漆の苗木を植樹しました
漆の苗木を植樹しました

平成20年4月吉日、よく晴れた春の日に、輪島漆器大雅堂の社長や営業の有志がそろって
漆の苗木を大雅堂横の空き地に、植樹しました。
漆は、漆の木の樹液です。
漆の木が傷ついたとき、傷を治そうとして出る樹液は、漆の木のかさぶたの役割。
漆の木から漆がとれるようになるまでに、約15年かかります。
大雅堂産の漆が取れるようになるのは、いつ!?楽しみです。

漆の苗木を植樹しました

漆屋さんに頼んでおいた漆の苗木は、岩手県浄法寺町からやってきました。

浄法寺の漆は、日本産漆の最大の産地です。

日本産の漆は、漆をとることが大変な労働であることと、外国産の漆が入ってきたことから、
次第に少なくなり、大変貴重な漆となっています。

漆の苗木を植樹しました

輪島塗は漆の木は勿論、生地も天然木を使用している、樹木とは切っても切れない関係があります。

自然がはぐくんだ天然の素材から作り出される輪島塗は、樹木に支えられています。

輪島では、さまざまな団体が漆の木を植える試みを始めています。

私たち輪島漆器大雅堂も、輪島塗を守り伝える塗師屋として、輪島産の漆をいつか、使ってみたいと思いました。

漆の苗木を植樹しました

今はまだ、細くて頼りない漆の苗木は、15年後には漆が採れるようになるそうです。

漆の木は、紅葉が大変美しいものです。

人によっては、漆の木に近寄るとかぶれてしまうそうですが、いつも漆に囲まれている私たち塗師屋は平気です。慣れっこですから。
でも、職人になりたての頃は、かぶれに悩まされた思い出がある人も多いものです。

漆の苗木を植樹しました

輪島塗のイメージは、黒とか赤でしょうか。

とれたての漆は、なんと乳白色です。

この乳白色の漆は、空気に触れると硬化が始まり、茶色く変わっていきます。

漆の使われ方は工程により様々で、輪島塗のイメージの黒や赤は、最後の上塗りの漆の色です。

黒や赤の漆は、とれたての漆を加工して作られます。

とれたての漆は、不純物を取り除き、熱をくわえて水分をとり、撹拌(かくはん)して粒子を一定にし、
漆器に使われます。

漆の苗木を植樹しました

そうして精製する途中の漆に、鉄分を加えると黒漆になります。

また、精製した半透明の漆に顔料を混ぜると、赤などの色漆になります。

漆は、時間とともに透明度が高くなるという性質を持っています。

色漆が使われている輪島塗は、色が鮮やかになり、黒漆は底艶が深みを増してきます。

漆の苗木を植樹しました

漆の苗木を植樹しました

漆の苗木を植樹しました

いつか、大雅堂産の漆ができたら、何を製作しようか、今から大変楽しみです。

日本産漆の最大の産地・岩手県浄法寺町でも、漆の苗木を作る人が少なくなっているそうです。

岩手県浄法寺町からやってきた漆の苗木は、25本。

大切に育て、輪島塗とともに次代へつなげたいと、心から思います。

漆の苗木を植樹しました

いつか、漆の美しい紅葉が見られるようになったら、皆様ぜひ見に来てください。

心よりお待ち申し上げております。

漆の苗木を植樹しました