このページに掲載の商品は、31セール対象31万円です。

このページに掲載の商品は、31セール対象31万円です。

輪島塗 立雛 吉祥蒔絵

31セール特別価格 1,080,000円→31万円(税込)

輪島塗 立雛 吉祥蒔絵

輪島塗 立雛 吉祥蒔絵

ふっくらした優しい顔立ちの、蒔絵の着物をまとった優雅な立雛・吉祥蒔絵。

なんとなく、大切な誰かに似ているような愛らしさは、皆を笑顔にすることでしょう。

ふっくらとした優しいお顔

ふっくらとした優しいお顔

立雛には、男雛・女雛それぞれに、願いを込めた日本の吉祥文様を、蒔絵で描いております。

輪島塗立雛 男雛の蒔絵

輪島塗立雛 男雛の蒔絵

男雛の衣装には、雲・宝尽くし・牡丹唐草蒔絵。

男雛の上半身には、よくご覧いただくと、雲が描かれています。
この雲は、「瑞雲(ずいうん)」。

瑞雲は、聖人君子が誕生する際に、空にたなびくという、縁起のいい雲のこと。

黒漆で描いた瑞雲に、金粉をまき、上品で落ち着いた印象の蒔絵に仕上げています。

瑞雲の間にちりばめられたのは、様々な宝物の宝尽くし
宝尽くしは、財運に恵まれるという吉祥模様で、美しい金蒔絵です。

また、袴は、帯を梨子地に、他を金ぼかしにして牡丹唐草を蒔絵しました。

大輪の牡丹の花は、その美しさや香りのよさから、「富貴の象徴」として、古来より好まれてきた吉祥模様です。

唐草は、「連綿と続く」を意味し、「富貴繁栄が連綿と続く」の願いが込められています。

輪島塗立雛 女雛の蒔絵

輪島塗立雛 女雛の蒔絵

※写真の髪を止めている白い和紙は、j保護用ですので、飾る時には外してください。

女雛には、男雛と揃いの「瑞雲」「宝尽くし」に加えて「青海波」

女雛の着物の裾には、「青海波」が、美しく描かれています。

寄せては返す波は、連綿と止むことなく続くことから、唐草とともに「幸せが末永く続く」に通じるを意味する吉祥文様であり、優雅で美しい文様です。

女雛の衣装のポイントは、青貝を切り貼りした「桜」と、金蒔絵の「紅葉」。

通常自然界では、桜ともみじが一度に見られることはありませんが、この図は、文様として通年を表す「春秋蒔絵」といい、華やかで美しい夢の風景を表現しています。

帯には、「長寿」の願いをこめた「菊」の文様を、金蒔絵で描きました。

丸みを帯びた形状は、光の当たり具合で漆の艶がより美しく見えます。

立雛は、お好きな立ち位置で飾って下さい。

立雛は、お好きな立ち位置で飾って下さい。

《内裏雛(だいりびな)の右、左》

内裏雛の右、左は、よく話題に上る問題です。お宅ではどうしていらっしゃいますか?
こんなうんちくも、面白いものです。引用にてご紹介します。

内裏雛は本来、左側すなわち向かって右が男雛で、左が女雛であったが、明治の終わり頃から次第に逆になって、今日では右側すなわち向かって左が男雛、右が女雛になっている。

日本では古来、左が上位におかれ尊ばれたため、男雛が左に据えられていたのである。

昔、何でも御所を中心にして考えられた。
宮中の紫宸殿は南向きで、北を背にしている。そして「天子南面」という言葉があるように、天皇は南の方を向いている。すると、左手は東・右手は西になる。
それで、宮中の東側を護る近衛兵を「左近衛」西を護る近衛兵を「右近衛」と称し、紫宸殿の前の東側、つまり右手にある桜を「左近桜」西野向かって右の橘を「右近橘」という。
したがって御所では向かって右が東で上、向かって左が西で下位となる。

だから左大臣が上位で右大臣が下位である。こうした習わしから見ても内裏雛は、向かって右に男雛、向かって左に女雛がおかれるべきである。

ところがヨーロッパにおいては、中世ナイトの時代に、ナイトがかよわい婦女子を助けるために婦人を左手で抱え、右手で剣を握って戦ったことから、男子を向かって左、女子を向かって右とする順位が決定づけられたという。

日本ではたまたま、大正天皇・皇后が御大典のとき、東京の宮城においては洋装で立ったため、西洋礼式にならい、天皇が向かって左、皇后が向かって右に立ち、「御真影」もそれにならったため一般もそれにならい、内裏雛の飾り方にも影響した、といわれる。
「正月はなぜめでたいか暮らしの中の民俗学」岩井宏實著より

立雛の敷板は、黒と赤の両面をご自由にお使いください。

立雛の敷板は、黒と赤の両面をご自由にお使いください。

立雛に付属の敷板は、黒と赤の2色に塗り分けていますので、黒でも赤でも、お好きなようにお使いください。

立雛をしまった後は、兜や五月人形を飾る時にも、その他香炉や花器を飾る時にも、ご自由に使い回して、存分にお使い下さい。

輪島塗の立雛は、段飾りのような大きさからくる迫力や、こまごまとした小物や人形を沢山飾る楽しみは有りませんが、漆の艶や蒔絵をゆっくり眺めて頂く、贅沢な楽しみがあります。

輪島塗 立雛 吉祥蒔絵

31セール特別価格 1,080,000円→31万円(税込)

寸法:男雛 高さ22.5 幅18cm 女雛 高さ21.5 幅8.5cm

敷板 幅36 奥行22.5 厚み18 cm

ショッピングサイトはこちら

発送まで約1週間です

ご注文を賜りましたら、約1週間で発送させて頂きます。
末永くご愛用頂けますように、誠心誠意ご用意させて頂きます。
お届けまで、しばらくお時間を頂戴いたします。宜しくお願い申し上げます。

31セール一覧ページへ戻る

 

☆31セール該当商品は下の通りです!お見逃しなく!

①立雛 吉祥蒔絵 1,080,000円→31万円(税込)1点限り

②兜 龍虎蒔絵 1,080,000円→31万円(税込)1点限り

③金魚蒔絵の棗と飾台のセット 896,400円→31万円(税込)1組限り

④草花蒔絵のカップと誰ヶ袖膳セット 982,800円→31万円(税込)1組限り

⑤酒器・草花蒔絵 1,080,000円→31万円(税込)1点限り

☆小漆額はどれでも 1点31,000円(税込)

◎優雅な草花蒔絵 4種類各1点限り

◎愛らしい和わらべ蒔絵 4種類各2点限り