落札価格の発表(平成30年4月23日締切ました)

288,888 円   大阪府 R.I 様

 

沢山の入札を有難うございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。

輪島塗の香炉台と飾り小槌のセット

輪島塗の香炉台と飾り小槌のセット

季節により、行事により、気分により、部屋や床の間の飾りをかえると気分も変わっていいですね。

この香炉台は小さめですから、飾台として工夫次第でどこででもお使い頂けます。

もちろんお手持ちの香炉や、花器、飾り置物などを飾る時にもお使いください。

漆黒の美しい塗面が、飾るものをぐっと引き立てることでしょう。

今回は、この小ぶりで凝った形状の飾台に、金地の小槌を飾ってみました。

小槌には、小さなネズミが乗っています。

働き者のネズミは、大黒様の御使い。背中に宝物の入った赤い袋を背負っています。

働き者の福ねずみは大黒様の使い

働き者の福ねずみは大黒様の使い

ねずみはなぜ、大黒様の使いなのでしょうか?

打ち出の小槌を持ち、袋を担いで、米俵に乗っている七福神に数えられる大黒様。

大黒様は、大国主命(おおくにぬしのみこと)と「大黒」「大国」という名前から同一視され、神話に伝えられる大国主命とねずみのご縁が、ねずみが大黒様の使いになった理由だそうです。

ねずみの背負った赤い袋には、幸せが入っているそうです

ねずみの背負った赤い袋には、幸せが入っているそうです

大国主命がスサノヲノミコトの娘と互いに一目ぼれし恋におちましたが、スサノヲノミコトが反対し、大国主命に様々な試練を与えあきらめさせようとしました。

その中で、スサノヲノミコトが大国主命を焼き討ちにしたとき、一匹のねずみが現れて、地面のくぼみに身を隠すよう教え、大国主命はピンチを脱し難を逃れた、そうであります。

この時のご縁から、ねずみは大国主命の使いとなり、やがて大黒様の使いとなりました。

手の平にのる打ち出の小槌

手の平にのる打ち出の小槌

福ねずみは、乾漆の技法でできています。

小さな福ネズミは、乾漆の技法で作られています。

練り乾漆という方法で成型し、蒔絵で彩色したちいさなねずみ。

練り乾漆とは、漆と木の粉・米のりをよく練ったもので、ちょうど粘土のように柔らかく、細かい成形に適した方法です。

漆が硬化するのを待って形を整えて、小槌同様に金地にし、袋の赤や、目を描きます。

 

ネズミの大きさ 高さ2.3cm

小槌の寸法:長さ11.5cm 幅6cm

小槌は金地と梨子地仕上げです。

小槌は金地と梨子地仕上げです。

小槌の円柱状の部分は、金地に、持ち手の部分は、梨子地に、それぞれ仕上げました。

贅沢で格調高い、金地・梨子地仕上げの打ち出の小槌

贅沢で格調高い、金地・梨子地仕上げの打ち出の小槌

金地・梨子地の技法とは

金地

輪島塗に仕上げた小槌に金地を施す方法は、蒔絵師が蒔絵をするときと同じで、円柱状の部分に漆を薄く塗り、金粉を全体に蒔き付け、その上に金粉を固着させるために漆を重ねて塗って、研ぎ仕上げます。

沢山の金粉を使って豪華に美しく仕上げました。

金箔貼りのもの(仏具など)とは違い、金の部分を触っても剥がれる事はありません。

お手入れは簡単です、柔らかい布で拭いて下さい。

梨子地

梨子地とは、漆を薄く塗り、粗い金粉を塗面に蒔いて漆を塗り込んで研ぎ、磨き上げる技法です。

贅沢に粗い金粉をたっぷり蒔いて仕上げます。

金粉が、立ったり寝たりしているので、光の当たり具合によって、きらきらと美しく輝きます。

梨の実の細かい斑点の風合いが、名前の由来です。

漆黒の香炉台は、飾台として重宝にお使いください

漆黒の香炉台は、飾台として重宝にお使いください

香炉台は、小さいながら凝った形状の飾台です。

天板や足の、端を少し持ち上げた(反らせた)形は、雉の製作の時に、厚い板から削り出すので、まっすぐな形の飾台よりも材料が多く必要で手間のかかる、贅沢な形です。

高さもあまり高くないので、飾台を置く場所は、床面だけでなく、飾り棚やサイドボードの上など、高い所にも置いてお使いください。

動画を撮影しました。

輪島塗の香炉台と飾り小槌のセット

輪島塗の香炉台と飾り小槌のセット

飾り小槌に福ねずみと香炉台のセット 534,600円(税込)

ネズミの大きさ 高さ2.3cm

小槌の寸法:長さ11.5cm 幅6cm

落札価格の発表(平成30年4月23日締切ました)

 288,888 円   大阪府 R.I 様

 

沢山の入札を有難うございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

これまでの入札企画の落札結果はこちら