H28.1.24 輪島は暴風雪警報、東京から帰ると30年ぶりの大雪だった

H28.1.22から、24日まで、社長とともに東京へ出張していました。

東京は快晴、素晴らしい青空のもと、有意義な時間を過ごし

(ついでに、東京の大学へ通う息子の顔もみてw)

1.24の日曜日・輪島へ帰る日、早起きして羽田空港へ向かいました。

青空が広がり、気持ちのいい朝でした。

のと里山空港⇔羽田空港 は、1日2往復の便があり、午前中の羽田発に乗ると

自宅には午前10:30には帰り着きます。

日曜なので、家事を片付け、温泉にでも行って、、、などと

のんきに考えていました。

 

空港の待合では、皆すこしざわざわしていました。

「雪がひどくて、降りられないかもしれない」

「は?」  こんなに晴天の東京で、にわかに信じられませんでした。

 

定刻通りに出発したのと行きの飛行機は、満席でした。

のと空港上空へもうしばらくのところで、機長の挨拶。

「暴風と積雪で、降りられない場合は羽田へ引き返します」

「いやいや、のと里山空港は、雪国。なんとかなるやろ」と、たかをくくって、

機内誌の特集・フィリピンまっこうくじらの記事を読みながら、コーヒー飴をなめていました。

 

しばらく時間がたち、ふと窓の外をみると、青空の下、まっしろな雲海が広がる素晴らしい景色。

「あれ??」

そして、機長から放送が。

「お気づきかと思いますが、当機は羽田へ引き返しております」

「あぁーーーー、、、」

「いったい、輪島はどうなっているんだろ」

とにかく、飛行機をおりて、自宅に電話すると

さらりと、「雪がひどいよ」

あー、雪がふってるのか。風がひどくて降りられなかったんだなー。

とにかく、帰らなくては、明日から仕事だし。

 

改めて、今度は東京駅から、昨年3月に開業した北陸新幹線「かがやき」に、

お蔭様で初乗車。金沢まで、約2時間半。

北陸新幹線かがやきに初乗車!昼食は憧れの深川めし

北陸新幹線かがやきに初乗車!昼食は憧れの深川めし

輪島に帰りつくまでは、まだまだ長い道のり、一度にかききれないので、

この続きはまた。

写真だけ、忘れないようにのせておこう。

のと里山海道は暴風雪だった

のと里山海道は暴風雪だった

輪島は30年ぶりの大雪。輪島漆器大雅堂は雪の中。

輪島は30年ぶりの大雪。輪島漆器大雅堂は雪の中。

愛犬の散歩道は雪の壁だった

愛犬の散歩道は雪の壁だった