輪島塗展示会

埼玉県・熊谷市の八木橋百貨店様にて、今年も「輪島塗 大展」開催中です。

数えて、第34回。 34年もの長きにわたり、ご愛顧を賜りますことを、心より感謝申し上げます。

今年もまた、新作の輪島塗りを含め、数多くの輪島塗を、お手にとってご覧下さい。

今年は会場にて、お買い得な輪島塗福袋を、限定販売いたします。

平成20年2月21日(木)~25日(月)

沢山のご来場、心よりお待ち申し上げております。

しろがね錫布目

今年の新作は、まず、、「しろがね」錫布目・錫石目です。

銀色の艶は、錫(すず)。目の粗い麻布を用いて、錫の金属敵質感をやわらげます。

従来の輪島塗の、顔がうつる鏡面のような黒と、錫布目の銀色の対比は、シャープな印象の新しい輪島塗です。

錫の質感や艶を出すために、様々な工夫を凝らして製品化いたしました新製品です。

しろがね錫布目

この「しろがね」錫布目で、輪島塗の家具も製作いたしております。

輪島塗の家具だけでなく、壁面パネルや建築内装などにも、幅広く活躍しそうな、新製品。

また、大雅堂・社長の新製品:印籠(小さい印籠は、薬入れにぴったりのサイズ、黄門様の家紋ではありませんが、美しい蒔絵・沈金の印籠です)を、出展。うんちくを語りますよ。

八木橋百貨店 8階 カトレアホールにて、ぜひご覧下さい。

大雅堂の社長含む5名と、10トントラックいっぱいの輪島塗が、会場にてお待ち申し上げております。