これは酒器?輪島塗・遍壷(へんこ)



輪島塗・扁壷(へんこ)は、かたよったつぼ、へんぺいなつぼという意味です。
壷を両側からぎゅっと押さえてぺたんこにした形、です。
こんなの見たことありますか?変わった輪島塗でしょう。
輪島塗を、和室、洋室を問わず飾って欲しい、と思い作りました。
何か変わったもの、とお探しの方のために。

この扁壷(へんこ)は、技法ではなんといっても中を塗ることに苦労しました。木地は木ですから。
苦心の末、中にお酒や水を入れても大丈夫なつくりにできました

模様は、日展特選作家の角 康二(すみやすじ)先生の葡萄にりす沈金です。
りすのふわふわとした柔らかそうな毛、愛くるしい表情、ブドウの実や葉の表情豊かな陰影と立体感。
これは誰にでもできる沈金ではありません。
角 康二(すみやすじ)先生ならではの、細かな描写は、点彫りの技術により彫り出されています。

とても可愛い柄ですが、戦国時代には「武道に利す」といわれ、多くの必勝を期す武将に好まれた吉祥模様でもあります。

葡萄は「たね」が沢山あることから、子孫繁栄の象徴であり、葡萄のつる(唐草)は途切れなく連綿と続くことをあらわす、これまた吉祥模様。

りすは、巣に沢山のえさを貯える習性から、蓄財の象徴とされる吉祥模様です。


作者/角 先生は、点彫りの名人。日展特選作家。石川県立輪島漆芸研修所講師。

すでにさまざまな模様(蒔絵や沈金)の輪島塗・偏壷(へんこ)を製作いたしましたが、実は現在、(もう何ヶ月もかかっていますが)この輪島塗・偏壷(へんこ)の、新作を製作中です
来年には完成する見込みの輪島塗・偏壷(へんこ)の新作は、
誰もがうなるような見事な蒔絵をびっしり描いています
この輪島塗・偏壷(へんこ)の新作は、大雅堂社長のブログで、紹介しています。
仕上がりが、大変楽しみです。

こんな、ちょっと変わった、一工夫した輪島塗を考えて考えて作るのが社長の楽しみです。
社長をう~んとうならせる、無理難題の輪島塗の特注がきたら、社長は、待ってましたとばかりに小鼻をふくらませ喜びます。

漆器はいいですね。環境にも人にも優しい、そしてあたたかい。
漆(うるし)をもっと身近に感じて欲しい。輪島漆器大雅堂(株)の願いです。

【商品データ】
定価 525,000円

素材 天然木 布着本堅地輪島塗