あぜのきらめき 千枚田イルミネーションは必見

あぜのきらめき

輪島の白米・千枚田という、日本海に向かう斜面に広がる、美しい棚田の風景です。

また、日本の棚田百選、国指定文化財名勝にも指定されています。

現在も昔ながらの農法で稲作が続けられている、能登の世界農業遺産の代表的な風景でもあります。(2011年6月に、日本で初めて世界農業遺産に認定されました)

その千枚田は、農閑期の間(今年は平成29年3月12日(日)まで毎日)に、棚田のあぜに21000個のソーラーLEDライトを設置し、日没からイルミネーションを楽しめる「あぜのきらめき」というイベントが行われています。

日没が近づき、あたりが暗くなるにしたがって、徐々にライトが点灯していって、暗くなるころにはすべてが点灯し、幻想的な風景が眼下に広がります。

写真をクリックしてください、イルミネーションが輝きます↓

輪島・千枚田あぜのきらめき イルミネーションが美しい

輪島・千枚田あぜのきらめき
イルミネーションが美しい

このイルミネーションを生み出すソーラーLEDライト「ぺっとぼたる」は、すべてボランティアの手により、ひとつひとつ田んぼのあぜに、設置されました。

千枚田は田植えや稲刈りなどの農作業も、沢山のボランティアがお手伝いに来てくれ、絶景の保護に一役かってくれています。

また、田んぼのオーナー制度もあり、中には有名人の田んぼもあって、畦道を歩くとお名前の看板がある田んぼがあり、話の華が咲きます。

千枚田は道の駅になっていますが、日没前後や休日は、駐車場が大変混みあいます。輪島市内からのワンコインバスが運行されていますので、ご利用が便利です。

千枚田は、四季折々に様々な表情を見せてくれますので、どうぞ何度も輪島へ足を運んでくださいw

春。5月には水が挽かれた田んぼで、田植えが始まります。

空も高く、日本海は青く美しく輝き、風はさわやかです。日差しが田んぼの水面に映って、キラキラと、春の輝きです。

夏。段々と稲が成長し、緑の棚田と真っ青な海が絶景です。遠く水平線には入道雲の白。海からの潮風が、千枚田の美味しいお米をはぐくみます。

秋。たわわに実った稲の黄金色の千枚田を堪能してください。風になびいた稲は、風の通り道をみせてくれます。稲刈りには、沢山の人が集いにぎやかです。

冬。積雪で真っ白の千枚田もまた絶景。荒れる日本海は、暗いイメージですが、灰色の海と白い波しぶき、真っ白な棚田は幻想的な雰囲気です。

また、千枚田は夕日が美しく、カメラを持った方が沢山見られますよ。
ほんのいっとき、あたり一面オレンジ色に染まる様は、日常を忘れ、うっとり見とれてしまいます。

輪島にお越しの際には、千枚田をぜひお尋ねくださ~いw

 

千枚田の詳しいことや、交通・観光などの情報が満載、白米千枚田(輪島市公式HP)はこちらです
ライブカメラもありますよ。