔絵の技法を駆使して描かれたものです。

尾形光琳は、江戸時代の絵師であり、工芸家でもあります。また、琳派を代表する絵師であります。

琳派は、江戸時代の初めに、画家・俵屋宗達にはじまり、およそ80年後に尾形光琳が再発見、またその100年後に坂井抱一へと受け継がれた芸術の一派の事です。

琳派の絵師たちは、生活に用いられる数多くの日用品を彩る装飾美・様々な生活品の意匠も考案しました。

現代の蒔絵にも、江戸時代からの琳派風の装飾美(豪奢・洗練・洒脱)が、脈々と息づいています。

お家の大切な場面に活躍する美しい蒔絵の祝盆。

輪島塗 祝盆 梅蒔絵

輪島塗 祝盆 梅蒔絵

輪島塗 祝盆 梅蒔絵 432,000円(税込)

寸法:幅41.7 奥行29.5 高さ3cm

 

蒔絵は、桜井 一良。

略歴はこちらでご紹介しています。

 

落札価格の発表(平成30年9月25日締切ました)

81,001円 富山県 H.I  様

 

沢山の入札を有難うございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

これまでの入札企画の落札結果はこちら