fujisan280-210.jpgfujisan.jpg

私達日本人には、「苦しいときの神頼み」や「縁起かつぎ」をせずにはおれない習性があるようです。 何か大切な事をしようというとき、ピンチに立たされたとき、人生の大きな節目を迎えたとき、等々。 健康や長寿、良縁、学業成就や、商売繁盛を願うとき。 開運・招福の願いを、いつも目に付く所に飾る、衝立にしました。

「富士山蒔絵(ふじさんまきえ)」 富士山は、その美しい景観から古来より日本人にこよなく愛され続けてきた、日本の象徴ともいえる山です。
富士山は、季節や時間によって様々に姿を変えて言っています。

この衝立(ついたて)・富士山蒔絵は、富士山の雄大さを、隆々と盛り上げた蒔絵で表現した、迫力ある富士山蒔絵衝立です。
この立体感を、写真ではお伝えしきれないのが、残念です。

漆黒に映える、黄金に輝く雪をいただく銀色の富士山は、漆芸ならではの美しい文様ではないでしょうか? お手元において、この富士山蒔絵をこころゆくまでご堪能頂きたい衝立です。

漆器はいいですね。環境にも人にも優しい、そしてあたたかい。
漆(うるし)を漆塗りをもっと身近に感じて欲しい。輪島漆器大雅堂(株)の願いです。

【商品データ】
 定価 3,990,000円
 寸法 W1303 H1092 D303 mm
 素材 天然木 布着本堅地輪島塗