オークションで買った輪島塗を修理できますか

お客様からの問合せ

Q:オークションで買った輪島塗の衝立(ついたて)が、大変汚れていて、布で拭いたらしみのように余計に汚くなった。きれいにすることはできますか?

A:はい、できます。

オークションで買っても百貨店で買っても、輪島塗であれば修理は可能です。

(修理のこつは、あまりひどくならないうちに修理する。期間も短く、価格も安く修理できます)

輪島塗衝立の修理も可能です

輪島塗衝立の修理も可能です

使っていたものが不要になり、捨てるのではなくオークションで、新しく使ってくれる方に売却する。リユースですね。

リユースは、輪島塗にとっては、大変良いことです、そして輪島塗にはとても向いています。

修理に来る輪島塗には、古くても状態のいいものもあれば、比較的新しくてもとても劣化が激しいものもあります。(この状態の差は、取扱いの差に有ります。)

それぞれに修理の方法が違います。

輪島塗は、土台(木地や下地)のつくりがしっかりしていますので、たとえ表面が汚く劣化していても、ふたたび表面を美しく再生できたり、たとえ表面が元のままに再生できないほどひどくても、表面の加工をやり直して生まれ変わらせることが出来ます。

表面の加工とは、蒔絵や沈金、そして無地に塗り直し、乾漆や石目・布目などに加工し直す、等を言います。

他の方が使っていたままのリユースではちょっと抵抗がある、という場合でも、表面を美しく磨きなおすなど、輪島の産地で少し手をかければ、また末永く気持ちよくご愛用頂けるようになります。

それぞれの場合に、修理代金は変わりますので、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

◎オークションで輪島塗を買う時の注意

オークションで輪島塗を買う時は、自宅までどのようにして送られるか、が大変重要です。

オークションでは、一般の個人の方が販売されることもあり、梱包がうまくできるのかが大変心配です。特に衝立のような大型の家具の場合は、重さもあり、注意が必要です。

せっかく買われた輪島塗が、運送中に傷や割れ・欠けなど不慮の事柄に見舞われないように、しっかり梱包してもらわないと、とても心配です。

こちらのお客様の場合は、オークションで購入し、ご自宅へ送られてきた包みと同じようにして包んで、運送便で弊社へ送ってこられました。

弊社に届いた時には、梱包があまりに簡単で、そして一部中身が見えてしまっていて、中がはたしてどうなっているのか、怖くて開ける事ができませんでした。

その後、お客様がご来店下さり、立会いの下で包みを開けると、衝立の下面に何かにあたったと思われる打ち込み(割れに近い)が発見され、ショックでした。

これは、表から見えにくい下部分ですので、漆で埋めて部分修理をすることになりました。

また、表面の美しい蒔絵や塗りの部分は、紫外線による漆の劣化が大変ひどかったのですが、再生不能までではなく、蒔絵をそのまま美しく修理することになりました。

 

◎無事に修理が完了し、お送りしました(お預かり期間約3か月)

3か月お預かりして修理が完了し、段ボールと発泡スチロールでしっかり梱包して、お客様にお送りいたしました。

「見違えるようにきれいになり、しばらく眺めていました」と大変お喜び下さり、

「オークションで買って自宅に届いた時には、かなりいたんでいて、どうしようかと思案していた」

「手入れして使い続ける大切さを再確認できました」

「この先も輪島塗が、日本が誇る技として続きますように」と、嬉しいお言葉を頂きました。

 

どうぞ末永くご愛用下さいませ。

また、何十年かしたら、輪島に修理に出してくださいね。

輪島の産地が続く限り、修理は可能でございます。

 

 

 

Follow me!