落札価格の発表(平成30年6月20日締切ました)

110,000円 富山県 S・M  様

 

沢山の入札を有難うございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。

飾小箪笥 宝相華沈金

飾小箪笥 宝相華沈金

飾小箪笥の表面は、輪島塗の美しい艶が堪能頂ける、まさに鏡面のような漆黒。

引出の全面には、輪島塗ならではの加飾の技・沈金で彫られた吉祥模様「宝相華(ほうそうげ)」。

沈金(ちんきん)とは

沈金とは、のみで漆の塗面を彫り込み、金銀の箔や粉を埋める技法です。

手で表面を触ってみると、金色の部分が細い溝になって、彫り込まれていることがわかります。

(反対に蒔絵は、筆で漆絵を描き、金を蒔きますので、表面は盛り上がっています。)

この沈金は、漆の塗厚が十分でなければ深彫りできず生かされません。

漆の肌に刃先で彫り込んだ繊細な線画で、自在な加飾ができる沈金は、しっかりした下地にささえられた厚みのある上塗りの、輪島ならではの技法です。

引出は、箪笥に最適の木材・桐を使用しています

引出は、桐製の引出に、輪島塗の前板を張り付けて製作しています。

桐は、軽くて使いやすいだけでなく、吸湿性に優れ、害虫に強く、抗菌性が高い。

そして、タンニンという成分が含まれるので腐りにくく、他の木材に比べて燃えにくい(吸湿性が高いため)という性質があります。

大切なものを入れるのにも、安心です。

飾小箪笥の内側は、輪島塗仕様ではなく、木地を漆で黒く染めただけになっています。

箪笥の引出を出し入れするために、輪島塗にすると厚みが出て狂いやすくなるからです。

宝相華沈金(ほうそうげちんきん)とは

飾小箪笥に彫られている美しい花。

見たことがありそうでないような、、、それはそのはず、

宝相華とは、極楽浄土に咲く美しい花とされる、想像上のまぼろしの花です。

牡丹や石楠花(しゃくなげ)、芙蓉(ふよう)などを中心として、
花の美しい要素を抽出して作り出された宝相華は、
悟りの境地に達した美しい仏の姿を、花に見立てたもの。

現実の世界で、「この花のように心を開かせるように」と、宝相華は微笑みます。

 

飾る場所は自由です

飾小箪笥は、お好きな場所でお使いください。決まりはありません。

和室の座敷でしたら、脇の書院や違い棚において、インテリアとしても十分見ごたえがあります。

きりっとした印象の小箪笥は、洋室にも、リビングにも似合うことでしょう。

輪島塗の家具を使う時に、気を付けることは

直射日光の当たらない場所に置いていただければ、漆の劣化が遅くなり、長く美しくお楽しみいただけます。

少しの気遣いで、末永くご愛用頂けます。

長くご愛用頂くうちに、もしも、表面の漆が劣化した場合は、修理が可能です。

[漆が劣化した]という状態は、白い柔らかい布巾やタオルを水で洗って絞り、箪笥の表面を拭いて下さい。

タオルに茶色く色が着いた場合は、表面の漆が劣化し色落ちしている状態です。

そんな時は、輪島の産地へ修理を依頼してください。

ですから、大丈夫です。安心して、存分にお使いくださいね。

引出には、A5サイズがゆっくり入ります。

日記帳や自分史のための資料など、大切なものを入れる特別な箪笥、にもいいですね。

執筆のための、ペンや眼鏡もいれましょうか。

布製のものも、桐製ですから、安心して収納して頂けます。

手跡(しもん)がついたら!?

余りに美しすぎて、触ると手跡(しもん)がついてしまう!と気にされるお客様もおいでます。

この飾小箪笥は、外側全面を美しく艶をあげ、漆の表面を平滑にしていますので、手跡(しもん)がついても柔らかい布でさっと拭いていただけましたら、きれいにとれます。

はぁーー、っと息を掛けると少し湿って拭きやすいです。

そっと拭いたり、なでたりするのも、楽しみの一つです。

飾小箪笥 宝相華沈金

飾小箪笥 宝相華沈金

飾小箪笥 宝相華沈金 648,000円(税込)

箪笥外寸:幅28cm 高さ27cm 奥行21.7cm

引出(1段)外寸:幅25.2cm 高さ7cm 奥行20cm

引出(1段)内寸:幅23.5cm 高さ5.3cm 奥行17.2cm

落札価格の発表(平成30年6月20日締切ました)

110,000円 富山県 S・M  様

 

沢山の入札を有難うございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

 

これまでの入札企画の落札結果はこちらです