商品の最新情報
商品カテゴリ一覧

刀掛け(かたなかけ)オーダー沈金その2

刀掛け(かたなかけ)オーダー沈金その2

弊社・輪島漆器大雅堂(株)では、貴方だけのオリジナル・オーダー刀掛けをお作りしております。

刀掛けご自慢の刀に似合う、一段と引き立てる刀掛けをお探しではありませんか?

刀掛けのオーダー沈金について、ご紹介致します。

刀掛けには、どんなイメージをお持ちでしょうか?

刀は、武士の魂(たましい)、また、戦では、武器として・お守りとしての役割も有りました。
勇壮なイメージの刀には、龍や鷹の沈金が付けられていたようです。

また、刀掛けは武士が安らぐ場所に置かれていたことから、牡丹や蘭などの草花、装飾性の高い美しい山水沈金なども喜ばれました。

ご自慢の刀の名前や装飾からとった文様を、沈金にするのもおもしろい趣向でしょう。

貴方のお気に入りの文様や、イメージをお見せ頂ければ、図をお作りすることも出来ます。
お気軽にご相談下さい。

日本古来の「刀剣(とうけん)」が持つ、独特の風合いと迫真の美しさ。
古来、刀(かたな)は、武将の魂として大切に扱われ、命ともいわれるものでありました。
また、刀は武器としてだけではなく、魔除けや厄除けの神霊が宿るものとされてきました。

現代では、刀は芸術品として・美術品として愛され親しまれ、家運隆盛や一家安泰の願いを込めて飾られるようになり、代々受け継がれる家宝となっています。

それでは、家宝の刀を飾る、刀掛け(かたなかけ)については、ご満足のいくもをお使いでしょうか?
ご自慢の刀に似合う、素晴らしい刀掛けを、ありきたりなものでは満足できない、とお感じになってはいませんか?

輪島塗は、もともと一つ一つが完全な手作業で製作されております。
ただお一人様のためにお作りしているのと同じなのです。
ですからオーダーすると言っても、料金は、形がものすごく変わった物でない限り、そう高くなりはしないのです。お気軽にご相談下さい。

沈金とは、輪島ならではの加飾の技で、のみで漆の塗面を彫り込み、金銀の箔や粉を埋める技法です。

この沈金は、漆の塗厚が十分でなければ深彫りできず生かされません。
漆の肌に刃先で彫り込んだ繊細な線画で、自在な加飾ができる沈金は、しっかりした下地にささえられた厚みのある上塗りの、輪島ならではの技法です。

輪島塗は、約600年の歴史を持つ、JAPANとも呼ばれる漆器の最高峰です。
その工程は、23工程・124以上の手数を経て作り出され、堅牢さと優美さを兼ね備えた日本の誇る伝統工芸です。

600年の歴史は、脈々と今日に受け継がれ、数多くの職人達の腕に宿っています。
輪島の技術と知識は、ご自慢の刀のために、ご満足の行く刀掛けをお作り致します。

【商品データ】
 オーダー沈金 家紋入りの価格は、家紋の大きさや数、仕様によります。
 価格は、刀掛けの無地の価格に家紋代金を加算して計算します。
 お客様のご予算に合う家紋の数や彫り方をご紹介致しますので、お気軽にご相談下さい。


刀掛け(かたなかけ)オーダー沈金その1

刀掛け(かたなかけ)オーダー沈金(ちんきん)その1

弊社・輪島漆器大雅堂(株)では、貴方だけのオリジナル・オーダー刀掛けをお作りしております。

ご自慢の刀に似合う、一段と引き立てる刀掛けをお探しではありませんか?

刀掛けに沈金(ちんきん)を施す場合、一番多いのが家紋(かもん)です。

家紋は、大きく中央に一つ付ける場合や、小さな家紋をいくつも美しく配置する家紋散らしなどが有ります。
沈金の家紋は、同じ金でも蒔絵とは違った印象が有ります。
沈金は、のみで漆の塗面を彫るので、その角度や大きさによって様々に、金は立体的に輝きます。
また、蒔絵よりも価格が安く仕上がるのが特徴です。

家紋は、家の歴史と共に受け継がれています。まさに、家宝の刀のための刀掛けにはぴったりの装飾といえます。

また、家紋をアレンジした模様もよくあります。
家紋に、唐草や波を加えて、美しく配置した模様は、家紋と共に願いを込めた模様を加えた物です。

唐草は、連綿と続く印象の吉祥模様。波も又、寄せては返す、止むことがないことから永久に続くに繋がる吉祥模様。

日本古来の「刀剣(とうけん)」が持つ、独特の風合いと迫真の美しさ。
古来、刀(かたな)は、武将の魂として大切に扱われ、命ともいわれるものでありました。
また、刀は武器としてだけではなく、魔除けや厄除けの神霊が宿るものとされてきました。

現代では、刀は芸術品として・美術品として愛され親しまれ、家運隆盛や一家安泰の願いを込めて飾られるようになり、代々受け継がれる家宝となっています。

それでは、家宝の刀を飾る、刀掛け(かたなかけ)については、ご満足のいくもをお使いでしょうか?
ご自慢の刀に似合う、素晴らしい刀掛けを、ありきたりなものでは満足できない、とお感じになってはいませんか?

輪島塗は、もともと一つ一つが完全な手作業で製作されております。
ただお一人様のためにお作りしているのと同じなのです。
ですからオーダーすると言っても、料金は、形がものすごく変わった物でない限り、そう高くなりはしないのです。お気軽にご相談下さい。

沈金とは、輪島ならではの加飾の技で、のみで漆の塗面を彫り込み、金銀の箔や粉を埋める技法です。

この沈金は、漆の塗厚が十分でなければ深彫りできず生かされません。
漆の肌に刃先で彫り込んだ繊細な線画で、自在な加飾ができる沈金は、しっかりした下地にささえられた厚みのある上塗りの、輪島ならではの技法です。

輪島塗は、約600年の歴史を持つ、JAPANとも呼ばれる漆器の最高峰です。
その工程は、23工程・124以上の手数を経て作り出され、堅牢さと優美さを兼ね備えた日本の誇る伝統工芸です。

600年の歴史は、脈々と今日に受け継がれ、数多くの職人達の腕に宿っています。
輪島の技術と知識は、ご自慢の刀のために、ご満足の行く刀掛けをお作り致します。

【商品データ】
 オーダー沈金 家紋入りの価格は、家紋の大きさや数、仕様によります。
 価格は、刀掛けの無地の価格に家紋代金を加算して計算します。
 お客様のご予算に合う家紋の数や彫り方をご紹介致しますので、お気軽にご相談下さい。


刀掛け(かたなかけ)オーダー蒔絵その2

刀掛け(かたなかけ)オーダー蒔絵(まきえ)その2

弊社・輪島漆器大雅堂(株)では、貴方だけのオリジナル・オーダー刀掛けをお作りしております。

輪島塗は、もともと一つ一つが完全な手作業で製作されております。
ただお一人様のためにお作りしているのと同じなのです。
ですからオーダーすると言っても、料金は、形がものすごく変わった物でない限り、そう高くなりはしないのです。お気軽にご相談下さい。

刀掛けのオーダー蒔絵について、ご紹介致します。

刀掛けには、どんなイメージをお持ちでしょうか?

刀は、武士の魂(たましい)、また、戦では、武器として・お守りとしての役割も有りました。
勇壮なイメージの刀には、龍や白虎の蒔絵が付けられていたようです。

また、刀掛けは武士が安らぐ場所に置かれていたことから、誰もが憧れる理想郷の美しい風景を表した山水蒔絵や、装飾性の高い美しい草花蒔絵なども喜ばれました。

ご自慢の刀の名前や装飾からとった文様を、蒔絵にするのもおもしろい趣向でしょう。

蒔絵とは、筆を使って漆で描いたものに、金を蒔きかけて(まきかけて)仕上げていく技法で、大変緻密で繊細な作業です。

蒔絵に用いられる様々な技法と金や銀・貝・箔などの材料、そして時間が美しい芸術品を生み出します。

貴方のお気に入りの文様や、イメージをお見せ頂ければ、図をお作りすることも出来ます。
お気軽にご相談下さい。

輪島塗は、約600年の歴史を持つ、JAPANとも呼ばれる漆器の最高峰です。
その工程は、23工程・124以上の手数を経て作り出され、堅牢さと優美さを兼ね備えた日本の誇る伝統工芸です。

600年の歴史は、脈々と今日に受け継がれ、数多くの職人達の腕に宿っています。
輪島の技術と知識は、ご自慢の刀のために、ご満足の行く刀掛けをお作り致します。

ご自慢の刀に似合う、一段と引き立てる刀掛けをお探しではありませんか?

日本古来の「刀剣(とうけん)」が持つ、独特の風合いと迫真の美しさ。
古来、刀(かたな)は、武将の魂として大切に扱われ、命ともいわれるものでありました。
また、刀は武器としてだけではなく、魔除けや厄除けの神霊が宿るものとされてきました。

現代では、刀は芸術品として・美術品として愛され親しまれ、家運隆盛や一家安泰の願いを込めて飾られるようになり、代々受け継がれる家宝となっています。

それでは、家宝の刀を飾る、刀掛け(かたなかけ)については、ご満足のいくもをお使いでしょうか?
ご自慢の刀に似合う、素晴らしい刀掛けを、ありきたりなものでは満足できない、とお感じになってはいませんか?

【商品データ】
 オーダー蒔絵刀掛けの価格は、蒔絵の仕様によります。
 価格は、刀掛けの無地の価格に蒔絵代金を加算して計算します。
 お客様のご予算に合う蒔絵や描き方をご紹介致しますので、お気軽にご相談下さい。


刀掛け(かたなかけ)オーダー蒔絵その1

刀掛け(かたなかけ)オーダー蒔絵(まきえ)その1

弊社・輪島漆器大雅堂(株)では、貴方だけのオリジナル・オーダー刀掛けをお作りしております。

輪島塗は、もともと一つ一つが完全な手作業で製作されております。
ただお一人様のためにお作りしているのと同じなのです。
ですからオーダーすると言っても、料金は、形がものすごく変わった物でない限り、そう高くなりはしないのです。

刀掛けのオーダー蒔絵について、ご紹介致します。

刀掛けに蒔絵を付ける場合、一番多いのが家紋(かもん)です。

家紋は、大きく中央に一つ付ける場合や、小さな家紋をいくつも美しく配置する家紋散らしなどが有ります。家紋散らしの場合、様々な蒔絵の技法を使って、それぞれ印象の違う家紋を散らすことも出来ます。(金にも沢山の種類があります。)

家紋は、家の歴史と共に受け継がれています。まさに、家宝の刀にはぴったりの装飾といえます。

また、家紋をアレンジした模様もよくあります。
家紋に、唐草や波を加えて、美しく配置した模様は、家紋と共に願いを込めた模様を加えた物です。

唐草は、連綿と続く印象の吉祥模様。波も又、寄せては返す、止むことがないことから永久に続くに繋がる吉祥模様。

家運隆盛や、代々の繁栄の願いを込めた模様です。

輪島塗は、約600年の歴史を持つ、JAPANとも呼ばれる漆器の最高峰です。
その工程は、23工程・124以上の手数を経て作り出され、堅牢さと優美さを兼ね備えた日本の誇る伝統工芸です。

600年の歴史は、脈々と今日に受け継がれ、数多くの職人達の腕に宿っています。
輪島の技術と知識は、ご自慢の刀のために、ご満足の行く刀掛けをお作り致します。

ご自慢の刀に似合う、一段と引き立てる刀掛けをお探しではありませんか?

日本古来の「刀剣(とうけん)」が持つ、独特の風合いと迫真の美しさ。
古来、刀(かたな)は、武将の魂として大切に扱われ、命ともいわれるものでありました。
また、刀は武器としてだけではなく、魔除けや厄除けの神霊が宿るものとされてきました。

現代では、刀は芸術品として・美術品として愛され親しまれ、家運隆盛や一家安泰の願いを込めて飾られるようになり、代々受け継がれる家宝となっています。

それでは、家宝の刀を飾る、刀掛け(かたなかけ)については、ご満足のいくもをお使いでしょうか?
ご自慢の刀に似合う、素晴らしい刀掛けを、ありきたりなものでは満足できない、とお感じになってはいませんか?

【商品データ】
 オーダー蒔絵 家紋入りの価格は、家紋の大きさや数、仕様によります。
 価格は、刀掛けの無地の価格に家紋代金を加算して計算します。
 お客様のご予算に合う家紋の数や描き方をご紹介致しますので、お気軽にご相談下さい。


刀掛け(かたなかけ)黒呂色太刀掛

刀掛け(かたなかけ)黒呂色太刀掛(くろろいろたちかけ)

輪島塗の製作には、工程の数だけ時間がかかります。しかし昨今は、物のあふれる時代。
そして、通信も流通も乗り物も、何もかもがスピード時代。
輪島塗も、「今すぐ欲しい」といわれます。
しかし、工程を減らしたり割愛したり、天然漆を使わなかったりすれば、それはもう輪島塗ではありません。

そこで私共・塗師屋(ぬしや)は、途中の工程まで完成させた物を在庫しておいて、仕上げの仕方(黒呂色でも朱ぬりでも蒔絵でも沈金でも)を決めて頂き、制作する方法をとっています。

例えば、輪島塗の椀でも仕上がるまで半年かかりますが、仕上げだけですと、そう永くお待たせせずにすみます。
また、どんな仕上げにも対応できます。

というわけで、現在、刀掛け(かたなかけ)黒呂色太刀掛の現物はありませんが(写真は梨子地です)、ご用命頂けましたら1ヶ月ほどで納品できます。

写真は梨子地を施した物ですが、この刀掛けを黒呂色にすると、また違った趣が有ります。
表面は呂色仕上げですので、刀掛けの支柱部分が、台に映り込んで見えています。

呂色(ろいろ)とは
上塗りを終えた後(黒漆で上塗り後)、研磨と生漆をすり込む工程を繰り返し、艶(光沢)をあげる仕上げのこと。
顔が映り込むほど、まるで鏡面のように美しく仕上がります。


輪島塗は、約600年の歴史を持つ、JAPANとも呼ばれる漆器の最高峰です。
その工程は、23工程・124以上の手数を経て作り出され、堅牢さと優美さを兼ね備えた日本の誇る伝統工芸です。

600年の歴史は、脈々と今日に受け継がれ、数多くの職人達の腕に宿っています。
輪島の技術と知識は、ご自慢の刀のために、ご満足の行く刀掛けをお作り致します。


ご自慢の刀に似合う、一段と引き立てる刀掛けをお探しではありませんか?

日本古来の「刀剣(とうけん)」が持つ、独特の風合いと迫真の美しさ。
古来、刀(かたな)は、武将の魂として大切に扱われ、命ともいわれるものでありました。
また、刀は武器としてだけではなく、魔除けや厄除けの神霊が宿るものとされてきました。

現代では、刀は芸術品として・美術品として愛され親しまれ、家運隆盛や一家安泰の願いを込めて飾られるようになり、代々受け継がれる家宝となっています。

それでは、家宝の刀を飾る、刀掛け(かたなかけ)については、ご満足のいくもをお使いでしょうか?
ご自慢の刀に似合う、素晴らしい刀掛けを、ありきたりなものでは満足できない、とお感じになってはいませんか?

輪島の家具の自慢は、見えない部分も輪島塗であることです。
足の裏側も、天板の裏側も、すべて輪島塗。ですから、どこから見ても輪島塗。

刀にも、床の間にも、やさしいのです。お手入れも簡単です。

【商品データ】
 定価 609,000円
 寸法 W286 D333 H730 mm
 素材 天然木 布着本堅地輪島塗


刀掛け(かたなかけ)真塗り太刀掛

刀掛け(かたなかけ)真塗り太刀掛(しんぬりたちかけ)

写真は梨子地を施した物ですが、この刀掛けを真塗りにすると、また違った趣が有ります。
真塗りは、輪島塗の中では一番お求めやすい価格の塗の技法です。

真塗りとは、黒漆で上塗りしたもの(呂色仕上げをしていない、塗り立て)のことです。
漆の素朴さや、温かさが、一層伝わってくる技法です。
漆黒の刀掛けは、貴方のご自慢の刀を、一段と引き立てます。

輪島塗の製作には、工程の数だけ時間がかかります。しかし昨今は、物のあふれる時代。
そして、通信も流通も乗り物も、何もかもがスピード時代。
輪島塗も、「今すぐ欲しい」といわれます。
しかし、工程を減らしたり割愛したり、天然漆を使わなかったりすれば、それはもう輪島塗ではありません。

そこで私共・塗師屋(ぬしや)は、途中の工程まで完成させた物を在庫しておいて、仕上げの仕方(黒呂色でも朱ぬりでも蒔絵でも沈金でも)を決めて頂き、制作する方法をとっています。

例えば、輪島塗の椀でも仕上がるまで半年かかりますが、仕上げだけですと、そう永くお待たせせずにすみます。
また、どんな仕上げにも対応できます。

というわけで、現在、刀掛け(かたなかけ)真塗り太刀掛の現物はありませんが(写真は梨子地です)、ご用命頂けましたら1ヶ月ほどで納品できます。

輪島塗は、約600年の歴史を持つ、JAPANとも呼ばれる漆器の最高峰です。
その工程は、23工程・124以上の手数を経て作り出され、堅牢さと優美さを兼ね備えた日本の誇る伝統工芸です。

600年の歴史は、脈々と今日に受け継がれ、数多くの職人達の腕に宿っています。
輪島の技術と知識は、ご自慢の刀のために、ご満足の行く刀掛けをお作り致します。


ご自慢の刀に似合う、一段と引き立てる刀掛けをお探しではありませんか?

日本古来の「刀剣(とうけん)」が持つ、独特の風合いと迫真の美しさ。
古来、刀(かたな)は、武将の魂として大切に扱われ、命ともいわれるものでありました。
また、刀は武器としてだけではなく、魔除けや厄除けの神霊が宿るものとされてきました。

現代では、刀は芸術品として・美術品として愛され親しまれ、家運隆盛や一家安泰の願いを込めて飾られるようになり、代々受け継がれる家宝となっています。

それでは、家宝の刀を飾る、刀掛け(かたなかけ)については、ご満足のいくもをお使いでしょうか?
ご自慢の刀に似合う、素晴らしい刀掛けを、ありきたりなものでは満足できない、とお感じになってはいませんか?

輪島の家具の自慢は、見えない部分も輪島塗であることです。
足の裏側も、天板の裏側も、すべて輪島塗。ですから、どこから見ても輪島塗。

刀にも、床の間にも、やさしいのです。お手入れも簡単です。

【商品データ】
 定価 504,000円
 寸法 W286 D333 H730 mm
 素材 天然木 布着本堅地輪島塗


刀掛け(かたなかけ)3本掛け黒呂色

刀掛け(かたなかけ)3本掛け黒呂色(3ほんかけくろろいろ)

日本古来の「刀剣(とうけん)」が持つ、独特の風合いと迫真の美しさ。
古来、刀(かたな)は、武将の魂として大切に扱われ、命ともいわれるものでありました。
また、刀は武器としてだけではなく、魔除けや厄除けの神霊が宿るものとされてきました。

現代では、刀は芸術品として・美術品として愛され親しまれ、家運隆盛や一家安泰の願いを込めて飾られるようになり、代々受け継がれる家宝となっています。

それでは、家宝の刀を飾る、刀掛け(かたなかけ)については、ご満足のいくもをお使いでしょうか?
ご自慢の刀に似合う、素晴らしい刀掛けを、ありきたりなものでは満足できない、とお感じになってはいませんか?

写真は葵蒔絵を施した物ですが、この刀掛けを黒呂色にすると、また違った趣が有ります。

呂色(ろいろ)とは
上塗りを終えた後(黒漆で上塗り後)、研磨と生漆をすり込む工程を繰り返し、艶(光沢)をあげる仕上げのこと。
顔が映り込むほど、まるで鏡面のように美しく仕上がります。

輪島塗の製作には、工程の数だけ時間がかかります。しかし昨今は、物のあふれる時代。
そして、通信も流通も乗り物も、何もかもがスピード時代。
輪島塗も、「今すぐ欲しい」といわれます。
しかし、工程を減らしたり割愛したり、天然漆を使わなかったりすれば、それはもう輪島塗ではありません。

そこで私共・塗師屋(ぬしや)は、途中の工程まで完成させた物を在庫しておいて、仕上げの仕方(黒呂色でも朱ぬりでも蒔絵でも沈金でも)を決めて頂き、制作する方法をとっています。

例えば、輪島塗の椀でも仕上がるまで半年かかりますが、仕上げだけですと、そう長くお待たせせずにすみます。
また、どんな仕上げにも対応できます。

というわけで、現在、刀掛け(かたなかけ)3本掛け黒呂色の現物はありませんが(写真は葵蒔絵です)、ご用命頂けましたら1ヶ月ほどで納品できます。

輪島の家具の自慢は、見えない部分も輪島塗であることです。
足の裏側も、天板の裏側も、すべて輪島塗。ですから、どこから見ても輪島塗。

輪島塗の刀掛けは、刀にも、床の間にも、やさしいのです。お手入れも簡単です。

ご自慢の刀に似合う、一段と引き立てる刀掛けをお探しではありませんか?

輪島塗は、約600年の歴史を持つ、JAPANとも呼ばれる漆器の最高峰です。
その工程は、23工程・124以上の手数を経て作り出され、堅牢さと優美さを兼ね備えた日本の誇る伝統工芸です。

600年の歴史は、脈々と今日に受け継がれ、数多くの職人達の腕に宿っています。
輪島の技術と知識は、ご自慢の刀のために、ご満足の行く刀掛けをお作り致します。

輪島の家具の自慢は、見えない部分も輪島塗であることです。
足の裏側も、天板の裏側も、すべて輪島塗。ですから、どこから見ても輪島塗。

刀にも、床の間にも、やさしいのです。お手入れも簡単です。

【商品データ】
 定価 682,500円
 寸法 
 素材 天然木 布着本堅地輪島塗


刀掛け(かたなかけ)3本掛け真塗り

刀掛け(かたなかけ)3本掛け真塗り(3ほんかけしんぬり)

日本古来の「刀剣(とうけん)」が持つ、独特の風合いと迫真の美しさ。
古来、刀(かたな)は、武将の魂として大切に扱われ、命ともいわれるものでありました。
また、刀は武器としてだけではなく、魔除けや厄除けの神霊が宿るものとされてきました。

現代では、刀は芸術品として・美術品として愛され親しまれ、家運隆盛や一家安泰の願いを込めて飾られるようになり、代々受け継がれる家宝となっています。

それでは、家宝の刀を飾る、刀掛け(かたなかけ)については、ご満足のいくものをお使いでしょうか?
ご自慢の刀に似合う、素晴らしい刀掛けを、ありきたりなものでは満足できない、とお感じになってはいませんか?

写真は葵蒔絵を施した物ですが、この刀掛けを真塗りにすると、また違った趣が有ります。
真塗りは、輪島塗の中では一番お求めやすい価格の塗の技法です。

真塗りとは、黒漆で上塗りしたもの(呂色仕上げをしていない、塗り立て)のことです。
漆の素朴さや、温かさが、一層伝わってくる技法です。
漆黒の刀掛けは、貴方のご自慢の刀を、一段と引き立てます。

輪島塗の製作には、工程の数だけ時間がかかります。しかし昨今は、物のあふれる時代。
そして、通信も流通も乗り物も、何もかもがスピード時代。
輪島塗も、「今すぐ欲しい」といわれます。
しかし、工程を減らしたり割愛したり、天然漆を使わなかったりすれば、それはもう輪島塗ではありません。

そこで私共・塗師屋(ぬしや)は、途中の工程まで完成させた物を在庫しておいて、仕上げの仕方(黒呂色でも朱ぬりでも蒔絵でも沈金でも)を決めて頂き、制作する方法をとっています。

例えば、輪島塗の椀でも仕上がるまで半年かかりますが、仕上げだけですと、そう永くお待たせせずにすみます。
また、どんな仕上げにも対応できます。

というわけで、現在、刀掛け(かたなかけ)3本掛け真塗りの現物はありませんが(写真は葵蒔絵です)、ご用命頂けましたら1ヶ月ほどで納品できます。

輪島の家具の自慢は、見えない部分も輪島塗であることです。
足の裏側も、天板の裏側も、すべて輪島塗。ですから、どこから見ても輪島塗。

輪島塗の刀掛けは、刀にも、床の間にも、やさしいのです。お手入れも簡単です。

ご自慢の刀に似合う、一段と引き立てる刀掛けをお探しではありませんか?

輪島塗は、約600年の歴史を持つ、JAPANとも呼ばれる漆器の最高峰です。
その工程は、23工程・124以上の手数を経て作り出され、堅牢さと優美さを兼ね備えた日本の誇る伝統工芸です。

600年の歴史は、脈々と今日に受け継がれ、数多くの職人達の腕に宿っています。
輪島の技術と知識は、ご自慢の刀のために、ご満足の行く刀掛けをお作り致します。

輪島の家具の自慢は、見えない部分も輪島塗であることです。
足の裏側も、天板の裏側も、すべて輪島塗。ですから、どこから見ても輪島塗。

刀にも、床の間にも、やさしいのです。お手入れも簡単です。

【商品データ】
 定価 525,000円
 寸法 
 素材 天然木 布着本堅地輪島塗


刀掛け(かたなかけ)梨子地3本掛け

刀掛け(かたなかけ)梨子地3本掛け(なしじ3ほんかけ)

写真は葵蒔絵を施した物ですが、この刀掛けを梨子地にすると、また違った趣が有ります。

梨子地とは、粗い金粉を塗面に蒔いて漆を塗り込んで研ぎ、磨き上げる技法です。
金粉が、立ったり寝たりしているので、光の当たり具合によって、きらきらと美しく輝きます。
梨の実の細かい斑点の風合いが、名前の由来です。
輪島塗は、可愛がっていただくほどに、艶が増し、美しくなっていきます。
漆の透明化という性質から、梨子地は時と共に益々輝きを増していきます。

輪島塗の製作には、工程の数だけ時間がかかります。しかし昨今は、物のあふれる時代。
そして、通信も流通も乗り物も、何もかもがスピード時代。
輪島塗も、「今すぐ欲しい」といわれます。
しかし、工程を減らしたり割愛したり、天然漆を使わなかったりすれば、それはもう輪島塗ではありません。

そこで私共・塗師屋(ぬしや)は、途中の工程まで完成させた物を在庫しておいて、仕上げの仕方(黒呂色でも朱ぬりでも蒔絵でも沈金でも)を決めて頂き、制作する方法をとっています。

例えば、輪島塗の椀でも仕上がるまで半年かかりますが、仕上げだけですと、そう永くお待たせせずにすみます。
また、どんな仕上げにも対応できます。

というわけで、現在、刀掛け(かたなかけ)梨子地2本掛けの現物はありませんが(梨子地の写真は1本掛けのものです)、ご用命頂けましたら1ヶ月ほどで納品できます。

輪島の家具の自慢は、見えない部分も輪島塗であることです。
足の裏側も、天板の裏側も、すべて輪島塗。ですから、どこから見ても輪島塗。

輪島塗の刀掛けは、刀にも、床の間にも、やさしいのです。お手入れも簡単です。

ご自慢の刀に似合う、一段と引き立てる刀掛けをお探しではありませんか?

輪島塗は、約600年の歴史を持つ、JAPANとも呼ばれる漆器の最高峰です。
その工程は、23工程・124以上の手数を経て作り出され、堅牢さと優美さを兼ね備えた日本の誇る伝統工芸です。

600年の歴史は、脈々と今日に受け継がれ、数多くの職人達の腕に宿っています。
輪島の技術と知識は、ご自慢の刀のために、ご満足の行く刀掛けをお作り致します。

日本古来の「刀剣(とうけん)」が持つ、独特の風合いと迫真の美しさ。
古来、刀(かたな)は、武将の魂として大切に扱われ、命ともいわれるものでありました。
また、刀は武器としてだけではなく、魔除けや厄除けの神霊が宿るものとされてきました。

現代では、刀は芸術品として・美術品として愛され親しまれ、家運隆盛や一家安泰の願いを込めて飾られるようになり、代々受け継がれる家宝となっています。

それでは、家宝の刀を飾る、刀掛け(かたなかけ)については、ご満足のいくもをお使いでしょうか?
ご自慢の刀に似合う、素晴らしい刀掛けを、ありきたりなものでは満足できない、とお感じになってはいませんか?

輪島の家具の自慢は、見えない部分も輪島塗であることです。
足の裏側も、天板の裏側も、すべて輪島塗。ですから、どこから見ても輪島塗。

刀にも、床の間にも、やさしいのです。お手入れも簡単です。

【商品データ】
 定価 1,155,000円
 寸法 
 素材 天然木 布着本堅地輪島塗


刀掛け(かたなかけ)梨子地2本掛け

刀掛け(かたなかけ)梨子地2本掛け(なしじ2ほんかけ)

梨子地とは、粗い金粉を塗面に蒔いて漆を塗り込んで研ぎ、磨き上げる技法です。
金粉が、立ったり寝たりしているので、光の当たり具合によって、きらきらと美しく輝きます。
梨の実の細かい斑点の風合いが、名前の由来です。
輪島塗は、可愛がっていただくほどに、艶が増し、美しくなっていきます。
漆の透明化という性質から、梨子地は時と共に益々輝きを増していきます。

輪島塗の製作には、工程の数だけ時間がかかります。しかし昨今は、物のあふれる時代。
そして、通信も流通も乗り物も、何もかもがスピード時代。
輪島塗も、「今すぐ欲しい」といわれます。
しかし、工程を減らしたり割愛したり、天然漆を使わなかったりすれば、それはもう輪島塗ではありません。

そこで私共・塗師屋(ぬしや)は、途中の工程まで完成させた物を在庫しておいて、仕上げの仕方(黒呂色でも朱ぬりでも蒔絵でも沈金でも)を決めて頂き、制作する方法をとっています。

例えば、輪島塗の椀でも仕上がるまで半年かかりますが、仕上げだけですと、そう永くお待たせせずにすみます。
また、どんな仕上げにも対応できます。

というわけで、現在、刀掛け(かたなかけ)梨子地2本掛けの現物はありませんが(梨子地の写真は1本掛けのものです)、ご用命頂けましたら1ヶ月ほどで納品できます。

輪島の家具の自慢は、見えない部分も輪島塗であることです。
足の裏側も、天板の裏側も、すべて輪島塗。ですから、どこから見ても輪島塗。

輪島塗の刀掛けは、刀にも、床の間にも、やさしいのです。お手入れも簡単です。

ご自慢の刀に似合う、一段と引き立てる刀掛けをお探しではありませんか?

輪島塗は、約600年の歴史を持つ、JAPANとも呼ばれる漆器の最高峰です。
その工程は、23工程・124以上の手数を経て作り出され、堅牢さと優美さを兼ね備えた日本の誇る伝統工芸です。

600年の歴史は、脈々と今日に受け継がれ、数多くの職人達の腕に宿っています。
輪島の技術と知識は、ご自慢の刀のために、ご満足の行く刀掛けをお作り致します。

日本古来の「刀剣(とうけん)」が持つ、独特の風合いと迫真の美しさ。
古来、刀(かたな)は、武将の魂として大切に扱われ、命ともいわれるものでありました。
また、刀は武器としてだけではなく、魔除けや厄除けの神霊が宿るものとされてきました。

現代では、刀は芸術品として・美術品として愛され親しまれ、家運隆盛や一家安泰の願いを込めて飾られるようになり、代々受け継がれる家宝となっています。

それでは、家宝の刀を飾る、刀掛け(かたなかけ)については、ご満足のいくもをお使いでしょうか?
ご自慢の刀に似合う、素晴らしい刀掛けを、ありきたりなものでは満足できない、とお感じになってはいませんか?

【商品データ】
 定価 1,008,000円
 寸法 W459 D203 H435 mm
 素材 天然木 布着本堅地輪島塗


刀掛け(かたなかけ)2本掛け黒呂色

刀掛け(かたなかけ)2本掛け 黒呂色(くろろいろ)

ご自慢の刀に似合う、一段と引き立てる刀掛けをお探しではありませんか?

日本古来の「刀剣(とうけん)」が持つ、独特の風合いと迫真の美しさ。
古来、刀(かたな)は、武将の魂として大切に扱われ、命ともいわれるものでありました。
また、刀は武器としてだけではなく、魔除けや厄除けの神霊が宿るものとされてきました。

現代では、刀は芸術品として・美術品として愛され親しまれ、家運隆盛や一家安泰の願いを込めて飾られるようになり、代々受け継がれる家宝となっています。

それでは、家宝の刀を飾る、刀掛け(かたなかけ)については、ご満足のいくもをお使いでしょうか?
ご自慢の刀に似合う、素晴らしい刀掛けを、ありきたりなものでは満足できない、とお感じになってはいませんか?

輪島塗は、約600年の歴史を持つ、JAPANとも呼ばれる漆器の最高峰です。
その工程は、23工程・124以上の手数を経て作り出され、堅牢さと優美さを兼ね備えた日本の誇る伝統工芸です。

600年の歴史は、脈々と今日に受け継がれ、数多くの職人達の腕に宿っています。
輪島の技術と知識は、ご自慢の刀のために、ご満足の行く刀掛けをお作り致します。

黒呂色(くろろいろ)とは
上塗りを終えた後(黒漆で上塗り後)、研磨と生漆をすり込む工程を繰り返し、艶(光沢)をあげる仕上げのこと。
顔が映り込むほど、まるで鏡面のように美しく仕上がります。

輪島の家具の自慢は、見えない部分も輪島塗であることです。
足の裏側も、天板の裏側も、すべて輪島塗。ですから、どこから見ても輪島塗。

刀にも、床の間にも、やさしいのです。お手入れも簡単です。

【商品データ】
 定価 525,000円
 寸法 W459 D203 H435 mm
 素材 天然木 布着本堅地輪島塗


刀掛け(かたなかけ)梨子地太刀掛

刀掛け(かたなかけ)梨子地太刀掛(なしじたちかけ)


輪島塗は、約600年の歴史を持つ、JAPANとも呼ばれる漆器の最高峰です。
その工程は、23工程・124以上の手数を経て作り出され、堅牢さと優美さを兼ね備えた日本の誇る伝統工芸です。

600年の歴史は、脈々と今日に受け継がれ、数多くの職人達の腕に宿っています。
輪島の技術と知識は、ご自慢の刀のために、ご満足の行く刀掛けをお作り致します。

梨子地とは、粗い金粉を塗面に蒔いて漆を塗り込んで研ぎ、磨き上げる技法です。
金粉が、立ったり寝たりしているので、光の当たり具合によって、きらきらと美しく輝きます。
梨の実の細かい斑点の風合いが、名前の由来です。


ご自慢の刀に似合う、一段と引き立てる刀掛けをお探しではありませんか?

日本古来の「刀剣(とうけん)」が持つ、独特の風合いと迫真の美しさ。
古来、刀(かたな)は、武将の魂として大切に扱われ、命ともいわれるものでありました。
また、刀は武器としてだけではなく、魔除けや厄除けの神霊が宿るものとされてきました。

現代では、刀は芸術品として・美術品として愛され親しまれ、家運隆盛や一家安泰の願いを込めて飾られるようになり、代々受け継がれる家宝となっています。

それでは、家宝の刀を飾る、刀掛け(かたなかけ)については、ご満足のいくもをお使いでしょうか?
ご自慢の刀に似合う、素晴らしい刀掛けを、ありきたりなものでは満足できない、とお感じになってはいませんか?

刀掛けの台は、平面に梨子地が美しい、優雅な仕上がりです。
刀を預ける穴も、美しい梨子地を施しています。

表面は呂色仕上げですので、刀掛けの支柱部分が、台に映り込んで見えています。

呂色(ろいろ)とは
上塗りを終えた後(黒漆で上塗り後)、研磨と生漆をすり込む工程を繰り返し、艶(光沢)をあげる仕上げのこと。
顔が映り込むほど、まるで鏡面のように美しく仕上がります。

輪島の家具の自慢は、見えない部分も輪島塗であることです。
足の裏側も、天板の裏側も、すべて輪島塗。ですから、どこから見ても輪島塗。

刀にも、床の間にも、やさしいのです。お手入れも簡単です。

【商品データ】
 定価 1,008,000円
 寸法 W286 D333 H730 mm
 素材 天然木 布着本堅地輪島塗


刀掛け(かたなかけ)2本掛け真塗り

刀掛け(かたなかけ)真塗り 2本掛け

真塗りとは、黒漆で上塗りしたもの(呂色仕上げをしていない、塗り立て)のことです。
漆の素朴さや、温かさが、一層伝わってくる技法です。
漆黒の刀掛けは、貴方のご自慢の刀を、一段と引き立てます。
真塗りは、輪島塗で一番お求めやすい価格の塗の技法です。

細かい部分にもこだわりがあります。刀掛けをささえる足の部分は、曲面を取り入れています。
曲面は、漆の美しさを際だたせる形。刀掛けに、柔らかい表情を加味します。

輪島塗は、約600年の歴史を持つ、JAPANとも呼ばれる漆器の最高峰です。
その工程は、23工程・124以上の手数を経て作り出され、堅牢さと優美さを兼ね備えた日本の誇る伝統工芸です。

600年の歴史は、脈々と今日に受け継がれ、数多くの職人達の腕に宿っています。
輪島の技術と知識は、ご自慢の刀のために、ご満足の行く刀掛けをお作り致します。

ご自慢の刀に似合う、一段と引き立てる刀掛けをお探しではありませんか?

日本古来の「刀剣(とうけん)」が持つ、独特の風合いと迫真の美しさ。
古来、刀(かたな)は、武将の魂として大切に扱われ、命ともいわれるものでありました。
また、刀は武器としてだけではなく、魔除けや厄除けの神霊が宿るものとされてきました。

現代では、刀は芸術品として・美術品として愛され親しまれ、家運隆盛や一家安泰の願いを込めて飾られるようになり、代々受け継がれる家宝となっています。

それでは、家宝の刀を飾る、刀掛け(かたなかけ)については、ご満足のいくもをお使いでしょうか?
ご自慢の刀に似合う、素晴らしい刀掛けを、ありきたりなものでは満足できない、とお感じになってはいませんか?

輪島の家具の自慢は、見えない部分も輪島塗であることです。
足の裏側も、天板の裏側も、すべて輪島塗。ですから、どこから見ても輪島塗。

刀にも、床の間にも、やさしいのです。お手入れも簡単です。

【商品データ】
 定価 420,000円
 寸法 W459 D203 H435 mm
 素材 天然木 布着本堅地輪島塗


刀掛け(かたなかけ)葵蒔絵

刀掛け(かたなかけ)葵蒔絵(あおいまきえ)3本掛け

葵(あおい)は、日本で生まれ発達した数少ない吉祥文様のひとつです。(大半は大陸から伝来した)

最初は有職文様(ゆうそくもんよう)として、主に公家の衣服や調度品に取り入れられていました。

江戸時代には、徳川家の家紋(葵巴)となり高貴な文様とみなされ、一般にはほとんど用いられなくなった文様です。

この刀掛けは、葵(あおい)を贅沢に全体に散らし、華やかに蒔絵した美しい刀掛けです。
葵の側には、唐草を美しく配しています。

唐草は、連綿と末永くつづくことを意味する、古来より愛され続ける吉祥模様です。

どこから見ても、美しい蒔絵が見えます。

輪島の家具の自慢は、見えない部分も輪島塗であることです。
足の裏側も、天板の裏側も、すべて輪島塗。ですから、どこから見ても輪島塗。

刀にも、床の間にも、やさしいのです。お手入れも簡単です。

【商品データ】
 定価 945,000円
 寸法
 素材 天然木 布着本堅地輪島塗


刀掛け(かたなかけ)外国にて絶賛

刀掛け(かたなかけ)外国にて絶賛

刀掛けに限らず、日本の工芸品は、古くより外国でも絶賛されています。

外国のオークションや古美術商には、有名な陶器や宝石メーカーのものと並んで、日本の工芸品が出品されています。

また、外国のコレクターの本も数多く出版されています。

日本の芸術的な仕事の数々は、その緻密さ・美しさから絶賛され、今日に伝えられています。

刀掛けもその内の一つで、外国のオークション誌に掲載されていた刀掛けを見つけました。

弊社の定番の刀掛けの中には、こんなに凝ったデザインのものは有りませんが(写真右上は弊社の定番に似ています)、オーダーを頂きましたら、写真の刀掛けに負けない刀掛けを制作致します。

特別注文は、得意で大好きです(形から蒔絵まで何なりと)。

ご自慢の刀に似合う、一段と引き立てる刀掛けをお探しではありませんか?

日本古来の「刀剣(とうけん)」が持つ、独特の風合いと迫真の美しさ。

古来、刀(かたな)は、武将の魂として大切に扱われ、命ともいわれるものでありました。

また、刀は武器としてだけではなく、魔除けや厄除けの神霊が宿るものとされてきました。

現代では、刀は芸術品として・美術品として愛され親しまれ、家運隆盛や一家安泰の願いを込めて飾られるようになり、代々受け継がれる家宝となっています。

それでは、家宝の刀を飾る、刀掛け(かたなかけ)については、ご満足のいくもをお使いでしょうか?
ご自慢の刀に似合う、素晴らしい刀掛けを、ありきたりなものでは満足できない、とお感じになってはいませんか?

輪島塗は、約600年の歴史を持つ、JAPANとも呼ばれる漆器の最高峰です。
その工程は、23工程・124以上の手数を経て作り出され、堅牢さと優美さを兼ね備えた日本の誇る伝統工芸です。

600年の歴史は、脈々と今日に受け継がれ、数多くの職人達の腕に宿っています。
輪島の技術と知識は、ご自慢の刀のために、ご満足の行く刀掛けをお作り致します。


刀掛け(かたなかけ)梨子地葵紋蒔絵

刀掛け(かたなかけ)梨子地葵紋蒔絵(なしじあおいもんまきえ)京都嵐山美術館蔵品

この素晴らしい太刀は、献上衛府太刀です。

大正天皇御即位御大典記念に、日本皇室より英国王室に献上し、60年ぶりに日本に還ってきた太刀である。(京都嵐山美術館蔵品)

大変に美しく貴重な刀を、出しゃばらず引き立てるように美しい輝きを放つ刀掛けは、刀にとって無くてはならないもの。

ご自慢の刀に似合う、一段と引き立てる刀掛けをお探しではありませんか?

日本古来の「刀剣(とうけん)」が持つ、独特の風合いと迫真の美しさ。

古来、刀(かたな)は、武将の魂として大切に扱われ、命ともいわれるものでありました。

また、刀は武器としてだけではなく、魔除けや厄除けの神霊が宿るものとされてきました。

現代では、刀は芸術品として・美術品として愛され親しまれ、家運隆盛や一家安泰の願いを込めて飾られるようになり、代々受け継がれる家宝となっています。

それでは、家宝の刀を飾る、刀掛け(かたなかけ)については、ご満足のいくもをお使いでしょうか?
ご自慢の刀に似合う、素晴らしい刀掛けを、ありきたりなものでは満足できない、とお感じになってはいませんか?

輪島塗は、約600年の歴史を持つ、JAPANとも呼ばれる漆器の最高峰です。
その工程は、23工程・124以上の手数を経て作り出され、堅牢さと優美さを兼ね備えた日本の誇る伝統工芸です。

600年の歴史は、脈々と今日に受け継がれ、数多くの職人達の腕に宿っています。
輪島の技術と知識は、ご自慢の刀のために、ご満足の行く刀掛けをお作り致します。


梨子地家紋散刀掛け(なしじかもんちらしかたなかけ)

梨子地家紋散刀掛け(なしじかもんちらしかたなかけ)京都嵐山美術館蔵品

日本古来の「刀剣(とうけん)」が持つ、独特の風合いと迫真の美しさ。

古来、刀(かたな)は、武将の魂として大切に扱われ、命ともいわれるものでありました。

また、刀は武器としてだけではなく、魔除けや厄除けの神霊が宿るものとされてきました。

現代では、刀は芸術品として・美術品として愛され親しまれ、家運隆盛や一家安泰の願いを込めて飾られるようになり、代々受け継がれる家宝となっています。

それでは、家宝の刀を飾る、刀掛け(かたなかけ)については、ご満足のいくもをお使いでしょうか?
ご自慢の刀に似合う、素晴らしい刀掛けを、ありきたりなものでは満足できない、とお感じになってはいませんか?

弊社・輪島漆器大雅堂(株)では、貴方の大切な、ご自慢の刀に似合う、そしてご自慢の刀を一段と引き立てる、輪島塗の刀掛けをお作り致しております。

写真は、梨子地家紋散刀掛け(なしじかもんちらしかたなかけ)京都嵐山美術館蔵品です。

刀は、「打刀(うちがたな)」鎌倉末期・相州住五郎入道藤三郎正宗作 徳川家伝来の品です。

五郎入道藤三郎正宗は、鎌倉末期の天才刀工。後に鎌倉幕府の御用刀工となり活躍する。

この美しい刀に見劣りすることなく、存在感を発揮する刀掛けは、梨子地金縁家紋散(なしじきんぶちかもんちらし)。

梨子地とは
粗い金粉を塗面に蒔いて漆を塗り込んで研ぎ、磨き上げる技法です。
金粉が、立ったり寝たりしているので、光の当たり具合によって、きらきらと美しく輝きます。
梨の実の細かい斑点の風合いが、名前の由来です。


葵紋蒔絵刀掛け(あおいもんまきえかたなかけ)

葵紋蒔絵刀掛け(あおいもんまきえかたなかけ)徳川美術館蔵品

日本古来の「刀剣(とうけん)」が持つ、独特の風合いと迫真の美しさ。

古来、刀(かたな)は、武将の魂として大切に扱われ、命ともいわれるものでありました。

また、刀は武器としてだけではなく、魔除けや厄除けの神霊が宿るものとされてきました。

現代では、刀は芸術品として・美術品として愛され親しまれ、家運隆盛や一家安泰の願いを込めて飾られるようになり、代々受け継がれる家宝となっています。

それでは、家宝の刀を飾る、刀掛け(かたなかけ)については、ご満足のいくもをお使いでしょうか?
ご自慢の刀に似合う、素晴らしい刀掛けを、ありきたりなものでは満足できない、とお感じになってはいませんか?

弊社・輪島漆器大雅堂(株)では、貴方の大切な、ご自慢の刀に似合う、そしてご自慢の刀を一段と引き立てる、輪島塗の刀掛けをお作り致しております。

写真は、「葵紋蒔絵刀掛」徳川美術館蔵品です。

御殿の中では刀を常に腰に差しているわけには行かず、座れば腰からはずしてそばに置く。
その際に使われた調度が刀掛け(かたなかけ)である。

太刀の場合も同じで、太刀は電柱で腰に下げることはまずなく、お小姓が捧げ持つ。
あるいは後に置いた刀掛けに掛けておく。

婦人達の部屋へ行ったときにも脇指はそのまま差しているが、刀ははずして刀掛けに置く。
さらに夜寝るときには脇指もはずしてそこに掛ける。

刀とその拵(こしらえ)にふさわしい上等な漆塗りに葵の紋を散らした作がいくつか残されている。(徳川美術館「2表道具の美」より)

漆黒に金が映える刀掛けは、きりりと引き締まった印象の、美しい刀掛けです。

貴方の刀に似合う、素晴らしい刀掛けをお作りしています。

家運隆盛・一家安泰の願いを、家宝の刀に無くてはならない刀掛けに、貴方の思いをちりばめた貴方だけの刀掛けをお作り致します。

輪島塗は、約600年の歴史を持つ、JAPANとも呼ばれる漆器の最高峰です。
その工程は、23工程・124以上の手数を経て作り出され、堅牢さと優美さを兼ね備えた日本の誇る伝統工芸です。

600年の歴史は、脈々と今日に受け継がれ、数多くの職人達の腕に宿っています。
輪島の技術と知識は、ご自慢の刀のために、ご満足の行く刀掛けをお作り致します。

お気軽にご相談下さいませ。

【商品データ】
2本掛け刀掛け 黒呂色 525,000円

蒔絵家紋入りは、家紋の大きさ・紋の種類により価格が異なります。
例:直径3寸の家紋1ヶ53,550円です。

金縁は金縁にする部分の量で価格が異なります。

全て手作りですので、いかようにもできます。お気軽にお問い合わせ下さい。


家康公の刀掛け(かたなかけ)

家康公の刀掛け(かたなかけ)徳川美術館蔵品 日本古来の「刀剣(とうけん)」が持つ、独特の風合いと迫真の美しさ。 古来、刀(かたな)は、武将の魂として大切に扱われ、命ともいわれるものでありました。 また、刀は武器としてだけではなく、魔除けや厄除けの神霊が宿るものとされてきました。 現代では、刀は芸術品として・美術品として愛され親しまれ、家運隆盛や一家安泰の願いを込めて飾られるようになり、代々受け継がれる家宝となっています。 それでは、家宝の刀を飾る、刀掛け(かたなかけ)については、ご満足のいくもをお使いでしょうか?ご自慢の刀に似合う、素晴らしい刀掛けを、ありきたりなものでは満足できない、とお感じになってはいませんか? 弊社・輪島漆器大雅堂(株)では、貴方の大切な、ご自慢の刀に似合う、そしてご自慢の刀を一段と引き立てる、輪島塗の刀掛けをお作り致しております。 写真は、徳川美術館蔵品の「菊桐葵紋散蒔絵陣中道具・刀掛」です。この刀掛けは、徳川家康公の陣中道具の一つで、陣中(いくさの最中)で使われたものでしょうか。 武士といえども、四六時中刀を差している訳ではないので、刀掛けは身の回りの道具として、なくてはならないものでありました。 この刀掛けは、大変に上質な研ぎ出しの黒塗の上に(黒呂色と思われる)葵の紋と菊桐の紋を、高台寺蒔絵(こうだいじまきえ)の手法で散らしてあります。 高台寺蒔絵は桃山時代に発生、流行した技法と言われていますが、室町時代末にはすでに成立していました。平蒔絵(ひらまきえ)、絵梨子地(えなしじ)描き割り(かきわり)をともなうのが特色で、桃山次代の蒔絵を代表する技法です。(徳川美術館「2表道具の美」より) この刀掛けは五本掛けになっています。また、幅が広く出来ておりますので、大変立派な刀を掛けられていたことだろうと想像できます。 刀を休める家康公の、心を豊かにしたであろうこの刀掛けは、さすがに素晴らしいものです。 高台寺蒔絵の「桐(きり)」は、皇室の紋章や神社の神紋として用いられた高貴な紋であったことから、室町・桃山時代に武士の間では憧れのモチーフとなっていました。また、桐の木には鳳凰が棲むといわれる桐紋は、吉祥模様の一つでもあります。 高台寺蒔絵の「菊(きく)」は、桐と同じく皇室の紋章としてもちいられた高貴な紋です。菊は薬草として大陸より渡来。重陽の節句には菊を浸した水を飲むと長生きするといわれるなど、長寿の象徴として吉祥模様の一つになっています。 豊臣秀吉公の刀掛け「菊桐双雨竜紋蒔絵刀掛け」も大変素晴らしいもので、大阪城で公開されているそうです。 貴方の刀に似合う、素晴らしい刀掛けをお作りしています。 家運隆盛・一家安泰の願いを、家宝の刀に無くてはならない刀掛けに、貴方の思いをちりばめた貴方だけの刀掛けをお作り致します。

ちょっと見たことのない刀掛け、珍しい刀掛け、変わった刀掛けだって、貴方の思い通りの刀掛けを、オーダーでおつくりします。世界でひとつの貴方だけの刀掛けに出会ってみませんか?


刀掛け(かたなかけ)

刀掛け(かたなかけ)梨子地家紋入り

刀掛けは、普段の生活には関係有りませんが、以外と需要の多い商品の一つです。家宝の刀が映える、最高の逸品をお作りします。

梨子地(なしじ)とは、蒔絵の一種で、金銀粉を蒔いた後透明度の高い梨子地漆を塗り仕上げる技法です。梨の実の細かい斑紋のようにみえることから、この名があります。

粗めの金銀粉を使いますので、きらきらと輝き、大変美しく豪華に仕上がります。


52 queries. 0.754 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress