半月弁当箱
弁当箱
梨子地(なしじ)半月型弁当箱は、弧を描く曲線が優しい印象の、半月型弁当箱です。

梨子地とは、粗い金粉を塗面に蒔いて漆を塗り込んで研ぎ、
磨き上げる輪島塗の技法です。

金粉が立ったり寝たりしているので、光の当たり具合によって、きらきらと美しく輝きます。

梨の実の細かい斑点の風合いが、名前の由来です。
最近は、漆の抗菌効果が注目され、漆の弁当箱が見直され始めています。
軽さ・美しさだけでなく、機能性にも優れている弁当箱です。


nasiji4.jpg

輪島塗の半月弁当箱で、いつものお弁当が、ぐっと美味しくなりますよ。
お家でのお食事も、お弁当箱につめると楽しくなります。
子供の頃、お弁当箱のふたをぱっとあけた時に「わーっ」声を出してしまう程うれしかったのをおぼえていますか?あの感じです。

お子さまランチもお弁当箱で、子供達も大喜び。
子供達にこそ良いものの感触を肌で感じて欲しい、心も豊かに食事を楽しんで欲しいな、と思います。そして、ものを大切に使い続けることを実践して欲しい、と思います。

この梨子地・半月型弁当箱は、容量が多くたっぷり入ります。
でも、食事の量は個人差があるもの。
ふんわりと詰めると、弁当箱の中の黒塗りが見えて、輪島塗の雰囲気が食事の味をいっそう引き立てます。

この半月型弁当箱の中の黒塗りの仕切りは、取り外しができます。
重箱のように、赤飯や混ぜご飯をたっぷり盛り付けたりして、使うのも良し、蓋があるので便利です。

弁当箱

ある研究者によると、同じ物を同じように調理しても、良い器で食べれば美味しく感じるのはもちろんのこと、消化吸収ぐんとも良いとか。
良い器で食べている人の方が、より健康になる!そうです。うれしいですね。

ご注文・お問い合わせはお気軽に、こちらからどうぞ


輪島漆器大雅堂のショッピングサイトはこちらです。