名刺入れ龍
名刺入れ龍

オーダー輪島塗り名刺入れ、次々に新しい模様を手がけさせていただいております。
有難うございます。
輪島塗名刺入れは、名刺大の小さなキャンバスに、お客様のご希望の図案を、
蒔絵や沈金で美しく表現します。この龍沈金は、なかでも大作となりました。
図案の細部まで、一彫り一彫り美しい線が刻まれています。

名刺入れ龍

輪島塗名刺入れ「龍沈金」

龍(りゅう)は、想像上の動物。

仏教で龍は、仏伝の守護神であり、鳳凰(ほうおう)・麒麟(きりん)・
亀(かめ)と並び、四瑞(しずい)と呼ばれ、古くから絵画や彫刻などの題材として多用されています。

また、龍は天子の象徴とされ、帝王の衣装には「龍文様」が、描かれました。

「鯉が滝を登って龍になる」という言い伝えもあります。

勇壮で迫力のある「龍(りゅう)」は、霊獣であり、仏法の守り神とも言われる「龍(りゅう)」は、自然をあやつる力さえ持つといわれます。
また、その計り知れない霊力は、強大で、姿は雄大であり、古来より人々の憧れをあつめ続けています。

富貴繁栄 立身出世 帝王 尊貴 幸福 強運、そんな思いを込め、古来より変わらぬ人気を誇るのが、「龍」文様です。

名刺入れ龍

名刺入れ龍

この輪島塗り名刺入れ「龍」沈金は、名刺入れの全体を目一杯使って、迫力ある名刺入れとなりました。

表・裏だけでなく、側面にもぐるりと、龍の勇壮な雰囲気を生かし、彫りめぐらしてあります。

沈金とは、輪島特有の加飾の技。

沈金(ちんきん)とは、輪島ならではの加飾の技で、のみで漆の塗面を彫り込み、金銀の箔や粉を埋める技法です。
この沈金は、漆の塗厚が十分でなければ深彫りできず生かされません。
漆の肌に刃先で彫り込んだ繊細な線画で、自在な加飾ができる沈金は、しっかりした下地にささえられた厚みのある上塗りの、輪島ならではの技法です。

この大雅堂の輪島塗名刺入れは、素材は木製ではなく、乾漆づくりに致しました。
珍しい輪島塗名刺入れです。

出来るだけ薄く、軽く作りたいために、木製では強度が弱くなり割れてしまうからです。

簡単にいうと、木地を使わず漆の塗面だけを使って作った名刺入れ、です。

また、この大雅堂の輪島塗名刺入れは、形にもこだわりがあります。

名刺入れ外観は、四角四面でなく、少しふっくらと外に張りだすように作ってあります。
柔らかい曲面は、漆の美しさを際だたせます。

名刺入れ 龍沈金 桐箱入り 定価40万円