カップ.jpgコップ.jpg

これは、輪島塗のコップ?カップ?ビアマグ?ビアカップ?ゴブレット??
輪島塗のコップといえば、冷たい水がおいしそう。
輪島塗のカップといえば、温かいミルクがおいしそう。
輪島塗のビアマグといえば、冷たいビールがたっぷり入りそう。
輪島塗のビアカップといえば、冷たいビールが手に持ちやすそう。
輪島塗のゴブレットといえば、多目的に利用できそう。

この輪島塗は、いったい何と名づけましょうか。
お使いになる方それぞれに、いろいろな使い方があり、いろいろな名前が浮かんできます。


 

とりあえずは、「輪島塗のコップ」と致しますので、ご家庭ではお好きな名前で呼んでください。

ビアカップ.jpg

輪島塗のコップは、「たまり朱」です。
「たまり朱」は、上塗りをした職人さんの、「手」のわかる、おもしろい塗り方です。
色は、落ち着いた朱、えんじに近いでしょうか。

普通、刷毛目(はけめ)というと、でこぼこの跡が残るものですが、この塗は表面にでこぼこがないのに、刷毛の跡が残っているのです。
よーくご覧いただくと、素朴な感じの刷毛目が見られます。

コップ.jpg

輪島塗の特徴である鏡のような美しい輝きは、最終工程の呂色(ろいろ)が作り出していますが、このコップ・たまり朱は、呂色をせず、漆の素朴な温かみを残して、しっとりとした底艶を楽しめます。
年月とともに、自然と使い艶があがり、時とともに変化していくのが、このたまり朱のコップです。

「これはどうなっているのだろう」「ここはこうやって塗ったのかな」と、思ったり考えたりしながらお使い頂くのも楽しいことと思います。

カップ.jpg

この輪島塗のコップのサイズは、大体350ミリの缶ビールくらいです。
胴が太くなっていて小指のほうは、すっと細くなっている、持ちやすい形。
お好きな飲み物が、たっぷり入るサイズのコップです。
さあ、何を飲みましょうか?

コップ.jpg

「輪島塗は、一度使ってみたいけど、なかなか買えないな」
そうです。輪島塗は、他の和食器に比べると、格段に価格が高く高級です。
どうして?それだけの理由がちゃんとあります。

輪島塗は、約600年の歴史を持つ、JAPANとも呼ばれる漆器の最高峰です。

輪島塗のその工程は、23工程・124以上の手数を経て作り出され、堅牢さと優美さを兼ね備えた日本の誇る伝統工芸です。
600年の歴史は、脈々と今日に受け継がれ、数多くの職人達の腕に宿っています。
世界に誇る、輪島の技術と知識は、輪島塗の艶・手触り・口当たりの良さに現れ、人々を魅了し続けています。

購入意欲度NO.1とは、買ってみたいものNO.1です。欲しいものNO.1と言ってもいいかもしれませんね。
数多い輪島塗の中でも、手ごろな価格で使いやすく、使用頻度が多く、末永く愛用してもらえるもの、、、。

そこで、父の日のプレゼント(贈物)に、輪島塗のコップはいかがでしょうか?
母の日にも、結婚祝いにも。

ギフトには、自分で買うにはちょっと高級すぎても、大切な方へのプレゼントなら、ちょっといいものを、と思われる方が多いようです。
普段使いの輪島塗なら、きっとお喜びいただけることでしょう。

手に取れば、よさはおのずと伝わります。
貴方の気持ちも伝えます。

ご注文・お問い合わせはお気軽に、こちらからどうぞ


輪島漆器大雅堂のショッピングサイトはこちらです。