職人見習い

まだ職人と言えるほどのことができる訳もなく、

今は職人見習いといったところでしょうか。
奥能登の輪島で、日々「漆」と向き合っていろいろ学んでいます。

今回は私、川口の経歴を簡単に紹介させていただきますね。

出身は三重県長島町(現桑名市)。
大学では機械工学を学んで、愛知県春日井市の機械メーカーに就職。
技術部にてエンジニアとして約10年勤務。

国内や海外工場の生産設備の設置や調整メンテナンスといった業務の為、
出張で日本全国飛び回っておりました。

その出張先のひとつ、北陸で出会った漆塗りの美しさに感動!
それに加えて、海外出張で再認識させられた日本の文化や環境の素晴らしさ。

そんな日本の伝統工芸である「漆芸」に関わる仕事をしたいと思い
会社を退職して石川県輪島市に移住。

石川県立輪島漆芸技術研修所 特別研修課程 専修科
を卒業して現在に至ります。

今後も、輪島塗から能登の自然や風土など
いろいろ発信していきますのでよろしくお願いいたします!