汁椀輪島塗

輪島塗はぞり型汁椀・茜(あかね)塗りは、口が少し外側に反り返っている汁椀です。
はぞりの形は、汁椀の唇にあたる感じが優しい、らっぱのような楽しい形。
茜塗りは、朝焼けの空のイメージを漆で表現した大変味のある塗り方。
職人の手による微妙な表情は、ひとつとして同じものはありません。
汁椀は、頻繁に食卓に登場する、日常生活にかかせない器です。
使う回数が多いということは、手に触れる回数も多く、洗う回数も多いということ。
丈夫で美しいものが欲しくなる、、、。ぜひ輪島塗汁椀をお勧めします。
結婚祝いや進学・就職祝いにも、きっと喜ばれる一生ものの輪島塗汁椀です。


輪島塗
この輪島塗汁椀・茜塗りは、輪島塗の鏡面にも似た輝きはありませんが、漆の素朴な風合いがあたたかい、そんな輪島の器です。
使い込む内に、漆の艶が増していき、どんどん貴方だけの世界で一つの輪島塗汁椀にかわっていきます。

茜(あかね)塗りとは、通常輪島塗といえば、刷毛目(はけめ)のない塗り面が、鏡のように美しく仕上げられている塗り物、です。
しかし、この茜塗りは、輪島塗りの下地の工程で、わざとへら目(輪島塗の下地は、刷毛を使わずへらで塗ります) を残してでこぼこに塗ります。
そして、中塗・上塗り(2回)を施し、黒を研ぎだして仕上げます。
上塗り後に研ぐと、下に塗りこんだ黒のへら目が、ところどころに顔を出し、味のある・どこか懐かしい雰囲気を醸します。
輪島塗汁椀は、使い込むにつれ、漆の特性が生かされ、艶が増してますます鮮やかな茜色になっていきます。
素朴なお椀

汁椀は、みそ汁やお吸い物をいただく椀です。(もちろん、何に使ってもいいのですが)

日本人は、どこに行ってもどこにいても、食事にはみそ汁やお吸い物が欲しくなりますよね。
毎日の食事には、みそ汁が無い日がない、のではないでしょうか?
パンを食べるときも、海外旅行の時も、何となく欲しくなる、無いと寂しいのがみそ汁・お吸い物です。
こんなに日本人に愛されるみそ汁は、懐かしいお袋の味、おふくろの愛だからなのでしょう。

毎日の、無くてはならないおいしいお袋の味を、より一層ひきたてる輪島塗の汁椀は、
毎日の使用に耐え、飽きがこず、修理ができて長年使い続けられる、自然にも人にも優しい器です。

汁椀

この汁椀・はぞり型は、唇にあたる感触が気持ちいい、らっぱのような楽しい形の汁椀です。
食卓に華をそえる美しい器での食事は、いっそうおいしいものになることでしょう。

輪島塗の椀は、保温性が高いので、熱いものは熱いまま、冷たいものはつめたいままでお召し上がり頂けます。
また、断熱性が高いので、みそ汁は熱くても手や唇には熱くありません。
大変、人に優しいお椀です。
輪島塗り

そして輪島塗は、修理・修繕がききますので、長くお使い頂けるエコ商品でもあります。
使い捨ての時代はもう終わったのではないでしょうか?

直して使えるものは、たいへん素晴らしい、伝えてゆく守っていく文化です。
なおして、使い続けられる輪島塗は、今の時代にこその器(うつわ)です。
子供達に「物を大切にする心」を、毎日使う輪島塗を通してつたえたい、と思います。

この汁椀は、1客25,000円の輪島塗の汁椀です。
毎日3回、一年間使って食事を楽しみ、豊かな時間を過ごしたとしたら、1回分はなんと22円!
輪島塗の汁椀は、もちろん1年でダメになることなどありません。
そう考えると輪島塗の汁椀は、大変お買い得です。
お徳な汁椀

ある研究者によると、同じ物を同じように調理しても、良い器で食べれば美味しく感じるのはもちろんのこと、消化吸収ぐんとも良い、とか。
良い器で食べている人の方が、より健康になる!のだそうです。 うれしいですね。

ご注文・お問い合わせはお気軽に、こちらからどうぞ


輪島漆器大雅堂のショッピングサイトはこちらです。