特注・雅楽の笛用の笛筒(連筒)
特注・雅楽の笛用の笛筒(連筒)
輪島塗を愛して、かわいがってくださるお客様から、
さまざまな特注・特別注文をお受けすることがあります。
御自宅やオフィスの部屋の大きさに合わせた家具や額、
大きさや厚み・蒔絵沈金をお使いになる方に合わせた椀や盆、などの食器、など。

「自分の大切なものと、輪島塗を組み合わせたらどうなるだろう」
そんな自由な発想で、おもしろい輪島塗を製作させていただくことがあり、
特に初めての場合は、熟練の塗師屋も、智慧を絞り工夫を凝らして、挑戦します。

この度は、雅楽の奏者であるお客様より、雅楽の笛を入れるケース(連筒)を
輪島塗に、との御注文をいただきました。
大変いいものになりました。

特注・特別注文の場合は、まず、お客様のご希望のイメージを、よくうかがうことから始めます。

様々な蒔絵や沈金の図・塗の見本などもご覧いただき、光具合や質感もご確認いただきます。

特に初めて製作するものは、「こんな風になります」という見本がないので、
図をかいたり、さまざまな見本をご覧いただいたりして、仕上がりを想像しながら
じっくりご相談させていただきます。

特注・雅楽の笛用の笛筒(連筒)

その際には、お客様からもイメージに近い図や写真などを見せていただけると、
より分かりやすいです。もちろん、ぼんやりとしたイメージだけでも、大丈夫です。

また、ご予算がお決まりでしたら、ご相談いただけましたら、出来る限りご希望に添えますよう、
図や技法・形をご提案できます。

特注・雅楽の笛用の笛筒(連筒)

この度のご希望は、

「お客様がお好きな、ふすま絵の龍を、色とともに笛筒に表現したい」
「漆の白で、白い龍と波を描く」
「ひも通しの金具を、龍の図にちなんだもので、特注する」

でした。

漆の白は、大変難しい色です。

漆はもともとは、茶褐色です。茶褐色に様々な方法で黒・朱などの色を出すのですが、
白はどうしても、茶色味がかった色になり、絵具の白のようにはできません。

しかし、美しい白に仕上げることができました。

そこには、見た目では分からない、ある工夫を凝らしてあります。

特注・雅楽の笛用の笛筒(連筒)

その工夫とは、白の発色を助けるために、金高蒔絵に白を塗りこむ方法です。
この技法により、お客様のご希望にそうことができ、大変お喜びいただけました。

漆の特徴の一つに、透明化があります。

漆は、時とともに透明度が増してきます。
漆の発色が、時とともにさえてくるのはこのためで、塗りたてよりも
時間の経過により「より白く」なっていきます。

特注・雅楽の笛用の笛筒(連筒)

金具は、蒔絵の波の形に合うように、波がしら型にいたしました。
蒔絵にも、全体の雰囲気にもしっくりくる、いい金具ができました。

また、横長の金具は、龍にちなんで龍がまとう「火炎」をデザインしました。
色は、いぶし銀とし、引き締まった印象になりました。

この金具は銀製で、形・大きさをお客様と相談して図を作ってから、
金沢の、名工として名高い金具師さんに製作を依頼しました。

一つ一つ手作りの、さすがに大変いいものを製作していただき、
素晴らしい笛筒になりました。

特注・雅楽の笛用の笛筒(連筒)

特注・雅楽の笛用の笛筒(連筒)
特注・雅楽の笛用の笛筒(連筒)

特注・雅楽の笛用の笛筒(連筒)

笛筒の底面は、お客様のご希望の、菊型の金具(銀製)を、
共に特注し、製作してもらいました。

特注・雅楽の笛用の笛筒(連筒)

この特注・笛筒の龍の図は、お客様が大変お気に召してらっしゃった、ある建物のふすま絵が元になっています。

このふすま絵に描かれた美しく優雅な龍の図の、写真をお送りいただいて、
笛筒の大きさに下図を製作しました。

特注の模様の場合は、お客様のご希望のイメージを十分お伺いし、こちらから技法や色・形などの
参考になる輪島塗見本をご覧いただき相談してまいりますので、決して難しくありません。

また、輪島塗はもともと手作業でひとつひとつ製作しています。
いわば、すべて特注ともいえます。

ですから、とても変わった形とか大きさ、とてもたくさんの金を使った蒔絵を描くとか、
通常とものすごく違う注文でない限り、特別に製作を依頼したから、特別に価格が高くなる ということはありません

末永くご愛用いただく輪島塗です。

貴方だけの特注輪島塗なら、一層愛着がわくことでしょう。

どうぞお気軽にご相談くださいませ。

特注・雅楽の笛用の笛筒(連筒)

実は、もう一つ輪島の技術を駆使した点があります。

この度の笛筒の場合は、木地は笛筒の専門のところで誂えたもので、1本筒のものを送っていただき、
木地師と塗りで、2本を一つの連筒に成型しました。

専門的なものは、専門のところで作られた木地を活かして製作することができますが、
今回は、お客様のご希望の2本1対の形の筒ができなかったそうです。

輪島には、輪島塗製作のためのあらゆる職種のプロがそろっています。
中にはもちろん、木地の専門家もたくさんおります。

木地師は、輪島塗にするためのこつもしっかり心得た、ベテランのプロばかりです。
形状に合わせて、一番得意な木地師が、責任を持って製作いたしますので、
木地からの特注も、もちろんお気軽にお任せ下さい。

特注・雅楽の笛用の笛筒(連筒)

特注・雅楽の笛用の笛筒(連筒)

この特注・笛筒は、木地の成型も合わせて、製作期間約12か月にて仕上がりました。

特注の場合は、特に時間的な余裕をいただけますと助かります。
できるだけお客様のご希望に添えるように製作したいので、相談の期間も必要だからです。

その間には観光を兼ねて、製作風景や途中経過の確認にも、ぜひお出かけください。

「こんなものができないかな?」どうぞお気軽にお問い合わせください。
誠心誠意、ご相談させていただきます。

輪島漆器大雅堂は、貴方だけの特注輪島塗の製作も得意です。

今までに見たこともないような輪島塗でも、創業大正11年の経験と豊富な知識・
優れた多数の職人たちが、貴方の思いを形にするお手伝いを致します。

輪島塗の工程は、どれをとっても一つ一つ手作りのオーダーメードと同じです。
ですから特注だから、お誂えだから、ぐんと価格が高くなるということはありません。

また、色や模様だけでなく、器物の形からお誂え可能です。
オーダーは難しくありません。
「こんな感じで、、、。」というような、頭の中のイメージからでも、段々と形にしていきます。

特注・お誂えは、お気軽にご相談くださいませ。

世界で一つの輪島塗を、貴方の思いのままに製作いたします。
輪島漆器大雅堂は、そんな楽しみな仕事が大好きです。

ご用命のほどを、心よりお待ち申し上げております。

お問い合わせはお気軽に、こちらからどうぞ