漆額パネル1号・虎沈金
漆額パネル1号・虎沈金
漆額・とら沈金は、1号サイズの扱いやすい大きさのパネルです。
お部屋や玄関・廊下など、お好きな場所に気軽に飾って、架け替えも簡単。

虎は、額の縞模様が「王」の字に似ていることもあり、
「野獣の王」と言われます。

古来より大陸では、門戸の側柱に虎の絵を貼れば、
悪霊を追い払う、とされています。

漆黒の漆板に、金色の雄々しく美しい虎(トラ)沈金。

この虎(トラ)沈金は、

漆黒の漆に、金色の毛並みが美しい虎を 沈金の技で表現しています。

様々な形状ののみを巧みにあやつり、

虎の部分部分で仕上がりを考えながら彫り方を変えています

虎の毛は、ふわりと柔らかさを、 目は、きりっと精悍で立体感を、

きばや爪は、鋭く印象的に表現。

また、金や銀を効果的に使い分けて、虎を生き生きと表現しています。

漆額パネル1号・虎沈金

沈金は輪島ならではの加飾の技。

沈金とは、

のみで漆の塗面を彫り込み、金銀の箔や粉を埋める技法です。

この沈金は、漆の塗厚が十分でなければ深彫りできず生かされません

漆の肌に刃先で彫り込んだ繊細な線画で、

自在な加飾ができる沈金は、

しっかりした下地にささえられた厚みのある上塗りの、

輪島ならではの技法です。

虎の精悍で美しい姿は、古来より人々を魅了してきました。

中国では、虎は「霊力ある瑞祥のもの」とされ、

四神(青龍・白虎・朱雀・玄武)に数えられ、 西方の守護神でありました。

日本の誇る画家、かの円山応挙の手による虎は有名です。

その当時日本では、生きた虎を見られなかったそうです。

漆額パネル1号・虎沈金

「虎は生まれて三日にして牛を食らうの気あり」

「虎視眈眈(こしたんたん)」

「虎穴に入らずんば、虎子を得ず」

などなど、虎に関することわざや慣用句は多数です。

虎の堂々たる勢いに、あやかりたいものです。

沈金は、東恒博(ひがしつねひろ) 作家紹介はこちら

季節や行事などによって、気軽に掛け替えられ、

お部屋の雰囲気をがらりと変えることができる漆額パネルは、

贈り物や記念品にも好評です。

輪島漆器大雅堂のショッピングサイトはこちらです。http://www.wajimanuri.net/