棗(なつめ)八橋蒔絵

八橋の図は、尾形光琳作の国宝:八橋蒔絵螺鈿硯箱が有名な、

燕子花(かきつばた)の群生する川辺で、望郷の歌を詠んだという

「伊勢物語」在原業平・東下りの一節の情景を現した意匠です。

金をふんだんに使った豪華な棗です。

 

24決算セール該当商品

棗(なつめ)八橋蒔絵

八橋蒔絵は、橋と燕子花の模様が、棗全体のどこからも見えるように

全体に蒔絵した豪華な棗です。

黒塗りに、八橋の金蒔絵を描いて、

全体に金を蒔き、影を感じさせて、水面を表現しています。

棗(なつめ)八橋蒔絵

棗・八橋蒔絵の内側は、梨子地(なしじ)仕上げです。

棗(なつめ)八橋蒔絵

梨子地とは

粗い金粉や錫粉を塗面に蒔いて漆を塗り込んで研ぎ、

磨き上げる輪島塗の技法です。

金粉や錫粉が立ったり寝たりしているので、

光の当たり具合によって、きらきらと美しく輝きます。

棗(なつめ)八橋蒔絵

棗(なつめ)八橋蒔絵

棗(なつめ)内梨子地・八橋蒔絵 2寸6分 1,155,000円(税込)

輪島漆器大雅堂のショッピングサイトはこちらです。 http://www.wajimanuri.net/

お問い合わせはお気軽に、こちらからどうぞ

◎棗の修理につきまして

大切にお使いいただいている棗(なつめ)でも、
長い年月ご愛用いただくうち、使い傷はどうしてもついてしまいます。

使いなじんできただけに、修理して使い続けたいものです。

そんな時は、お気軽に修理のご相談を。

傷に応じて、御見積のうえ修理致します。

棗(なつめ)が、塗り直してしまうほどになった場合は、
その際に思い切ってリフォームという方法もあります。

棗(なつめ)の、模様を変えたり、色を変えたり、いかようにもできます。

また新たな気持ちで、お使いいただけます。
お気軽にご相談くださいませ。