輪島塗酒器 ぐい呑 盃いろいろで試し飲み

酒器いろいろ

酒器いろいろ

昨日、輪島塗の酒器で、日本酒の試し飲みをしました。

口の広いものや閉じたもの、深いのものや浅いもの、いろいろの器で同じお酒を呑み比べしてみました。もちろん、いろいろの銘柄のお酒も呑みました!

でも、ここで試してみたかったことは、器の形でお酒の味が変わるということでした。お酒を飲むときに一番はじめにあたる舌の場所によって、感じる味が違うということです。舌は甘い渋い辛いなどを感じる場所がちがうのです!それを知って器の形を考えるとおもしろいですね!

実は、昨日、その現場を画像に残せばよかったのですが、とにかく、忙しくて全く気付きもしませんでした。あ…。もう!終わって、ホッとひと休みしていて、しまった!ということで、本日、この画像となってしまいました。

蒸したてホヤホヤのわじま舳倉島産のアワビ!135グラム10.000円!一切れなんと!400円です!私はお話しばっかりしていて食べそびれてしまいました。トホホです。後から聞くと噛めば噛むほど味がしみだして本当においしかったそうです。聞かなけりゃよかった…。です!

話を戻して、色は何色が美味く感じるのでしょうか。以前は、朱色が好きでしたが、最近は、くろもなかなかと感じています。漆黒と言われるように、まさにそのものですが、真っ暗闇から生れ出るお酒というか、混沌とした宇宙からこぼれ出る感じというか、なんだか不思議な感覚で呑みました。孫悟空の物語で返事をしたら吸い込まれる瓢箪がありますが、お酒の入った閉じた形の器の中を覗いていると、そんな瓢箪を思い出してしまいました。お〜いって言わなくてよかったです。

今回は、蒔絵や沈金の入った酒器は使いませんでした。柄があるとわーキレイで終わってしまう恐れがあったからです。見込に蒔絵や沈金があると…お酒をいれて…お〜〜!絵が浮いてみえる!なんてことになってしまって、味わうどころでなくなってしまうこともあるのです。

何はともあれ、昨日は、大成功!みんな楽しく美味しくいただいたようです。私以外は、、、。


前の記事

輪島塗の古いお椀を使う

次の記事

漆の木が大きくなりました