文箱 扇面源氏香蒔絵
文箱 扇面源氏香蒔絵
輪島塗半額セール

「源氏香(げんじこう)」とは

平安朝の雅な香の漂う王朝絵巻 「源氏物語」 の名にちなんだ「源氏香」は、
香道の多くある中でも最も有名なもの。

源氏五十四帖に対応させられる「源氏香図」は、五本の線から成る洗練されたデザインが好まれ、
様々な物の柄に、広く用いられています。

文箱・扇面源氏香蒔絵は、源氏五十四帖を象徴する図を、
縁起のいい扇の柄として、2扇、美しく蒔絵しました。

文箱 扇面源氏香蒔絵

扇面(扇)は、日本で作られた日本特有のもので、
末が広がる形から 「末広」 ともいい、

発展や拡大を意味する縁起のよいもの

とされ、古来より愛され続ける吉祥模様です。

この文箱・扇面源氏香蒔絵は、古典でありながら

末永く愛され続ける、美しい蒔絵の文箱です。

文箱は、大切な手紙や書類を入れる箱です。

文箱 せせらぎ蒔絵は、大体「B5版」の用紙が入る大きさです。

文箱は、座敷・書院や違い棚に飾る飾箱としても、

使われています。

日記や自分史を入れる箱としてもちょうどよさそうです。

文箱 扇面源氏香蒔絵

取り扱いは簡単です。

文箱 扇面源氏香蒔絵のお手入れは、柔らかい布で拭いてください。
水洗い・水拭きも、もちろん大丈夫です。

輪島塗が一番苦手なのは、紫外線です。
紫外線にあたり続けると、漆は変質し、劣化します。
直射日光のあたる場所には長くおかないでくださいね。

長い間仕舞われる場合は、乾燥が苦手ですので、
部屋の乾燥しにくい、低い場所に、保管してください。

しかし、どんなに気をつけていても、
長い年月ご愛用いただくうち、使い傷はどうしてもついてしまいます。

使いなじんできただけに、修理して使い続けたいものです。

そんな時は、お気軽に修理のご相談を。

傷に応じて、御見積のうえ修理致します。

本堅地の輪島塗は、丈夫な下地に塗り重ねた輪島塗だからこそ、
痛みの度合いに応じて、工程をさかのぼって修理ができます。

輪島塗は、約600年の歴史を持つ、JAPANとも呼ばれる漆器の最高峰です

その工程は、23工程・124以上の手数を経て作り出され、
堅牢さと優美さを兼ね備えた日本の誇る伝統工芸です。

600年の歴史は、脈々と今日に受け継がれ、数多くの職人達の腕に宿っています。

文箱 扇面源氏香蒔絵   23×29×6.5cm  577,500円

お問い合わせはお気軽に、こちらからどうぞ