【新着情報】

121件中 1-10 を表示     [先頭] [次] [最後]

現在、準備中です!令和最初の輪島塗お買い得セール[2019-06-13 (木)]

輪島は梅雨に入っていますが、本日も晴れて気持ちのいい青空が広がっています。

今年2組目のつばめが、現在巣づくり中です。

クロス張りの壁に巣を作りたいけれど、土が剥がれてうまくいかないツバメを、見るに見かねて弊社社長がつくった台に、4年目にして初めて、巣をつくるツバメが現れました!

社長感激!



土壁には、巣がすでに3つあるのに、それを選ばずに、新築!

クロス壁は、汚れが付きにくいように加工がされているので、ツバメの巣はできないのです。

早く、にぎやかな赤ちゃんツバメの声がききたいものですw


いま、うちの庭には、白い鉄線が満開です。

まだ朝夕は、涼しい日が続いていますので、花が長く楽しめているのですねー。

そこで、今回のセールの準備に当たり、鉄線の飾皿を思い出して、対象商品に加える事にしました。

この季節に購入した、と、思い出に残るお買い物になるといいなーー、と思いましたが、急がないとすぐに夏がくる!と、大慌て(苦)

昨日、写真を撮り終わりましたので、月末までにはご紹介できると思います。

いや、もっと早くがんばります!

今回は、身近に飾って頂きたい輪島塗や、カップ・小鉢など毎日お使い頂きたい輪島塗などを、23点用意しました。

近日公開、ぜひご覧下さいね。

心よりお待ち申し上げております。

輪島塗飾皿・鉄線蒔絵

令和元年5月7日、気持ち新たに営業再開です[2019-05-07 (火)]

長い10連休が終わりました。

平成の時代が終わり、新しい令和の時代となりました。

気持ち新たに、本日より営業再開致します。

令和の御代にも輪島塗をどうぞよろしくお願い申し上げます。



私事で恐縮ですが、日頃の慌ただしさからか、春先の気候の不安定さからか、

少し体調が悪かったのでしょうか、連休に入り、体も気分もすっきりしていきました。



連休の後半の輪島は好天が続き、気温も温かく、とてもすがすがしい青空が広がり、新調した国旗がさわやかな風になびいていました。


さて、久しぶりに出社して、とても気になっていた「つばめたち」を見に行きました。



よかった、ちゃんと居ました!

順調に卵を温めているようで、安心しました。


今日からまた、一緒にがんばろうねw



赤ちゃんが生まれて、にぎやかな日々がやってくるのを、社員一同心待ちにしています。

令和1号のつばめ 10連休明けに撮影

10連休は、休業いたします[2019-04-27 (土)]

10連休は、休業いたします。


新しい御代・令和元年の5月7日より、

また改めて、気をひきしめて、社員一同皆様に末永くお喜び頂ける輪島塗制作に精進致します。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

今年もやってきました!愛らしいツバメたち[2019-04-26 (金)]

行く・逃げる・去る、とも言われる1月2月3月が、文字通りあっという間に過ぎ去り、ついでに、4月も慌ただしくあれよあれよの間におわり、なんと明日からもうゴールデンウィーク。

今年は、改元もあり10連休!

新しい元号は、「令和」

幸せに、穏やかな時代にとの願いが込められた新元号。

素晴らしいです。

近所のホームセンターには、国旗の販売コーナーが特設されていましたので、この機会に新調しようかな、と思っています。

しばらくは春の陽気だった輪島は、今日は朝から肌寒く、風邪をひいてもいけないので、ストーブをつけました。

今年はながいこと美しい花を見せてくれた輪島の桜は、葉桜となり、代わりに八重桜が咲き始めました。

まだかなー、いつかなーー、と心待ちにしていたツバメが、やっと訪れました!

ちゅくちゅくと可愛い声が響く展示場入口は、にぎやかになり、嬉しい日々です。

でも、寒くなってきて、心配しています。

展示場のあるここ山本町は、輪島の市街地より1℃くらい気温が低い山手です。

大丈夫かなー

連休の前半は、天気が良くないらしく、気温も低いとか。

大丈夫かなーー

まだ卵も産んでないのに、赤ちゃんの可愛いぴーぴーが、待ち遠しいですw

新しく開発した商品のページを作っています[2019-03-19 (火)]

今日の輪島は、暖かくなりました。

風が強いのは、春一番かもしれません。

愛犬の散歩では、もうツバメに出会いましたよw

いつの間にか、つくしも伸びていました。


この頃は、日々の業務と共に、弊社・輪島漆器大雅堂株式会社にて新しく開発した商品をご紹介するための、新しいHPを準備しています。

今度開発した輪島塗は、オリジナルの形状で製作した、ちょっとおもしろい輪島塗です。

実は、輪島塗の職人以外の、伝統工芸の職人さんの技と輪島塗を、両方活かしたもので、どちらの業界にとっても面白いものになりましたよw

連休の頃には、仕上がるかなー

仕上がりましたら、改めて発表させて頂きます。

どうぞ楽しみにしていてくださいね。

WEB担当が長らく休み、ご不便をおかけしました[2019-02-20 (水)]

WEB担当が、長らくのお休みを頂戴し、大変ご不便をおかけし、申し訳ございませんでした。

と言っても、輪島漆器大雅堂のWEB担当は、私一人なんですが(笑)

私以外は、社長と職人です。

電話の応対やメールのお返事など、ご不便をおかけし申し訳ございませんでした。


実は、2/6から、昨日まで、私事にてお休みを頂戴し、東京へ通っておりました。

東京では、沢山の人の波にもまれて、田舎暮らしの私は、歩くのにとても疲れました。

輪島では、大人一人に車一台という感じで、どこへ行くにも車です。交通機関が発達していない過疎地ですので。

ほんとうに歩くことが少ないですねー、スーパーの店内くらいかも(笑)


東京の方は、歩くのが早いですね~。

また、電車の駅では、あっちからもこっちからも、沢山の人々が、もれなく早足で行きかうのに、どなたも上手にぶつからない(笑)
素晴らしい技です。

輪島市の人口は、3万人弱。東京のあの通勤時間の満員電車には、そのくらい乗っているのでは(笑)と思ったりしました。

それから、東京は、暖かいw
今年の輪島は暖冬で、気温は高めでしたが、それでも東京の気温は暖かく、晴れた日はすっきりと青空が広がってすがすがしい!

2月に外に布団を干すなんて、輪島では考えられません。

輪島の防寒着(ダウンコート)で出かけた私は、汗をかきました(笑)

そんなこんなの珍道中は無事終了し、帰宅。

輪島の夜8時頃、犬の散歩に行く頃には、近所には人影も見当たらず、しんと静まり返っています。

ほっと一息。

輪島の暮らしはらくちんだなー、とつくづく感じています。


しかし、能登空港が出来て、本当に東京が近くなりました。
時間的にも、気持ち的にも。

輪島は、日本海に突き出るようにしてのびた、能登半島の海に面した街。
輪島から、兼六園のある金沢市に行くには、車で約2時間かかりますから、それに比べると能登空港から羽田までの1時間のフライトは、本当に近くてらくちんです。

能登空港が開港し、はや10年です。

私達能登に暮らすものにとって、なくてはならない空港となりました。どんどん活用して、末永く存続してほしいと願っています。

機会があれば、皆さんも、能登空港を、どうぞ利用してくださいね。



お土産は、空港でみつけた「ありがとう平成まんじゅう」です。

羽田空港で買ったおみやげ

節分、そして春がやってくると、、、[2019-01-29 (火)]

平成31年2月3日は、節分です。

今年は日曜日ですね。

季節を分けるとかく節分には、邪気を払い幸せを願って豆をまきます。

そして、2月4日は立春。

春です。春がやってきます。

例年ですと、1月の後半から2月中旬まで、大寒の前後が一番寒く、雪が降りますが、今年の輪島は、暖かく過ごしやすい冬です。

今の所、節分や立春の日は、穏やかな天気になるそうで、小春日和の暖かい日になりそうです。

春になったら、そろそろ「ひな人形」を飾りましょうw

愛らしいお雛様は、目にも華やかで春らしく、笑顔を誘いますね。

《内裏雛(だいりびな)の右、左》

内裏雛の右、左は、よく話題に上る問題です。お宅ではどうしていらっしゃいますか?
こんなうんちくも、面白いものです。

内裏雛は本来、左側すなわち向かって右が男雛で、左が女雛であったが、明治の終わり頃から次第に逆になって、今日では右側すなわち向かって左が男雛、右が女雛になっている。

日本では古来、左が上位におかれ尊ばれたため、男雛が左に据えられていたのである。

昔、何でも御所を中心にして考えられた。
宮中の紫宸殿は南向きで、北を背にしている。そして「天子南面」という言葉があるように、天皇は南の方を向いている。すると、左手は東・右手は西になる。
それで、宮中の東側を護る近衛兵を「左近衛」西を護る近衛兵を「右近衛」と称し、紫宸殿の前の東側、つまり右手にある桜を「左近桜」西野向かって右の橘を「右近橘」という。
したがって御所では向かって右が東で上、向かって左が西で下位となる。

だから左大臣が上位で右大臣が下位である。こうした習わしから見ても内裏雛は、向かって右に男雛、向かって左に女雛がおかれるべきである。

ところがヨーロッパにおいては、中世ナイトの時代に、ナイトがかよわい婦女子を助けるために婦人を左手で抱え、右手で剣を握って戦ったことから、男子を向かって左、女子を向かって右とする順位が決定づけられたという。

日本ではたまたま、大正天皇・皇后が御大典のとき、東京の宮城においては洋装で立ったため、西洋礼式にならい、天皇が向かって左、皇后が向かって右に立ち、「御真影」もそれにならったため一般もそれにならい、内裏雛の飾り方にも影響した、といわれる。
            「正月はなぜめでたいか暮らしの中の民俗学」岩井宏實著より

輪島塗 立雛 吉祥紋蒔絵

今年もよろしくお願いします(修理依頼増えています)[2019-01-08 (火)]

平成31年 本年も変わらぬご愛顧を賜ります様、宜しくお願い申し上げます。

新年の仕事始めは、修理の問合せのお電話でした。

皆様のお宅では、お正月にお使いになられた屠蘇器や重箱は、大丈夫ですか?

また、お正月に使おうと思って出してみたら、使えない状態だった、ということはありませんか?

割れたり欠けたりという事故ばかりでなく、

例えば、部品が足りない(重箱の一段がない、重箱の蓋がない)

屠蘇器の盃の三枚のうちの一枚が無い、

屠蘇器の銚子の、柄についている金具が無い、とか、

塗面が乾燥してひびが入っていた、

色があせて、美しくない・艶が無い、など、様々な理由で、使わなかった方もおありかと思います。

残念です。

せっかく気が付いたので、修理しませんか?

輪島塗は、修理やメンテナンスをしながら、末永くお使い頂くための漆器です。

親御さんや先代や、ご先祖様が残してくれた輪島塗、よみがえるかもしれません(まれに、痛みがひどく、残念ながら修理不可能の場合があります)

修理のご相談は、どのような修理が希望か、品物の寸法と合わせて、簡単な写真を送って下さい。

大体の御見積を致します。

写真は、こちらの問合せフォームからメールとともに添付して送ってください。

https://www.taigadou.com/contact/

来年のお正月に向けて、一年がかりで修理しましょう。

またずっと、末永く気持ちよくお使い頂くことができますよ。

仕事納めは12/28(金)です。本年もありがとうございました[2018-12-26 (水)]

本年も沢山の皆様方の御愛顧を賜りまして、誠にありがとうございました。

お蔭様で、今年最後の入札企画が無事終わり、本日は出荷の準備をしています。

お正月までにお届けいたしますので、新しくお家の一員となった輪島塗を、愛でて楽しんで、時には自慢してお使いになって下さいw

今年の輪島は、暖かい冬で、大変楽ですが、明日くらいから寒波がやってくるそうです。

輪島の予想最高気温は、2度!

ついに冬将軍がやってきそうです。

皆様ご自愛くださいまして、どうぞ良いお年をw


輪島漆器大雅堂株式会社の新年の営業は1月7日(月)からです。

新年も変わらぬご愛顧を賜ります様、宜しくお願い申し上げます。


ありがとうございます。

2019年は、いのしし年

12/25クリスマスが、入札締切日です[2018-12-23 (日)]

今年最後の入札企画は、クリスマスの12/25が締切日です。

お正月にぜひお使い頂きたい輪島塗に、ご希望の購入金額で入札してください。

今年も押し迫ってまいりました。

慌ただしい中ではありますが、お正月にはぜひ、
ゆっくりと美しい蒔絵や塗を堪能いただきたいものです。

お買い得な、福袋価格!で入札して、お正月に使ってください。

沢山の入札をお待ちしています。

入札商品の4一覧ページはこちらです。

https://taigadou.com/1812-nyusatsu/

2019年の干支は、愛らしいいのしし

121件中 1-10 を表示     [先頭] [次] [最後]