コーヒーカップ春秋蒔絵
コーヒーカップ春秋蒔絵
輪島塗のコーヒーカップ。
輪島塗のイメージは赤と黒でしょうか。この赤と黒では、コーヒーの色が見えず、
色を楽しむことができません。
香りだけでなく、色もお楽しみいただけるように、漆の色では大変難しい「白」を、
コーヒーカップの内側に塗仕上げました。
「白」といっても、漆はもともと茶褐色。ですから、漆の白は、肌色に近いベージュ色。

コーヒーカップ春秋蒔絵
コーヒーカップ春秋蒔絵

輪島塗の特性の一つ、断熱性をいかし、熱いコーヒーを、熱いままお楽輪島塗コーヒーカップ。
このコーヒーカップは、お取り扱いも簡単です。
極上のコーヒータイムを、春秋蒔絵のコーヒーカップで。

このコーヒーカップは、輪島塗の特性を生かして作られています。
その特性は、軽いこと、そして保温性の良いことです。
このコーヒーカップが、軽いのは天然木造りの輪島塗だから。
保温性が良いから熱い飲み物は熱いまま美味しく召し上がって頂けます。

コーヒーカップ春秋蒔絵

また、輪島塗コーヒーカップは、手に熱くありません。輪島塗は熱を通しにくいのです。

皿は、カップのための一段下げた部分を作りませんでした。
皿単独で、お菓子やケーキをのせて使っていただけるように、と考えています。
高価な食器です。
有効に使いまわして、ふんだんに使っていただけたら、と思っています。

コーヒーカップ春秋蒔絵

コーヒーカップ春秋蒔絵

輪島塗のコーヒーカップは、漆のにおいがするのでは?とご心配になるかも知れませんが、漆は塗り立ての時は、やはりにおいが強いです。
ですが、時と共にうすれ、いつかはにおいが無くなります。

昔は「ぬか」に入れておくとにおいが取れるといいました。
最近は「ぬか」が手近にないかもしれません。

お酢を薄めた水で洗って、熱くした布巾で拭いてください。
アルコールで拭いてもにおいが取れます。
しばらく風通しの良いところに置いておくだけでも効果があります。

春秋蒔絵とは、桜と紅葉を組み合わせた蒔絵のことです。

コーヒーカップ春秋蒔絵

コーヒーカップ春秋蒔絵

共に有るはずのない桜と紅葉を、一緒に見ることが出来れば、と思うわがままな私達の夢を描いた美しい蒔絵です。

コーヒーカップの赤と黒には、ともに春秋蒔絵を施していますが、よく見ると少し違う模様になっています。
赤は桜を、黒は紅葉を、それぞれメインに描いています。

コーヒーカップ春秋蒔絵

コーヒーカップ春秋蒔絵

また、春の桜と秋の紅葉が共に描かれているということは季節感が幻なので、季節に関係なくお使い頂きたいコーヒーカップです。

想像にのみ存在する、現実を忘れるような夢の景色。

桜や紅葉は、金と色漆を巧みに使った、大変美しい鮮やかな色合いで描かれています。

コーヒーカップ春秋蒔絵

コーヒーカップ春秋蒔絵

このコーヒーカップは、陶器や磁器と違って、落としたからガチャーンと、消えてなくなることはありません。
輪島塗は修理ができますから、「一生使える器」 です。

しかし、天然木天然漆を使って作り出される輪島塗は、万能ではありません。
あまりにも熱いコーヒーをいれれば、その熱で内側の漆が変色してしまうこともあります。
長くお使いいただくうちに、擦り傷や使い傷が目立ってくることもあります。

末永くお使いいただくために、修理は早めにご用命ください。
修理期間も短く、修理代金も安くつきます。

また、食器洗い乾燥機はご使用にならないでください。
漆も木も、高熱や乾燥に耐えられません。

手に優しい温度で洗い方で、洗っていただければ長持ちします。

写真では、わかりづらいかもしれませんが、蒔絵部分は、艶のある呂色仕上げになっています。
(顔がうつるくらい美しいので、写真は本当に難しいのです。)

コーヒーカップ 春秋蒔絵 
カップ:直径8.5 高さ7.2 cm 皿:直径16 高さ1.8 cm

黒1客桐箱入り 168,000円
赤1客桐箱入り 168,000円

お問い合わせはお気軽に、こちらからどうぞ