汁椀

輪島塗はぞり型汁椀・溜(ため)塗りは、口が少し外側に反り返っている汁椀です。
はぞりの形は、汁椀の唇にあたる感じが優しい、らっぱのような楽しい形。
溜塗りは、朱や黒より一度多く上塗りし、漆の特性から、年月とともに表情の変わっていく美しい汁椀です。
汁椀は、頻繁に食卓に登場する、日常生活にかかせない器です。
使う回数が多いということは、手に触れる回数も多く、洗う回数も多いということ。
丈夫で美しいものが欲しくなる、、、。ぜひ輪島塗汁椀をお勧めします。
結婚祝いや進学・就職祝いにも、きっと喜ばれる一生ものの輪島塗汁椀です。


この輪島塗汁椀の、溜塗(ためぬり)の技法はは、黒や朱塗りより、1回多く手間がかかります。

はじめに朱漆を塗り、次に朱合漆(しゅあいうるし)というべっこう色の漆を塗っているからです。
その雰囲気は、戦前の天皇陛下の御車が溜塗であったように、高貴で落ち着いていて華麗です。
輪島塗のお椀

溜(溜塗り)とは
中塗りに朱漆を塗り、上塗りに朱合い漆という半透明の漆をぬる技法。
漆は時間が経つにつれて透明度が増してくる、という特性を生かし、中塗りの朱が漆が薄くのるふちのほうから透けて、落ち着いた中にも華やかさのある、雰囲気をかもします。
経年の変化を、逆に楽しみにしていただきたい輪島塗の技法です。汁椀は、みそ汁やお吸い物をいただく椀です。(もちろん、何に使ってもいいのですが)

日本人は、どこに行ってもどこにいても、食事にはみそ汁やお吸い物が欲しくなりますよね。
毎日の食事には、みそ汁が無い日がない、のではないでしょうか?
パンを食べるときも、海外旅行の時も、何となく欲しくなる、無いと寂しいのがみそ汁・お吸い物です。
こんなに日本人に愛されるみそ汁は、懐かしいお袋の味、おふくろの愛だからなのでしょう。

毎日の、無くてはならないおいしいお袋の味を、より一層ひきたてる輪島塗の汁椀は、
毎日の使用に耐え、飽きがこず、修理ができて長年使い続けられる、自然にも人にも優しい器です。

この汁椀・はぞり型は、唇にあたる感触が気持ちいい、らっぱのような楽しい形の汁椀です。
食卓に華をそえる美しい器での食事は、いっそうおいしいものになることでしょう。

輪島塗の椀は、保温性が高いので、熱いものは熱いまま、冷たいものはつめたいままでお召し上がり頂けます。
また、断熱性が高いので、みそ汁は熱くても手や唇には熱くありません。
大変、人に優しいお椀です。

溜塗りの椀

そして輪島塗は、修理・修繕がききますので、長くお使い頂けるエコ商品でもあります。
使い捨ての時代はもう終わったのではないでしょうか?

直して使えるものは、たいへん素晴らしい、伝えてゆく守っていく文化です。
なおして、使い続けられる輪島塗は、今の時代にこその器(うつわ)です。
子供達に「物を大切にする心」を、毎日使う輪島塗を通してつたえたい、と思います。

この汁椀は、1客21,000円の輪島塗の汁椀です。
毎日3回、一年間使って食事を楽しみ、豊かな時間を過ごしたとしたら、1回分はなんと19円!
輪島塗の汁椀は、もちろん1年でダメになることなどありません。
そう考えると輪島塗の汁椀は、大変お買い得です。

ある研究者によると、同じ物を同じように調理しても、良い器で食べれば美味しく感じるのはもちろんのこと、消化吸収ぐんとも良い、とか。
良い器で食べている人の方が、より健康になる!のだそうです。 うれしいですね。

詳しくはオンラインショップにて!

ショッピングサイトはこちら

在庫状況や、納期など、お気軽にお問い合わせくださいませ。
お問い合わせはお気軽に、こちらからどうぞ